2016年09月27日

沼津「珈琲屋ぼあの焼そば風スパゲッティ」

1609271

山梨県の南部町を出発し、静岡県に入りました。富士市にある道の駅 富士川楽座で、時間調整を兼ねながらしばらくのんびりとしていきます。東名高速道路上り線の富士川SA(EXPASA富士川)に併設した道の駅で、かつては全国でもトップクラスの利用者数を誇っていたそうです。

1609272

そういうところなので、いくらでも時間が潰せるんですね。土産店やレストランはもちろん、天気が良ければ富士山が眺められる展望ラウンジや、産直品売場・体験館・ギャラリー・プラネタリウムなどもございます。

1609273

さて、静岡県の沼津市と三島市には「珈琲屋ぼあ」という老舗喫茶店があります。昭和50年代頃までは数多くチェーン展開していたそうですが、残念ながら現在は沼津大岡店・沼津東名店・三島松本店のみ。系列店を含めても6軒のみとなっております。

1609274

というワケで、「珈琲屋ぼあ 沼津東名店」に行ってみました。平屋建てのように見えますが、2階もあって店内は意外に広く感じられます。平日の夕方にも拘わらず多くの席が埋まっていたので、結構人気があるようです。

1609275

メニューに「オススメ」「人気No.1」と書かれた、「焼そば風スパゲッティ」(¥800)を頼んでみました。これが今回の旅、最後の食事となります。いくらなんでも3食続けて焼きそばっていうのは……とも思いましたが、「これはスパゲティだから……」と自分に言い聞かせました。

1609276

見た目も味も、ほぼ「ソース焼きそば」なんですけどね。具は豚肉・キャベツ・玉ネギ。上には目玉焼き・カツオ節・刻み海苔が載り、紅ショウガが添えられております。箸・フォーク・スプーンが付いてきましたが、サラッとしたタイプなので個人的には箸の方が食べやすいなと思いました。スルスルとすすることができます。

1609277

味は濃すぎず薄すぎずで丁度イイ具合。炒め油がそれなりに使われているのですが、コッテリ感はそれほど感じません。結構イケます。

1609278

やや細めのパスタが使われており、ちゃんとアルデンテというのは意外ですね。もっと「昭和の喫茶店」風なスパゲティを想像していたのですが、今風の上質な旨さも楽しむことができました。それなりにボリュームもあり、とても満足度です。ただ、テーブルに置いてあったタバスコは……掛けない方が良かった……ですかね。


人気ブログランキング




e_aji at 08:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)その他の麺 | 静岡県

2016年09月26日

南部町「南部やきそば」その3

1609261

南部あじさいまつり(入園料¥300)が開催されている、うつぶな公園でしばらくのんびりとしてきました。90種約3万株ものアジサイは、ボランティアの方々によって維持されているそうです。スバラシイですね。見頃は少し過ぎていて天気もイマイチな感じでしたが、平日の午前中ということもあってか見物客もまだ少なく、気持ちのイイひとときを過ごすことができました。(6月下旬の話です)

1609262

山梨県の南部町という、神奈川県の自宅から比較的近場(?)にありながらナカナカ通ることのない場所に来ているので、もう1度だけ「南部やきそば」を頂いていこうと思います。

1609263

下調べでは南部自動車教習所の売店で供されている……とのことだったのですが、一体どこにあるんでしょう。

1609264

教習所の隣りに売店らしき建物がありましたが、飲食店とはとても思えない佇まいです。

1609265

しばらく様子をうかがっていると、店の裏の方から話し声が聞こえました。屋号の書かれた看板はどこにも見当たりませんが、店の裏側が焼きそば屋になっているんですね。目の前は教習所の練習コースとなっております。といっても、教習所の経営ではなく個人経営だそうです。屋号は有るのか無いのか曖昧で、「昔から教習所売店と呼ばれている」とのこと。

1609266

メニューはこれだけ。久し振りに見た驚きのお値段ですね。「焼うどん」を頼む人はほとんどいないので、麺が無くて出せない時もあるそうです。「焼そば」を注文すると、おばあちゃんが店の入口近くにある小さな鉄板で焼いてくれました。

1609267

電源は入っていませんでしたが、昔懐かしいコンピューターゲームのテーブルで頂きました。具はなんとキャベツのみ。上にダシ粉と青海苔が掛かり、紅ショウガが添えられております。麺は先ほどの「小林やきそば店」と同じく、富士宮市のマルモ食品工業のものを使用。ムチムチッとした強いコシがたまりません。

1609268

味付けは旨味調味料らしきものとウスターソースのみ。薄めの味付けなのですが、卓上に調味料の類いは一切ありません。しかしながら、ラードを多めに使ったコッテリ仕上げのためか、フシギと物足りなさは感じないんですね。コレはコレでなかなかイケます。優しいおばあちゃんといろいろお話しすることもできて、とてもイイ思い出となりました。ちなみに、16人くらいは入れそうなお店なのですが、「1人で細々とやっているのであまり宣伝はしないで」とのことでした。なので、このブログをご覧の皆さんはなるべく行かないようお願い致します。(笑)

[参考]【クール便発送】富士宮のやきそば マルモ食品工業の焼そばのむし麺 1袋


人気ブログランキング




e_aji at 08:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)焼きそば・焼きうどん系 | 山梨県