2015年01月

2015年01月17日

成本理香さんの新作初演

リサイタルでは成本理香さんの新作を初演します!
作品は↓↓↓
《987 Plates III》〜フルート(ピッコロ)とピアノのための
1.Motion
2. Aggregation
3.Curved Line
4.Ridge Line
5. Water Drops
6.Circles, Triangles, Squares
全6楽章でピッコロも吹きます♪
昨年1月に成本さんの博士号申請リサイタルがありまして、そこで 演奏されたのはヴァイオリンとピアノのための《987 Plates II》でした。
この作品の題材や作曲の過程を知り、是非ともフルートのために書いて欲しいと思いました。
そして今回初演するのが 《987 Plates III》です。
2011年に初演したアルトフルートソロのための《Six Studies》、昨年夏に日本初演した木管五重奏作品《Catalogue II》、どちらも素敵ですが、 私はこの最新作が一番良いと思います!
成本理香さんの最新作、9日後に初演します!
(注:来月22日にも2本のアルトフルートのための新作初演があります。こちらもどんな作品になるのか楽しみ♪)
皆さんに聴いて頂きたいし、フルート奏者の皆さんには是非とも演奏して頂きたいと思います。
作曲家成本理香にも会えます(*^^*)
ご来場お待ちしております(^-^)/

20150123チラシ表026

e_kalavinka at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)丹下聡子(フルート/アンサンブル・カラヴィンカ代表) 

2015年01月14日

丹下聡子フルートリサイタルまであと9日

このリサイタルは、昨年度提出した博士論文「アルテスのフルート教本再考――導音の奏法に見る19世紀の美意識」の内容を演奏で発表するために計画しました。
その内容をちょこっとお知らせ。

この論文のテーマとして取り上げたH.アルテスは、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全10曲をフルートのために編曲しています。
今回はその中の第5番《春》を演奏いたします。
楽譜は、2013年にフランス国立図書館に行ったときに手に入れたものを使います。
アルテスはどんな音楽を奏でていたのでしょうか?
研究の成果を発表したいと思います。
ご来場、お待ちしております。


電気文化会館のホームページ

20150123チラシ表02620150123チラシ裏027



e_kalavinka at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)丹下聡子(フルート/アンサンブル・カラヴィンカ代表)