平成17年4月25日に起きたJR福知山線脱線事故から5年を前に、経過日数と同じ1762本のキャンドルを灯す追悼イベント「灯(あか)りでつながる夜」が20日、兵庫県伊丹市の三軒寺前広場で開かれた。

 先頭車両で事故に遭遇し、18時間後に救出された近畿大4年、山下亮輔さん(23)=大阪府東大阪市=らが、事故によって結ばれた人々の「つながり」の大切さを表現するため企画。キャンドルでかたどった「2005 4/25」の文字など長さ18メートル、幅4メートルの光の造形に点灯した。

 事故で次女が負傷した三井ハルコさん(54)=兵庫県川西市=は「まだ5年。事故は年々風化が進み、当事者ではない若者たちの取り組みは意義深い」と話した。

【関連記事】
“元凶”元相談役が説明会欠席 遺族に募るJR西への不信感
JR西漏洩 検証チーム初会合で遺族の不信感あらわ 
JR3社長不起訴に憤り、あきらめ…遺族ら反応
マニア暴走!乗客は大激怒 電車止めた“撮り鉄”って?
痴漢の4割は電車内 近畿6府県警が対策会議

「天皇のよろい」発見 長岡宮跡 推古~桓武時代 200年継承(産経新聞)
国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で-野田財務副大臣(時事通信)
医学部新設に反対=「教員確保で地域医療崩壊」-学部長会議(時事通信)
首相動静(2月22日)(時事通信)
<釧路市動物園>オタリア「おんつ」死ぬ(毎日新聞)