都は10日、貸金業法に違反したとして、貸金業者3社に登録の取り消し、同2社に業務停止の行政処分を行った。

 都によると、登録取り消し処分とした貸金業者「SBファイナンス」(江戸川区)は、スポーツ紙に融資広告を出し、客が電話をすると「携帯電話を買って送ってくれれば融資する」として送らせたが、融資をしなかった。3月に同様の苦情が都に十数件寄せられ、都が立ち入り調査をしたところ、「即日振り込み300万円」などの誇大広告や帳簿の未設置が判明した。

 都は「6月から改正貸金業法が施行されれば、従業員名簿の提出の義務化などにより、多くの悪質業者に対応できる」としている。

19万台依然不明 パロマ湯沸かし器 回収続く(産経新聞)
【近ごろ都に流行るもの】開運アクセサリー 不安な時代の願かけ(産経新聞)
<薬事法違反容疑>未承認薬販売 社長ら逮捕 愛知県警(毎日新聞)
口蹄疫対策チーム、宮崎に設置=政府(時事通信)
保険金・動機、深まる謎…高槻の死体遺棄(読売新聞)