2017年09月08日

魚津「ばい飯」他

1709081

日本一美しい円筒分水とも評される、東山円筒分水槽を見学してきました。……誰がそう言ったのかは知りませんけど。

1709082

近くにある魚津歴史民俗博物館も、チラッと見学してきました。画像は江戸時代後期に建てられたという旧沢崎家住宅です。

1709083

魚津駅前まで戻り、「海風亭」というお店に入りました。どういうワケか、駐車場は150mも離れたところにあります。

1709084

魚津で貝といえばバイ貝のことらしいので……

1709085

魚津の漁師飯「ばい飯」を頂きます。「ばい飯」は単品が900円、定食が1,000円、食べ尽くし御膳が1,400円、食べ尽くしと旬のお造り御膳が2,100円。単品というのも寂しいので、定食を頼むことにしました。(全て税別価格です)

1709086

ばい飯・肝味噌・ミニサラダ・小鉢・味噌汁・佃煮コンブ・漬物といった内容です。ばい飯はお茶碗に軽くよそって3杯分といったところでしょうか。

1709087

コチラは「太きゅうりのあんかけ」という夏の郷土料理だそうです。火が通っているためか、普段口にしているキュウリ感はなく、上品な瓜のあんかけといった感じです。

1709088

「ばい飯」の具はバイ貝・油揚げ・シメジ・シイタケ・エノキ・ニンジンで、三つ葉がトッピング。説明書き通り小振りのバイ貝が使われていますが、その分ゴロゴロと入っております。

1709089

店のお姉さんに言われたとおり、上に肝味噌(肝+味噌+バター+ネギ+ショウガ)をチョコンと載せてみました。バイ貝はコリコリムニュムニュザクザクとイイ食感。もっと貝パンチがガツンと効いたものかと思っていたのですが、ほんのりとした磯の香りを楽しむ感じなんですね。どちらかというと優しい味わいですが、おじさん的には充分美味しく頂けました。

1709080

しかし後から考えてみると、食べ尽くし御膳の方がCPは良かったかもしれませんね。バイ貝の刺身とか、肝の味噌漬けとか、お吸いものとか食べてみたかったなぁ……と、ちょっと後悔しました。


e_aji at 08:30│Comments(0) 和食 | 富山県

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔