2017年08月08日

甲府「ひじきりだし」

1708081

この日の最高気温は37℃という甲府市内に入りました。バイクの皆さん、よく平気な顔をして運転されていますね。いや、もしかしたら全然平気な顔じゃないのかもしれませんけど……。

1708082

甲州街道から少し外れた場所にある、「奈良田本店」という郷土料理店で遅めの昼食を摂りました。

1708083

メニューには、ほうとう煮貝みみ・馬刺し・おざらなどといった、郷土料理がズラリと並んでおります。今回はその中でも知名度の低い、「ひじきりだし」なるものを頂いてみようと思います。山梨県の富士川流域に伝わる郷土料理なのですが、供する飲食店は現在このお店のみとなっているようです。(←違っていたらごめんなさい)

1708084

メニューには、前回チラッと書いた「うらじろ蕎麦(オヤマボクチ蕎麦)」もありました。「ひじきりだし」と同じく、山梨県内で頂ける飲食店はここだけかもしれません。

1708085

「ひじきりだし」は鉄鍋で登場。鉄鍋に入ったアツアツの麺を、左下の温かいツユに浸けて頂きます。鍋から麺を引きずり出すことからこの名があるようですが、甲州弁だと「ひきずる」が「ひじきる」となるんですね。

1708086

「湯だめ」のうどんの上には、大根とニンジンの千切りと三つ葉が載っております。

1708087

甘辛い濃いめの醤油仕立てのツユには、柔らかく煮込まれた豚肉・シイタケ・玉ネギ・長ネギが入っております。田舎料理的な素朴な旨さがあってイイですね。

1708088

麺の幅は1cmほど。かなり薄いので、多分「おざら」と同じ麺ではないでしょうか。初めから柔らかめなのですが、時間と共にお湯を吸って、さらにどんどんと柔らかくなっていくのが面白いですね。外は猛暑でしたが、店内はクーラーがしっかりと効いていたので、それほど汗も掻かずに美味しく頂くことができました。

1708089

このあと25kmほどクルマを走らせ、明野のひまわり畑まで行ってみました。7月中旬だったので、見頃にはまだちょっと早かったんですけどね。ちなみに北杜市明野サンフラワーフェス2017の開催日は、7月22日(土)から8月20日(日)までとなっております。つまり、今が見頃……というワケです。


e_aji at 08:30│Comments(2) そば・うどん | 山梨県

この記事へのコメント

1. Posted by いち   2017年08月09日 01:04
なんというか、ほうとうの手前で止まった感じがしますねw
出汁の感じは武蔵野うどんのようにも見えるし、色々なうどんが混ざっているようにも見えます。
2. Posted by A-chang   2017年08月09日 11:19
いち様

「おざら」はよく「冷たいほうとう」とも称されますが、
コチラの方が、より「おざら」に近いように思えました。
確かにツユは豚肉も入っていて「武蔵野うどん」っぽいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔