【 最初は大丈夫と思ったけれど、履いているうちにつま先がどんどん痛くなるケース 】
お店で色々試したうえで購入。けれど、持ち帰り実際に履いていると、踵が抜けて前が痛くなってしまった。
・・・という様な事。これはズバリ、ご自身の足のサイズと靴のサイズが合っていないのです。
0913_1969_w700
【自分の正確なサイズを知っておく!】
先ずご自身の足のサイズを測っておきましょう。
簡単です。
【自宅でできる足長のはかり方】
30cmの定規の方はじを壁にぴったりつけ垂直に床に置きます。その上に足をのせ、親指(あるいは親指以外のほうが長い場合はそちら)の先端のメモリを読みます。この際、踵は壁にくっつけておくことが肝心です。
自分一人ではしゃがんだりしてかかとの位置が動いてしまいかねません。できればご本人は動かないようにしてご家族の方に見てもらうとよいでしょう。
t_saisun13_w550
そのサイズが足のサイズ(足長)です。
このサイズより大きいものは買わない方が良いですね。もし幅がきつい場合は大きめの靴を買わないで、出来ることなら幅を広げてもらう方がより足に合っている靴と言えます。

まぁ本当は、これだけでは足にあっているとは(オーダー靴を作るものから言わせると)言い難いところなのですが、・・・市販靴においてはこれ以上望めません。

本当は親指の付け根から踵の最後部までの距離があっていること足に合う靴の『第一条件なのですが、市販の靴はその(第一条件の比率のこと)割合が一定の雛形で量産されているもの。既製品なので、もともと、各個人の違いに即してはいないのは仕方のないことです。
幅で合わせたものをつい買ってしまい、履けないと仕舞っているような靴があれば、一度相談に御出でください。調整でなんとか履けるようにできるかもしれませんから。




- - - - - - - - - - -
bnr_resetting_185kb