2017年05月15日

名古屋「名古屋流カレーうどん」その2

1705151

名城公園から東へ1kmほど歩いたところにある、久国寺にやってきました。

1705152

境内には、岡本太郎氏が昭和40年に製作したという釣鐘があります。「歓喜の鐘」という作品で、なんでも鑑定団による評価額はなんと10億円(!)というのですから驚いちゃいますね。

1705153

さて、「名古屋流カレーうどん」の最も有名なお店といえば、やはり「若鯱家」でしょうね。現在、東海3県と関東に約50店舗を展開。「名古屋流カレーうどん」を世に広めたチェーン店といっても過言ではありません。日清からは、チルド麺や冷凍麺が製造販売されております。(前に紹介したカップ麺は販売終了?)

1705154

今回はその「若鯱家」のルーツとなるお店へ行ってみました。「名古屋流カレーうどん」発祥の店でもあります。屋号は「本店鯱乃家」となっていますが、元々はここが「若鯱家(黒川本店)」だったんですね。

1705155

なので、2階には「若鯱家」の文字がまだひっそりと残っていたりします。事情をよく知らない人間がアレコレ言うのも何なので詳しくは書きませんが、いろいろとあってこのようなことになっております。気になる方はコチラを、または「若鯱家 鯱乃屋」で検索してみてください。

1705156

店内にはカレーのイイ香りが漂っていますが、「カレーうどん」以外のメニューも充実しているんですね。ところで……「志の田うどん」「中華ころ」は分かるのですが、「うどんさし」や「さしみたぬき」って何なんでしょう。うどんの刺身???

1705157

片栗粉ではなく小麦粉のドロッとしたトロミのある鳥ガラベースのツユに、太い麺というのが「名古屋流カレーうどん」の特徴といったところでしょうか。豚肉・油揚げ・カマボコ・ネギという定番の具が使われております。カレー感は強すぎず弱すぎず、程良くスパイシー。甘味や酸味などの主張もなく、円やかでとてもバランスのイイ味わいです。

1705158

注文をしてから2分ほどでやってきたので、うどんは間違いなく茹で置きなのですが、これがまた結構イケるんですね。味噌煮込みうどんのようなモソッとした「硬さ」がありながらも、讃岐うどんのようなムチッとした「コシ」も感じられる独特な食感です。もしかしたら好き嫌いが分かれるかもしれませんが、ハマってしまいそうなものがありました。

1705159

このあと3kmほど歩いて、徳川園という池泉廻遊式庭園に行ってみました。和装のカップルがアチコチにいるなぁ……と思ったら、園内に挙式・披露宴会場があるんですね。

1705150

撮影をしていたのですが、皆さんとても幸せそうなステキな笑顔でした。なんだかこっちまで幸せな気分になりますね。

[おまけ]若鯱家のCM


[参考]若鯱家楽天市場店


e_aji at 08:30│Comments(4)TrackBack(0) そば・うどん | 愛知県

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by す〜さん   2017年05月15日 08:48
正直、これにおおはまりで、ちょいとこだわりありますw。
名古屋からちょっと外れると東京と同じような片栗でとろみを出すタイプに変わるんですよね。
東側は尾張旭や瀬戸でもほとんどありません。
西や北や南は、言い切れるほど確認してませんがそんな傾向あります。

あと、この頃PRに一生懸命なのは、カレー煮込みうどんかな?
2. Posted by A-chang   2017年05月15日 14:09
す〜さん様

前にコメントを頂いたとき、
どのお店に行こうか悩みましたが、
やはり元祖であるこのお店に行くことにしました。
名古屋周辺だけとは、意外にエリアは狭いんですね。

カレー煮込みうどんは、
また別物といえますけど美味しいですよね。
3. Posted by す〜さん   2017年05月15日 18:27
A-changさん
すっかり忘れてて見返してみたら、けっこう語っちゃってましたねw。
えらそな語り口で申し訳ありませんでした(笑)

でも、ターゲット定めていろいろ食べ歩くって面白いですね。
みんなが全く気づいていないことを気づいたりして。
こういうのが、たぶんいろいろはまるきっかけかも。

現在の興味分野は、カレーうどん、きしめん、焼きそばの麺ばかりですw。
4. Posted by A-chang   2017年05月15日 19:04
す〜さん様

いえいえ、とても参考になりましたよ。
カレーうどんを分類されているサイトって、
なかなか無いんですよね。
一から調べるのは大変なので助かりました。

確かに周りが気付いていないことに気付くってのは、
ちょっとした快感なんですよね〜。w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔