2009年01月

2009年01月29日

2009年1月21日付け中日新聞

1月20日(火)名古屋市女性会館にて「東海主婦のコーラス連盟・中日新聞」主催の音楽教室に出演しました。
以下は、翌日の中日新聞記事です。


21中日新聞



「演奏の技法でも聴かせる六重奏 コーラス連演奏会」
「東海主婦のコーラス連盟」による音楽教室(中日新聞など主催)が20日、名古屋市中区大井町の市女性会館ホールで開かれた=写真。県立芸術大の卒業生でつくる楽団「アンサンブル・カラヴィンカ」が、木管五重奏やピアノを加えた六重奏を披露した。
同連盟は愛知、岐阜県のコーラス団体37団体で構成し、定期的に音楽教室や演奏会を開いている。
今回は、カラヴィンカがハイドンとプーランクの交響曲を演奏し、同連盟の会員ら約260人が聞き入った。舌を震わせてフルートを吹く技法なども紹介され、来場者は美しい音色とともに、演奏法にも注目していた。
(以上)


プログラム
♪J.ハイドン:ディヴェルティメント (木管五重奏)
♪F.プーランク:六重奏曲 (木管五重奏とピアノ)
♪楽器紹介
♪全体合唱:早春賦 (木管五重奏とピアノと会場の皆さま)


出演
丹下聡子(フルート)
宮澤香(オーボエ)
北野美幸(クラリネット)
桑原真知子(ファゴット)
加藤惠三(ホルン)
加藤希央(ピアノ)


e_kalavinka at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演奏会案内