2016年08月30日

多賀町「近江牛カレー」

1608301

多賀大社から1kmほどのところにある、EXPASA多賀にやってきました。名神高速の多賀SA(下り)のことなのですが、一般道からの利用も可能なんです。

1608302

結構大きな規模のSAで、建物は北館・中央館・南館に分かれています。お目当ての店は……南館ですね。

1608303

7時から営業している「近江 多賀亭」というレストランで、再び近江牛を頂こうと思います。……が、10時まではモーニングと飲み物のみとのこと。なので、10時まで待つことにしました。

1608304

昔はSA・PAというと自販機と汚いトイレと、せいぜい立ち食い蕎麦屋の類があるくらいの粗末なところでしたが、日本道路公団が民営化されてから随分と変わりましたよねぇ。昔だったら考えられない店構えです。

1608305

さて、昨晩は近江牛の焼肉だったので、今回はもっとお手頃な「近江牛カレー」を頼みました。

1608306

確認できた具は牛肉と玉ネギのみで、福神漬けが添えられております。少し辛味のある洋食屋のカレーといった感じです。

1608307

肉はカレーなどの煮込み料理に適したスネ肉が使われております。歯で噛まなくてもホロホロと崩れていくほどの柔らか仕上げ。意外にといっては何ですが、肉の旨味がしっかりと感じられて結構イケるんですね。硬めに炊かれたライスも私好みです。

1608308

近江牛がゴロゴロ入ったカレーに、サラダとコンソメスープが付いて¥980。この内容でこのお値段というのは、なかなかコスパが良いのではないでしょうか。

1608309

ちなみに「近江牛カレー」は、中央館にある「CoCo壱番屋 EXPASA多賀店 」でも頂くことができます。フードコートで¥1,420というお値段は、ちょっと私にはアレですけど……。

[参考]近江牛 カレー・シチュー用角切り 500g 赤身


人気ブログランキング




e_aji at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)洋食 | 滋賀県

2016年08月29日

多賀町「糸切餅」

1608291

今回の旅、4日目。彦根市からお隣りの多賀町に移動し、多賀大社を参拝してきました。

1608292

伊勢神宮の内宮に祀られる天照大御神のご両親ともいえる、伊邪那岐命伊邪那美命をお祀りした神社というだけあって随分と荘厳な佇まいなんですね。

1608293

そんな多賀大社の門前名物といえば「糸切餅」。元祖・本家・総本家といったお店があるのですが、イートインできる「元祖 莚寿堂本舗」に入ってみました。

1608294

2個でたったの¥100というのが嬉しいですね。土日祝日限定ではありますが、約8個分の「メガ糸切餅」や約16個分の「ギガ糸切餅」なんてものもございます。

1608295

相方は春限定と書かれた「よもぎの糸切餅」を頼んだのですが、「まだ出来ていないんですよ〜」とのこと。(GWの話です)

1608296

「糸切餅」という名の通り、糸で餅を切るんですね。蒙古襲来を防いだ際に平和を願って作られたのが始まりで、蒙古の旗印である赤青3本の線を描いた餅を弓の弦で切って神前に供えたのだそうです。

1608297

ひと口かふた口くらいのサイズなんですね。餅米ではなく米粉が使われており、薄く柔らかいながらも少しコシがあってイイ食感です。少し塩気があるのですが、中の甘いこし餡とのバランスも良く美味しく頂くことができました。


人気ブログランキング




e_aji at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)甘いもの | 滋賀県