お客さん紹介 - 靴の自作工房hiro -

2014年3月、墨田区から中央区日本橋に移転しました。 オーダーパンプスのご相談から採寸、試着、完成までの様子を一部ご紹介。

3-完成時

画面右側の“タグクラウド”使ってみてください。
キーワードをクリックすると、テーマをしぼって記事をご覧いただけます。

紹介前のニューモデル、サンダルをいち早く手にされたお客様

深いグリーンのワンピースが素敵なこちらのお客さま、
今日は、ご注文いただいていたカスタムオーダーのサンダルをお受け取りに来てくださいました。

1221_6516_w600
1221_6524_w800
このサンダル、工房代表の斎藤が「これは履き心地いいよ!早く紹介したいね。」と話していたニューモデルなのです。
けれど、試着用サンプルが形になってきたのは昨年11月末頃。
HPで「ニューモデル!」とご紹介するには季節がちょっと・・・寒すぎません?・・・という話になり、この冬の間、工房の1Fフロアにこっそり展示していました。

そういう訳で、工房へ直接おいでいただいた方にしか目に触れる機会がなかった未紹介モデルなのです。
今回初めて、HPよりさきがけてブログでご紹介させていただきました!

これまでに、パンプスもリピートオーダーしてくださっているお客さま。
こっそり展示しているサンダルにもいち早く気づいてくださいました。

サンプルをご試着いただいてすぐに、履き心地やフィット感も「これはいい!」とカスタムメイドでオーダーくださいました。

まだ寒い季節。ご来店時もタイツを履いていらっしゃったのですが、お願いして履いていらっしゃるところをお写真撮らせていただきました。
ありがとうございます!!
1221_6520_w800
1221_6526_w600
ストラップは引っかけるタイプで、脱ぎ履きしやすいです。
バックルを留めている穴の位置をずらすことで、ストラップの緩さ加減を調節することも可能です。

ヒールは太さが選べます。 ※詳しくは「ヒール太さが選べる」をご覧ください。
今回のお客さまは太めのスタックヒールをチョイス。

ライトブラウンのスタックヒールで、アイボリーの清々しさが映え、爽やかな1足に仕上がりました!

かかとを引っかける部分は太めの仕様になっていて、脱げにくく、歩くときも広い範囲をホールドしてくれるから歩きやすさも感じていただけます。
1221_6513_w800
1221_6511_2_w800
1221_6506_w1000
甲のところでクロスしているデザイン、これも、華やかなだけでなくじつは履き心地の機能性を考えてのことなのです。
「どんな履き心地?」と興味を持たれた方はぜひお気軽に、サイズサンプルのご試着にどうぞ!

カスタムメイドモデルですが、調整なしでもOKというお客さまの場合は、在庫のご用意があればその場でお買い上げいただくこともできます!(少量生産品ですので、在庫がない場合はご予約となります。)

*--*--*--*--*--*--*
ご予約・お問い合わせはこちらのご予約・お問い合わせ専用フォームからどうぞ!
bnr_go_form

リクエストいただければ、同時にその他のフルオーダーモデル4cm・6cm・8cmヒールや、ジェニーシリーズ(6cmヒール、フラット)も履き比べができます。
せっかくのご来店の機会、ぜひリクエストしていろいろ履き比べてみてください。
*--*--*--*--*--*--*
保存保存保存保存保存保存

理学療法士と共同検証でのフルオーダーのお客様

こちらはフルオーダーのお客様。今日はご家族と完成品のお受け取りに遠方からお出でくださいました。
【事故の影響】
じつは何年も前の事故で右足をわるくされました。手術も2度もなさっている方です。現在は右足の中指が人差し指と薬指の間の下側にずれたまま硬直し、ほとんど動かない状態。このせいで、足裏側で中指だけが下に出っ張って靴底にあたるのです。
1221_6589_w600
1221_6572_w600
普段は、靴底が平らなままでは出っ張りが当たるたびに痛く、市販の靴底にクッション代わりにいろいろ詰め物をしたりして、中指が無理に押されるのを避けるように工夫していらっしゃいました。

けれどもそれでは安心して歩ける状態ではなく、無意識にも右足をかばいながら歩こうとするため姿勢が不自然になります。腰が痛くなってしまい、近頃では杖を使う機会も増えてしまったのだそうです。

本来は畑仕事もどんどんなさるとてもアクティブな方。だからなおさら、お身内の方がたも、「靴を何とかできないか・・・」と気にしていらっしゃったのです。

その折、自作工房のフルオーダーの存在を知り、ご家族と一緒に遠方から、オーダーの相談に来てくださいました。
1221_6570_w480
【 理学療法士との共同検証 】
理学療法士の三浦氏と共同検証を行いました。検証の結果、靴内でのインソール処置もおこなうことを決め、それを想定した靴製作を行う方針をたてます。 ※詳しくはこちら職人の独り言ブログが開きます。)

【 フルオーダーの木型を作る 】
詳細な採寸をおこない、フルオーダーの靴づくりとなりました。
工房代表の斎藤は木型製作の匠。お客さまの足に合うよう、左右それぞれの足の状態に合わせ、木型を丁寧に製作します。
この『木型』とは、市販の靴を買う時にはお客さまの目に触れることはまずありませんが、靴にとっては人間の背骨のように重要な役割があります。この木型次第で、靴の履き心地がおおきく違ったものになるのです。
1221_b97f43f21221_563111eb

【 お客さま専用試着靴 】
この木型をもとに作る、お客さま専用の試着靴で試着し、履き心地を確認していただきます。
名前は「試着靴」ですが、本番と全く同じだけの手間暇をかけて、プロの職人が一つひとつ丁寧にお作りしています。この完成度が本製作同様にしっかりしていなくては、フィット感や細かい調整の目安を調べることができないからです。

遠方にお住いのお客さまですが、この試着確認を工房でさせていただくためには、ご面倒ですが工房へおこしいただいています。
気になられるところ、当たると感じるところなどの問題を調べるため、専用試着靴は部分的に切り目を入れたり、裁断したりする場合があります。
今回も数か所切り目を入れました。写真はその切り目を入れた状態の試着靴。写真では見えづらいですが履き口の部分も切り取っています。この後、1足目で検証した個所を改善した2回目の試着靴(右足だけ)を製作。最終確認をさせていただき本製作にすすみました。
1221_6573_w480
1221_6574_w480

【 本製作 】
今日が本製作の靴のお渡しの日。
しつこいようですが、ここでも、本製作の靴を最終確認のため履いてみていただきます。
写真の茶色がお客さま専用試着靴。 黒が本製作の靴。
どちらも最後まで気になられるところがないか履いて、歩いて、確かめていただきます。
1221_6586_w800
1221_6591_w800
1221_6594_w480
フルオーダーの靴は市販のものと違い、踵の大きさまでひとり一人にぴったりに作っているため、履きごこちが全然違います
このため、最初は履きなれていなくて気づかなかった事も、履きなれてくると分かったりします。
今回も、少しでも気になられるところは細かく教えていただき、丁寧に最終調整を重ねて仕上げています。

これは、お持ち帰りになられてからも同じことが言えますので、オーダー靴の場合は、ご購入後も気になられるところがあったらいつでもお気軽にご相談下さるようにお願いしています。
そのほうが、より一層詳しく調整が可能だから。こういうやり取りを履く人と製作者側で重ねることが出来るのも、オーダー靴ならではの良いところです。

【フルオーダーならではの特典?】
フルオーダーでは、お客様専用試着靴が切ったりすることなしに、きれいな状態で残った場合に限り、お客さまの希望があれば仕上げをおこなった上で材料費のみでお買い上げいただくことが可能です。

今回は確認が必要だったため、1度切ったあと、もう一足、右足の試着靴を作ってありました。これを仕上げを施しお持ち帰りになられることになりました。写真の茶色の靴がその靴です。
1221_6575_w480
2足あれば、ローテーションして履くことが出来るから靴の痛みも遅くなり長持ちします。
履き心地の合っている靴ほどよく履くものなので、ローテーション出来るとうれしいですね。

最終調整を終え、その履き心地に満面の笑みを見せてくださったお客さま。
「これなら杖なしでも歩けそう!」と本当に嬉しそうです。
この様子に、一緒に来られたご家族の方もニコニコの笑顔に。「よかったねぇ~」と皆さんで喜んでくださいました。

こんなに喜んでくださり、私たちも有難い気持ちでいっぱいです。こちらこそ、ありがとうございます!!
1221_6602_w480
1221_6600_w800
1221_6601_w800

【 靴のかたちが「すっきりしている」ということ 】
一緒に来られた姪御さん、完成した靴やフロア内のサンプルをじーっと眺められた後、「なんか、もっともったりした靴になるかと思ってたんですが、こちらの靴は形がすっきりしてすごく素敵ですね。」と靴の印象について感じたことを話してくださいました。

工房代表の斎藤も普段から、靴が野暮ったいのは履きたくないし、履いてほしくないと思っている一人なのです。

履き心地優先だから、とか年配の方だからといって野暮ったいのでは楽しくない、できるだけ足元がすっきりきれいに見えるような靴、そして履き心地も安心して歩けるフィット感の良いものを履いてもらいたいと思いながら、靴づくりをしています
それを製品を見たままの印象として感じていただけたこと、本当にうれしく感じました。ありがとうございます!!

【 リピートオーダーの愉しみ 】
とても履き心地が気に入ってくださったという事で、お帰りになられる前にもう一足リピートオーダーをしてくださいました。
ご相談の結果、今度はデザインを少しかえ、後ろファスナーの紐靴モデルに。色はネイビーをお選びくださいました。出来上がりが、今から楽しみです!
1221_6611_w480
このように、いったんフルオーダーで履き心地が確認できたお客さま専用の木型をお持ちになられると、リピートオーダーでも安心してご注文いただくことができます。
また、今回のように2足目、3足目からはデザインを変えたアレンジオーダーも可能になり、楽しさが広がります

今回は、最終確認の貴重なお時間に、沢山お写真撮らせていただき、お話もきかせていただきました。
ありがとうございました!
保存保存保存保存保存保存保存

ジェニーのカスタムメイドをお受け取りにきてくださいました

ジェニー6cmヒールのカスタムメイドをご注文のお客様です。
今日はお受け取りに来てくださいました。 履きたいとは思っているけれどパンプスは足に合うものが見つからなくて、普段はスニーカーなどが多いのだそう。また、革靴の履き口がくるぶしに当たり、痛い思いをされたこともあるとのこと。
1116_5923_w800
工房ではできる限り、完成品のお渡し時にも実際に履いて確認のうえお渡しするようにしています。
採寸時の寸法で製作しても、日によってむくみが生じたり、履き心地に違いを感じられる場合もあるからです。
また、履きなれていらっしゃらない場合など、最初の印象と、しばらく履いて慣れてからの感じ方にも違いが出る時があります。
お渡しする日にも最終調整をすることで、より現在のお客さまの状況に合わせた仕上がりをお渡しすることができます。
1116_5927_w800
この日は、完成品のパンプスがゆるく感じられるということで、工房代表の斎藤があらためてサイズの確認を細かくさせていただき、最終調整をおこないました。
履いた感じ、歩いてみての様子なども拝見し、お客さまの気になるところなどお話をお聞きしながらの作業です。
1116_5934_w800
1116_5966_w800
1116_5945_w800
1116_5963_w800
1116_5979_w800
1116_5985_w800
1116_5995_w800
1116_6005_w800
パンプスに慣れていただくには最初は1時間、2時間くらいからがおすすめ。

帰り道なら1時間ちょっとくらいかな、履いて帰りたいです!」と、
早速帰り道に履いて帰られることになりました。

でも、工房を出てすぐに戻って来られました。「気になるところが・・・」

実際に歩きながらでないと、発見できないポイントというものもあります。
こういう時こそ、ぜひこまめにご相談いただけるとありがたいのです。

それが、「他の靴屋さん」とオーダー靴工房が圧倒的に違うところ。

沢山相談していただくことで、より詳しく調整を重ねることができます。

今回も、お客さまがすぐに教えてくださったお陰で、対応させていただくことができました。
ありがとうございます!

最後に、
「この6cmヒールで慣れてきたら、そのうち8cmヒールとかも履いてみたいなと思ってて・・・。」と楽しそうに話してくださいました。

フィッティングの最中を、ブログの取材にご協力いただきお話もお聞かせいただきありがとうございました!!
保存保存保存保存保存保存

ジェニー6cmヒールとリセッティングのお受け取りに

ジェニー6cmヒールのカスタムメイドをご注文くださったお客様です。
それと、お持ちのパンプスのリセッティングもお受けしていました。今日は両方のお受け取りにいらしてくださいました。
早速履いていただき、工房代表の斎藤も一緒にその確認をさせていただきました。
※写真は、仕上がったパンプスを再度履いていただいた様子です。
お写真撮らせていただきありがとうございます。
1109_5680_w800
1109_0000_01
そしてこちらは、お客さまがお持ちのパンプスをリセッティングさせていただいたもの。
こちらもお願いして履いた状態をみせていただきました。
1109_5697_w800
1109_5698_w800
履けないままでは勿体ないから、履けるようになって良かったです、と話してくださいました。

ヒールをウエッジにアレンジオーダーいただきました

こちらはアレンジオーダーいただいたお客さま。
完成品のネイビーのパンプス、お受け取りに来てくださいました。
【最終確認】
早速履いてご確認いただきます。
0727_1733_w800
0727_1731_w800
フロア内で何度か歩き、その動きに合わせての履き心地もチェックしていただきます。
そのうえで、お話をうかがいながら、最終調整と仕上げをさせていただきます。
0727_1710_w800
0727_1699_w800
0727_1764_w800
0727_1765_w800
0727_1773_w800
0727_1753_w1000

【履き口をスクエアに】
履き口もお客さまからのリクエストで柔らかいラインのスクエアになりました。

【ウエッジヒールにした理由】
ヒールをウエッジになさったのには理由がありました。
日ごろから、ウエッジヒールのほうが歩きやすいと感じていらっしゃったから。お持ちの靴の中でもウエッジヒールのものを好んで履かれていらっしゃるのだそうです。

【カラーはダークネイビー】
写真では分かりにくいかもしれませんが、色合いがブラックではなく深みのあるダークネイビーなのです。

天然の革の質感や色合い、光沢感などはやはり実物を見ていただけたらいいなぁと思います。
ダークネイビーのしっとり落ち着いた色合いがとてもきれいな1足に仕上がっています。

0727_1736_w800
0727_1753_w800
0727_1745_w800
0727_1756_w800
0727_1738_w800


*-*-*-*-*-*

【ぜひご連絡ください】
自作工房のフルオーダーやカスタムメイドの靴は、作ってお渡しして終わりではありません。
お渡し後、実際に履いていて気になられるところがあったら「ぜひご連絡ください」と、お客さまにお話ししています。
そうすることで、より詳しくお客さまの履き心地に対処できるからです。
3か月以内の再調整は何回でも無料です。きめ細かく対応しておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

【シューキーパーのすすめ】
パンプスは一日はいて汗や湿気を吸い曲がりぐせがついたままおかれると、その部分から型崩れしやすくなります。

市販の安いものでもかまいませんので、ぜひシューキーパーを入れ、その曲がりぐせなどがつきにくいようにしてあげてください。その形を整えた状態で休ませてあげるのが、ながく履き心地・フィット感をお楽しみいただくコツなんです。



*-*-*-*-*-*
保存保存保存


ギャラリー
  • 【朗報!】中目黒のイベントで29・30日はリセッティング相談が無料!
  • 【朗報!】中目黒のイベントで29・30日はリセッティング相談が無料!
  • 【朗報!】中目黒のイベントで29・30日はリセッティング相談が無料!
  • リピートオーダーでピンヒール!
  • リピートオーダーでピンヒール!
  • リピートオーダーでピンヒール!
  • リピートオーダーでピンヒール!
  • お友達とお二人で、オーダーのご相談においでくださいました
  • お友達とお二人で、オーダーのご相談においでくださいました
  • お友達とお二人で、オーダーのご相談においでくださいました
  • お友達とお二人で、オーダーのご相談においでくださいました
  • お友達とお二人で、オーダーのご相談においでくださいました
  • お友達とお二人で、オーダーのご相談においでくださいました
  • お友達とお二人で、オーダーのご相談においでくださいました
  • お友達とお二人で、オーダーのご相談においでくださいました
靴の自作工房ホームページへ
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18
「職人の独り言」工房代表斎藤のブログ
趣味コースのブログ
facebook Twitter
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
無料アクセス解析
  • ライブドアブログ