2015年02月10日

『村田四郎と仲間たち』コンサート紹介文

『村田四郎と仲間たち』もうすぐです!

2015年2月22日(日)午後1時30分開演
しらかわホール

チケットのご予約は
muratasensei222@gmail.com
------------------------------
村田四郎と仲間たち
 このコンサートは、フルート奏者・村田四郎の愛知県立芸術大学退職記念コンサートであり、その名の通り、村田とその仲間たちによるものである。
 コンサートの前半プログラムは、村田によるフルート演奏である。廣瀬量平によるアルトフルートと持続音のための《パーラミター》について村田は「一番自分の思いが表現できる作品」と言う。そして持続音をどのように実現するのかは当日明かされる。成本理香による委嘱作品は、2本のアルトフルートのための作品である。村田は、愛知県立芸術大学に専任の教員として赴任する8年前から同大学の非常勤講師として作曲専攻生のための楽器研究の授業を受け持ち、それ以来作曲の学生を育てることにも力を注いできた。成本は、非常勤講師時代の最後の教え子であり、また、村田が高く評価している作曲家の一人でもある。プログラム前半最後の曲は、村田と現役の愛知県芸大生によるアンサンブルである。たとえ相手が学生でも、一切の妥協を許さない厳しいリハーサルの様子が目に浮かぶ。プログラム後半は村田の指揮による室内楽演奏。ここで演奏される2曲は村田が以前より指揮したいと思っていた作品だ。演奏には、愛知県立芸術大学の卒業生、同僚、名フィル時代の同僚が集まった。
 このコンサートの企画が持ち上がった時、多数の卒業生(フルートに限らない!)が何らかの形でぜひ参加したいと手を挙げた。現在の同僚もかつての同僚も、表で、裏で動いている。まさに「村田四郎と仲間たち」がここに集まったのである。誰もが村田の退職に思いを馳せ、村田の下に集まる。それは、厳しさと誠実さとを持って真正面から教育を行ってきた結果だ。彼の退職により管打楽器コース開設時の専任教員はいなくなる。村田が愛知県芸大に残してきたものは何だったのか。その答えは、このコンサートで明らかになる。




e_kalavinka at 07:16│Comments(0)TrackBack(0)演奏会案内 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字