2019年09月12日

小諸「馬刺し・イナゴ・信州天ぷら」他

1909121

小諸まで戻ってきました。旧軽井沢との直線距離は約20kmなのですが、標高差は約300mあるんですね。なので、2℃くらいは暑いです。

1909122

宿の駐車場にクルマを停めたあと、小諸城の大手門を見学してきました。慶長17年(1612年)に建てられたといわれており、国の重要文化財となっております。

1909123

そこから歩いて1分ほどのところにある、「山野草」というお店に入りました。地元で人気の居酒屋だそうで、まだちょっと早い時間でしたが、店内は多くのお客さんで賑わっていました。

1909124

「エビスの生」(中580円)で、今日もお疲れさまでした……と。

1909125

まずは「馬刺し」(860円)から。おろしショウガ・おろしニンニク・ネギ・大葉・ニンジンが添えられております。馬肉はサクッとした食感で柔らかく、赤身の旨味はもちろん、脂の甘味が強く感じられて結構イケますね。



お次は「イナゴ」(350円)ですが、虫がダメという人も多いと思うので、一応モザイクを掛けておきました。(但しカーソルを画像の上に置くとモザイクが外れます)山形県内陸部・福島県・群馬県・岐阜県など広域に見られる、かつての貴重な蛋白源です。濃いめに味付けされた甘露煮なので特にクセもなく、虫を食べてる感じはそれ程ありません。エビのようなとサクサク感と香ばしさが少しあって、凝視しなければ抵抗なくいただけます。メニューには他に、「ハチの子」(650円)もありました。

1909128

コチラはこの店オリジナルの「トマトフライ」(480円)です。ソースを渡されましたが、トマトの甘味と酸味だけでも美味しくいただけます。しばらくすると、トマトの水分で衣がフニャッとなるのが面白いですね。しかし……これだけの水分があるのに、どうやって揚げているんでしょうね。

1909129

最後に「信州天ぷら」(500円)なるものを頼みました。野沢菜漬けとリンゴの天ぷらです。塩が付いていますが、野沢菜に塩気があるのでそのままでも充分イケるんですね。少しサクッとした食感が残るリンゴは、揚げたことによって甘味がグッと増しています。これはもうデザートですね。ちなみに野沢菜の天ぷらは、野沢温泉辺りだとそう珍しいものではありません。前に長野市でもいただいたことがあります。野沢温泉と小諸は100kmくらい離れていますが、店のお母さんの話によると「人が集まった時とかに作ることもあるわよ」とのこと。しかし、リンゴの天ぷらは……「作らないわね〜」とのことでした。w

[参考]原田商店 花九曜印 いなご甘露煮


e_aji at 08:00│Comments(4) 居酒屋・酒のアテ系 | 長野県

この記事へのコメント

1. Posted by うどん男@広島   2019年09月12日 14:16
前に伊那に行った時、目についたスーパーにフラッと入ったら、普通に総菜コーナーにイナゴ他の総菜が売られていたので、ああ長野に来たんだなぁと感慨深い思いがしました。

東京駅八重洲北口近くで働いていたことが有りまして、今は無いのですが国際会館というビルの中に色々な県のアンテナショップが入っていて、その中に長野県のショップがありました。イナゴやザザムシの缶詰が当然のように売られていました。

イナゴは広島でも食べていた歴史が有り、何度か佃煮が売られていて買った覚えが有りますが、ここ20年以上見た事はありません。
2. Posted by A-chang   2019年09月12日 22:52
うどん男様

長野にはイナゴ・ザザムシ・蜂の子・さなぎなど、
いろいろとありますよね。
私はイナゴと蜂の子しか食べたことがありませんけど。

イナゴは広島でも売られていたんですね。
昔は全国的にあったのかもしれません。
3. Posted by ハル坊@東京   2019年09月13日 07:20
5 イナゴの佃煮は、後ろ足を取ったものと残したものがありますが、こちらはしっかりと付いてますね。私の好物なので、先月長野に行った際も小さな缶詰を買ってきました。値段は高いですが、ざざむしも小エビ風味でおいしいですよ。
4. Posted by A-chang   2019年09月13日 17:37
ハル坊様

へぇ〜、2タイプあるとは知りませんでした。

そうなんですよね〜。
蜂の子もそうですが、結構なお値段なんですよね。
あと、ブログに載せづらいというのもあるんですよね。w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔