2017年08月10日

諏訪「ハルピンラーメン」

1708101

今回の旅、3日目。実は車内泊をした道の駅はくしゅうで、「うす焼き」というものを頂く予定だったのですが……残念ながらメニューから外されていました。それともう1軒、長坂駅の近くであるものを頂く予定だったのですが……残念ながらそちらもメニューから外されていました。(←前日、西町食堂に行ったときに確認)……というワケで、朝食はスーパーのお弁当で済ませることとなりました。あ〜あ。(画像は道の駅はくしゅうです)

1708102

道の駅を出発し、ようやく長野県に入りました。今回はクルマで来ているので、諏訪大社四社参り(上社前宮・上社本宮・下社春宮・下社秋宮)をしていこうと思います。特に決まった順序はないそうなので、1番南側に位置する上社前宮から参拝しました。

1708103

次に上社本宮を参拝しました。前宮から北西へ1.5kmほどの場所にあります。周りには土産店や飲食店などが何軒か並んでおり、なかなかの賑わいを見せていました。

1708104

7年(数えで)に1度行われる御柱祭は有名ですよね。山から人力のみで曳行された御柱は、このように四社それぞれに4本づつ、計16本建てられております。

1708105

上社本宮から2kmほどクルマを走らせ、昭和49年創業の人気店「ハルピンラーメン 本店」にやってきました。長野県の松本市から富士見町まで、現在5店舗展開しているラーメン店です。……というワケで、今回はローカルフードではありません。前からどうしても1度食べてみたかったんですね。店内には約10名並んでおり、約15分待つこととなりました。

1708106

ベーシックな「ハルピンラーメン」を頼みました。お客さんの8割方は「ハルピンラーメン」、または「ニンニクラーメン」を召し上がっております。

1708107

青森県十和田産のニンニク等を特製醤油に漬け込み、4年以上掛けて熟成させた「寝かせダレ」なるものがどちらにも使われていますが、ニンニクの臭いはほとんど残らないそうです。しかし、丼の底に沈むほどの重いタレなんですね。こんなタレは多分……初めてではないかと思います。

1708108

まずは冷たい水と温かいジャスミン茶が登場。「ジャスミン茶はラーメンを召し上がった後の口中をさっぱりさせてくれます。」と店内に書かれているのですが、何故か最初に出されるんですね。(笑)

1708109

具はチャーシュー・海苔・メンマ・モヤシ・ネギ。ピリ辛で甘味のあるスープは醤油ベースではありますが、味噌や動物系・魚介系のダシも使っているそうで、一言で何味とは言えない独特で複雑な味わいなんですね。また、「台湾ラーメン」「ベトコンラーメン」のようなニンニクがストレートにガツンと効いたものとは異なり、何といいますかちょっと薬膳を思わせるような深味のある味わいでもあります。多くの方が「表現しづらい味」としているのも納得ですね。好き嫌いが分かれるかもしれませんが、ハマりそうな旨さがあります。

1708100

麺は結構細めながらもしっかりとしたコシがあって、コチラもプチ感動です。いや〜、来て良かったです。「ハルピンラーメン」よりもさらにニンニクが効いて濃厚だという、「ニンニクラーメン」もいつか頂いてみたいもんですね。ちなみに、店を出るとき(11時50分頃)には行列の長さが倍近くになっていました。


e_aji at 08:30│Comments(2) ラーメン | 長野県

この記事へのコメント

1. Posted by 麻美ちゃん   2017年08月14日 12:35
ハルピン!懐かしいですね〜
やっぱり、ニンニクラーメンが好きです。
薬膳だと思って食べておりました〜
下諏訪支店や、塩尻の支店、松本の支店は
味が違うんですよね〜σ(^_^;)
2. Posted by A-chang   2017年08月16日 09:38
麻美ちゃん様

やはりご存じなんですね。
支店は味もメニューも少し違うみたいですね。
いつかニンニクラーメンも食べてみたいです。
並ぶのはイヤだけど。w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔