2018年04月13日

京都市東山区「白味噌雑煮」

1804131

市営地下鉄で二条城前から東山に移動しました。

1804132

駅から250mほどのところにある、「大阪屋こうじ店 三条神宮道店」というお店に入りました。「大阪屋」という屋号は、寛永元年(1624年)に大阪から京都の舞鶴に移り住んだことに由来するそうです。店内には味噌・醤油・もろみ・塩麹・西京漬け・からし漬けなどが所狭しと並んでいます。

1804133

……が、今回のお目当てはコチラ。店の奥が「糀屋カフェ」という、甘酒(432円)などが頂けるカフェスペースとなっているんですね。

1804134

「京白雑煮」と書かれたお雑煮を頂きます。京都(京都だけじゃないけど)のお雑煮は白味噌仕立てで、焼かずに煮た丸餅を使うのが特徴です。相方は餅2個入りのもの(572円)を、私は餅3個入りの大(680円)を頼みました。

1804135

「京白雑煮」は、香りの良い小茄子のからし漬け付き。画像では分かりづらいですが、お雑煮の上にはカツオ節が少々散らしてあります。また正月だったからかもしれませんが、少し金粉も浮いております。金時にんじん祝だいこん(雑煮だいこん)といった具材を使ったりもするようですが、味噌そのものを味わってもらいたいためなのか、コチラのお雑煮には具は全く入っていないんですね。

1804136

適度に粘りのある平たい丸餅は、直径6〜7cmほどの大きさ。上品な甘味のある白味噌仕立ての汁は、カツオダシが利いていてとても美味しく頂けます。このお店で最も塩分の少ない京白味噌を使っているそうで、カラダにも優しいお雑煮を味わうことができました。

1804137

店を出たあと、すぐ近くにある平安神宮を参拝してきました。

1804138

京都の2人旅も、そろそろ終わりに近づいてきましたね。まだ少し時間があるので、最後にワインでも飲んでいこうかと思います。

[参考]石野白味噌 懐石


e_aji at 08:00│Comments(0) 汁もの・鍋もの系 | 京都府

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔