2017年08月09日

北杜「もつ皿」

1708091

馬のモツ煮というと、長野県の伊那谷に伝わる郷土料理「おたぐり」が知られていますが、ここ山梨県(主に西部)でもそれほど珍しいものではなく、スーパーなどでも時々見掛けたりすることがあります。飲食店のメニューには、「もつ皿」「もつ煮皿」「もつ煮」「桜もつ煮」などといった名称で載っていたりします。

1708092

……というワケで、北杜市にある「西町食堂」に行ってみました。前に訪れたときは、閉まっていて入ることができなかったお店です。

1708093

その時は「焼きそば」が目当てでしたが、今回は「もつ皿」が目当てなので「もつ定食」を頼むことにしました。「焼きそば」はどんなものなのかSaltyDogさんが解明してくれたので、気になる方はコチラをご覧ください。

1708094

ちなみにこのお店の場合、「もつ皿」は馬ですが「肉皿」は豚なのだそうです。面白いもんですね。そういえば前に紹介した「肉めし」も、「昔は馬肉だったけれど価格高騰のため今は豚肉を使っている」という店があったりするので、もしかしたらそういうことなのかもしれません。

1708095

定食はもつ皿・ご飯・味噌汁・茹でモヤシ・白菜とキュウリの漬物といった内容。全体的におばあちゃんが作ってくれたような優しい味わいです。まぁ……実際におばあちゃんが作ってるんですけどね。

1708096

フンワリとしていて柔らかい部分があったり、少しサクッとした部分があったり楽しい食感。味付けは味噌ベースでしょうか。とてもアッサリとした仕上がりなのですが、馬モツ特有の臭みは不思議とあまり感じられません。馬モツにあまり馴染みのない人だったら、馬とは気付かないかもしれませんね。後半は一味を振り掛け、味の変化を楽しみながら美味しく頂きました。

1708097

この日のお風呂はコチラ。北杜市にある尾白の湯(820円/北杜市民以外)を利用しました。

1708098

「馬もつ煮(さくらもつ煮)」は、館内にある白州庵というお食事処でも頂くことができます。「鳥もつ煮」や長野県の「山賊焼」などもあるんですね。

1708099

この日の宿はコチラ。道の駅はくしゅうの駐車場をお借りしました。

1708090

南アルプスの天然水が飲み放題となっております。

[参考]馬ホルモン味噌煮600g


e_aji at 08:30│Comments(0) 和食 | 山梨県

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔