2017年02月24日

徳島市「カツ玉」

1702241

今までに徳島特有のお好み焼きとして、甘い金時豆の入った「豆玉」と天ぷらが丸ごと入った「天玉」を紹介してきました。供する店はそれほど多くないのですが、他に「カツ玉」なんてものもあるんです。「天玉」を頂いた「きりんどう」のメニューにも載っていました。

1702242

徳島駅の近くにある「ニュー白馬」という、戦後間もなく創業した老舗お好み焼き店で頂いてみようと思います。

1702243

メニューには「豆玉」と「天玉」もあります。「カツ玉」には「常備しました」と書かれているので、前はイレギュラーだったようですね。他に「カツ豆玉」というものもありました。

1702244

このお店は自分で焼くこともできるので、そうすることに。メインの具材はもちろん「フィッシュカツ」です。思ったよりも大きめにカットされているんですね。他に生玉子・キャベツ・天カス・ネギ・紅ショウガが入っております。

1702245

生地の量が少ないので、なかなか一体化しません。なので、じっくりと焼きます。

1702246

油をやや多めに引いたので、周りはサクッとした食感に仕上がりました。お好みソースを塗って、カツオ節粉と青のりを振り掛けたら出来上がり。ソースには程良い甘味としっかりとした酸味があります。

1702247

「フィッシュカツ」がタップリ入っているので、どこを切ってもカツだらけ。当然のことながら、かなりの存在感があります。生地は多分フンワリしてると思うのですが、それなりに歯応えがあるのが面白いですね。肝臓保護のため昼はなるべく呑まないようにしているので頼むことはできませんが、ビールが欲しくなるような旨さがありました。

[参考]徳島名物 フィッシュカツ(2枚入り)


人気ブログランキング




e_aji at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック お好み焼き・鉄板焼き系 | 徳島県

2017年02月23日

徳島市「徳島ラーメン」その4(茶系)

1702231

今回の旅、3日目。この日は1日中シトシトと雨が降っていたので、あまり遠くには行かないことにしました。右下の画像は寺町にある錦竜水と呼ばれる湧水で、上の画像の建物の中にあります。地元の方々が頻繁に汲みに来ていました。

1702232

「徳島ラーメン」は茶系・白系・黄系の3系統全て紹介済みですが、せっかく徳島まで来ているので一杯だけ頂いていこうと思います。前回の茶系は「東大」という人気店だったので、今回は「いのたに 本店」という茶系の元祖ともいわれるお店にしてみました。10時30分からの営業となっております。(広東が元祖という説も)

1702233

券売機で「中華そば 肉入中盛」と生玉子の食券を購入し、カウンター席に着きました。「肉入」というのは「肉の量が多め」という意味です。(注:券売機には肉入中盛ではなく中肉と書かれています)

1702234

具は豚バラ肉・生玉子・メンマ・モヤシ・ネギ。それなりに脂が浮いていますが、そんなにコッテリとした感じはありません。濃いめの醤油豚骨スープは、どこか和歌山ラーメンに通ずるものがありますね。濃いめながらも円やかな旨味もあって美味しく頂けます。甘辛く煮た豚バラ肉はさらに濃いめの味付け。やっぱり「徳島ラーメン」は「おかず」なんだなぁ……と再認識しました。これを生玉子に絡めてご飯の上に載せたりなんかしたら、たまらないでしょうね。

1702235

ザクザクとしたコシのある手打ち麺もイケるものでした。初めて食べたときほどの感動はありませんが、「徳島ラーメン」……好きですねぇ。量は予想通り少なめなだったので、やっぱりライスも頼めば良かった……とちょっと後悔しました。

1702236

再び寺町に行き、春日神社や聖観音堂などを参拝してきました。入口には先ほどの錦竜水を使った阿波名物、「滝の焼餅」を製造販売する本家よねやと和田乃屋本店が並んでいます。

1702237

上の画像が聖観音堂で、かつてはここに大滝山三重塔が建っていました。徳島大空襲で焼失するまでは、徳島市のランドマーク的な存在でもあったそうです。

[参考]ラーメン東大楽天市場店


人気ブログランキング




e_aji at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ラーメン | 徳島県