平野博文官房長官は12日午後の記者会見で、時事通信の世論調査で内閣支持率が30.9%に続落したことに関し「数字は数字として、真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。低下の原因については「鳩山政権が訴えてきた人への投資、『命を守る』ということに対する実感が、予算執行上表れてきていない。『政治とカネ』についても批判されているのは事実だ」と指摘した。 

【関連ニュース】
内閣支持率、続落30.9%=参院選投票先、民・自並ぶ
民・公、際立つ接近=他の与党は警戒
「いずれ内閣改造ある」=民主・山岡氏
国民、政権交代実感できず=平野官房長官
前原氏「歴史的使命感で判断を」=小沢氏進退、支持率続落で閣僚発言

執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
法勝寺九重塔の基礎を確認=東寺五重塔の2倍以上-京都市(時事通信)
子供の携帯「ネット不要」が43%、保護者調査 MM総研(産経新聞)
<スカイマーク>国交省、特別安全監査始める(毎日新聞)
堀江被告の資産差し押え=テレビなど、元株主申し立て-東京地裁(時事通信)