2017年05月19日

多治見「ころうどん」

1705191

名古屋から快速列車に乗って、岐阜県の多治見までやってきました。

1705192

お目当ては、中京圏ではお馴染みの「ころ」と呼ばれるものです。当然のことながら名古屋でもフツーに食べられるのですが、実は発祥の店がここ多治見にあるんですね。それほど元祖というものに拘りはないのですが、うどんの名店ともいわれるお店なので1度くらいは……と思いやってきたというワケです。

1705193

昭和5年頃、コチラの「信濃屋」の初代が名古屋にて「ころうどん」を考案されました。……が、のちに空襲によって店舗は焼失。戦後間もなく、疎開先だった多治見で営業を再開することとなったのだそうです。元祖の店がここにあるので多治見発祥と思われがちなのですが、発祥の地は名古屋になるんですね。そういう私も実は昔、勘違いをしていました。

1705194

達筆すぎて読めませんが、メニューは「うどん(温かいうどん)」「ころかけ」「支那そば」の3つのみとなっております。1番人気だという「ころかけ」(660円)を注文しました。店のお母さんの話によると、さらに「支那そば」を頼むという地元の方も多いそうです。

1705195

冷たいうどんに冷たいツユが掛かり、ゴマ・おろしショウガ・ネギがトッピング。小さめのドンブリで量も少なめです。なるほど、これならさらに「支那そば」1杯くらいはイケちゃいそうですね。ツユが真っ黒なので塩辛そうに見えますが、見た目ほどの濃さはありません。たまり醤油を使うことにより、このような色になるんですね。ダシの効いた甘めのツユで、関東人なら抵抗なくゴクゴク飲めるかと思います。

1705196

手打ち感のある太めの麺は、口に入れた瞬間フワッとした柔らかさを感じるのですが、噛んでみるとムチッとしたコシがあります。外側が伊勢うどんで中が讃岐うどんのような……いや、ちょっと違うんですけどね。なんとも表現しづらい独特なイイ食感があるんです。約1時間掛けて茹でるそうなので、もしかしたら茹で置きなのかもしれませんが、とてもそうとは思えない感動がありました。

1705197

ちなみに現在の営業日は木・金・土曜のみ。営業時間も短いので、人によってはハードルの高い店となっております。これはお店側が楽をしたくてこうしているワケではなく、「納得のゆくうどんが打てるのは週に3日が限界」ということなのだそうです。スバラシイですね。


e_aji at 08:30│Comments(6)TrackBack(0) そば・うどん | 岐阜県

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハル坊@東京   2017年05月19日 09:04
ころと聞いてホルモンを想像してしまいましたが(笑)、香露と書くんですね。薬味しかのっていないとは潔さを感じます。私はこれから徳島、香川とうどん旅に出ます。実際に食べるのはうどん以外が多いと思いますが・・・
2. Posted by A-chang   2017年05月19日 15:32
ハル坊様

機会があったら1度このお店で召し上がってみてください。
支那そばも旨いらしいですよ。

うどん旅、イイな〜。
3. Posted by はしびろけろ   2017年05月19日 21:04
私も「ころうどん」と見てホルモン入りなのねって
想像していました(笑)

いかにも手打ちらしいうどんですよね。
一時間かけて茹でるうどん。食べてみたいです。

ハル坊さんのうどん旅、いいなぁ(笑)
4. Posted by A-chang   2017年05月19日 23:48
はしびろけろ様

う〜ん、意外な反応でした。w
私は1度もそう思ったことがないもので。

独特な食感のうどんなので、
機会がありましたら是非召し上がってみてください。
5. Posted by す〜さん   2017年05月24日 16:30
たじみそ焼きそばと思ったら、こちらでしたか。
麺のゆで時間が長いということでは、伊勢うどんと一緒かな。
1度に、ころと志那そば食べる派ですが、営業時間がね。
近いとは言え、ハードル高いですw。
6. Posted by A-chang   2017年05月24日 17:14
す〜さん様

たじみそ焼きそばは後日伺ったのですが、
残念ながら食べられませんでした。

信濃屋は平日なのに満席となってました。
そういう意味でもハードル高いですね〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔