食味研修会をe oriental banquetで開催しました。

第43回 食味研修会を e oriental banquetにて開催していただきました。

今回は 和食の中村茂治料理長(互坐)と フレンチ柴田雅広(e oriental banquet)シェフの和と洋のコラボレーションでした。

おしながき(いつもはmenuです)
eスタイル 八寸:エスカルゴ ブルギニョン・栗の白和え・マスカルボーネ・手作りバルサミコを使った手まり
  寿司・鴨のドフィノワデーヌ・赤座海老とオコゼのメダイヨン・未来コーンのマネリ・ローストビーフの湯葉巻き。
吸い物:松茸の香るフラン 蟹餡かけ  
造り:お刺身三種・・・刺身醤油を泡立てた物をお出ししました。 
お魚:オマール海老のキャベツ包みほんのり香る柚子のエミュルジョン  
お肉:アカシアの蜂蜜で照り焼きした鴨ブラッドオレンジの甘辛ソースフォグラ大根を添えて  
ご飯:秋鮭ときのこ いくらのでセルクル仕立て 
デザート:モンブラン桃のコンポート 焼き茄子アイス添え。
など 提供させて頂きました。
各メーカーさまの WINEを マリアージュさせて頂き 和食洋食に合うWINEを見つけて頂けたと思います。

船橋さまの、お心遣いに感謝と感激を学ばさせて頂きました。 (スタッフのケーキの差し入れして頂きました。)ありがとうございました。

服部事務局さま お疲れさまでした。 貴重(キチョウ)な吉兆(キッチョウ)の調理写真 (^_^;)ありがとうございました。 参考にさせて頂きます。

愛知食品流通研究会

久しぶりの 食品流通研究会でした  講師に星崎電機の坂本会長をお迎えして 経営方針など講演して頂きました さすがです。 絶えず前を向き 世界を見る経営をなさっていました。 印象な御言葉で「景気の悪い時はがんばれる。 景気の良い時はがんばらない」でした。 今 がんばらないとね。

会食は 観光ホテルの 森総料理長がお作りになりました。 
menuは、
 ・小さなフォワグラと さつま芋のドフィーヌ オレンジのコンフュ-ル添え・・・お皿の魔術でした。
 ・オマール海老と新銀杏入りテリーヌ ソースオーロール・・・テリーヌのふくよかな感触はまだ残っていました お味も最高です。
 ・オニオングラタン・・・久しぶりに熱々のオニオングラタンを頂きました。 
 ・太刀魚の衣焼きにラタトゥイユと白舞茸のクリーム添えソースアルベール・・・カリッと揚げた太刀魚と白舞茸のクリームソースはベストマッチでした。
 ・吟醸酒のシャーベット・・・シャーベットはこれで無くてはと 感心しました。 お酒は微量で酔いには心配は無いようでした。 料理長は責任を取らないと 会場爆笑でした。
 ・牛ほほ肉の赤ワインソース煮込み・・・やわらかなお肉です 赤ワイン煮込みはフレンチの王道でした
 ・アーモンド プラリネのパルフェ ココナッツのジェラードとフレッシュフルーツ添え・・・男性ばかりの会でしたが皆さん完食でした。 
  でした。 凄く手間のかかるお料理で 最高に美味しく頂きました。
マリアージュにWINE、焼酎、日本酒(八海山)・WHISKY・などがあり WINEは[多治見の修道院WINEでした。意外に冷やした日本酒の八海山が魚に合います。
隣に 天野鎮雄さんと 楽しく会話できましたが、最後に あなたを他の人と勘違いしていましたで 終わりました (^_^;) 
久しぶりの人たちと 楽しく過ごす事ができました。  ありがとうございました。

ニューヨークスタインウェイ Model-B コンサート

昨日は 知人のピアニストの伊東久美子さんのコンサートに行ってきました。
雨の中でしたが多くの方がいらっしゃいました。
会場は 日進市の山の中にある、素敵な音楽ホールです。「山のホール」です。 周りは樹木に池があり都会の雑多から解放される場所です。

ピアノは ニューヨークスタインウェイModel−B 久美子さんが大好きなピアノだそうです。
演奏は
・ チェロ 土屋 晃次さん
・ ヴァイオリン 日高 みつ子さん
・ ピアノ 伊東 久美子さん
・ ヴィオラ 杉山 光太郎さん
でした 
今回は ショパン・モーツァルト・コダーイ・メンデルスゾーンなど聞き入って (少しウトウトしたかな)
しかし メンデルスゾーンのピアノ三重奏 第二番 ハ短調 作品66は 良かったです。

終わってから 居酒屋 我楽多文庫 本家で 音楽家と打ち上げをしました。  ステージから降りると 親しみやすい方ばかりでした。
それに、大阪・神戸・京都からも友人が駆けつけてくれ 久美子さんも嬉しそうでした。
来年が楽しみです。 感謝
プロフィール

e_field_hasegawa

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ