お客さん紹介 - 靴の自作工房hiro -

中央区日本橋にあるオーダーパンプス専門工房です。このブログではお客さまのご相談から採寸、試着、完成までの様子などをご紹介しています。

つま先が痛い

画面右側の“タグクラウド”使ってみてください。
キーワードをクリックすると、テーマをしぼって記事をご覧いただけます。

靴のオーダーは初めてというお客さま


靴のオーダーは初めてというお客さまです。
工房のブログ記事も見て、おいでくださったとのこと。
ありがとうございます!
0226_8746_w700
【 いつも困っていることは? 】
既製品の靴でいつも困るのは踵がぬけやすいこと、
それと、つま先の小指側のほうが当たって痛くなる

【 職場で革靴が必要 】
職場では革靴でないとダメなのだそう。しかし、お店で探してもなかなか合うものが見つからない。
「足に合うのを探すのに疲れたな、と思って・・・。」
と、オーダーにトライしてみることに。このブログも読んで
「ブログも詳しく書いてあったので、ここでと思って。」と、話して下さいました。
続きを読む

ちゃんと足に合う、シンプル可愛いパンプスが欲しいと来てくださいました

こちらはパンプスのオーダーは初めてというお客さま。ネットで探して来てくださいました。
普段は22cm~22.5cmの靴を履いていらっしゃる方です。
「ネットで探しても足に良さそうというパンプスって、普通のシンプルに可愛いのってなかなか無いですよね。ここのはカタチが可愛いなと思って、ここにしました。」と、話してくださいました。
0315_7899_w800
市販のパンプスだとどこが気になりますか?との問いに、
「踵が脱げるし、つま先は痛くなるし・・・特につま先は薬指と中指のところがこすれて痛くなることが多いかな・・・。」保存保存続きを読む

本当に足に合うパンプス見つからなくて・・・とオーダーしてくださったお客さんです

完成したフルオーダーの6cmヒールパンプス、お受け取りに来てくださいました。

お話をうかがうと、どうしても足に合うパンプスが見つからなくて、ずっとお困りだったとの事。

「今まで買ったパンプス、どれも痛くなってしまうんで、本当に履くのがなくて!!」

「パンプスを履きたい格好のときにも合わせられるものがないから、本当に困ってたんです。靴がカジュアルになってしまうと服装もそれに合わせざるを得ないんですよね。ちゃんと足に合うパンプスがやっぱり1足は欲しいなと思って、オーダーすることにしました。」

写真の、完成品パンプスはつま先のカタチがほんのりスクエアに。これは、仮履きを作った際に、お客さんからご希望いただいてつま先のカタチを変更したのです。やさしい印象のラウンドトウよりこちらのスクエアトウの方がちょっとだけかっちりした雰囲気に。

早速、最終チェックのため履いてみていただきます。
今日はフットケアトレーナーの佐野さんがチェックさせていただくことに。
0812_4316_w700
0812_4293_w570
何度か歩いてみていただき、かかとがぬげやすくないか、前に足がすべったりしないか、靴の中で指があたるところや痛いところがないか、履き口がきつくないか等、チェックします。

理学療法士でありフットケアトレーナーでもある佐野さんは、靴と足のプロ。
靴だけでなく、歩きの姿勢や体全体の歩行時の左右バランス、歩きぐせなども同時に見ています。

0812_4288_w700
0812_4323_w570
0812_4366_w480
パンプスの履き心地というのはとても繊細。足のおさまる位置が数ミリずれると痛くなったりきつく感じたりします。この履き心地と歩きの状態を何度も確認しながら、仕上げの調整をさせていただくことで、よりフィット感の良い履き心地に仕上げてお渡しすることができます。

なので、工房では、オーダーもレディメイドも、靴をお渡しする際にはできるだけ工房へ来て一緒に最終チェックにご協力いただけるよう、お願いしています。
0812_4367_w480
工房の前の通りに出て、アスファルトでの履き心地も確認してみて頂きました。
0812_4390_w480
0812_4377_w480
これでチェック終了です。
今日はこのままはいて帰りたいということで、ご来店の時に履いてこられたサンダルは箱に入れ、完成したばかりのパンプスを履いてお帰りになられました!ありがとうございます!

初めてのオーダーパンプスを自作工房にご依頼下さったお客さん

こちらのお客さん、今日は完成品の受け取りに来てくださいました。
自作工房の存在は、斎藤先生のインタビュー記事をご覧になって初めてお知りになったとのこと。

市販のパンプスだと、お店で買った直後は「痛くない、大丈夫」と思うんだけれど、履いているとすぐにつま先が痛くなってくるのだそうです。 
最終調整してお渡しする詳しい様子は、三浦さんのブログでご紹介しています。
0123_9797_w480
0123_9777_w4800123_9793_w480
0123_9783_w480
0123_9789_w480


こんな経験ありませんか? その2

良くあることですが新しい靴を購入し、歩いて見ると足の内側(内くるぶし周辺)が擦れ、痛みが生じる事があります。あるいは、どの靴を履いても毎回、歩いているうちにだんだん小指の側があたって痛くなってくる
これは多くの場合、踵の外反(かかとのがいはん:外側に傾いている)が原因です。
--------------------------------------------------------------
オーダーのお客さん、あるいは趣味コースの生徒さんの中にも、この”踵の外反(かかとのがいはん)”状態のケースはぽつぽつ見受けられ、特に珍しいことではありません。が、それをご自身で自覚されている方はまずいらっしゃいません。
工房では、採寸の時に踵の状態をデジカメで撮り、見てもらいながらご説明する場合もあります。すると、「踵の外反」という言葉をそもそもご存じない方がほとんど。みなさん「へー、そうなんですか。知らなかった。」といった反応。
「外反母趾」という言葉はけっこう知られてきましたが、それはかたちが特徴的で、いつも目に触れるつま先側の問題だからかもしれません。
一方、本人の目からは見えにくい、かかと側の問題だからでしょうか、「踵の外反(かかとのがいはん)」という問題は、ほとんど知られていません。けれど、痛くなる理由がわからないまま、靴だけをワンサイズ大きいものに変えてみたり、痛いところに当てものをしてもなかなか解決には繋がりません。工房ではケースに応じてですが、出来るだけご説明するようにしています。問題点がわかると、オーダー靴でなく市販の靴を選ぶときにも、ぐっと見方が変わってきます。
--------------------------------------------------------------
解説するとこうです。
踵が曲がった状態で足を靴に入れると足はまっすぐに入らず
、つま先側が外側に向かった斜めの状態で入ってしまいます。その結果内側が擦れる事になります。また、小指があたり、次第に痛みが生じてきます。
(※HPの足に合わないとは?に説明とイラストが載っています。)
order_existing06これは靴の幅が小さいのではなく、足が外側に偏って入っているから。この踵の曲がりは直立に立って、後ろから誰かに見てもらうと一目瞭然。踵の傾きが認められます。
内側の当たっている部分を広げたり、小指の当たる部分を広げたりしても解決しないどころかより強く当たり始める場合がありますので、根本の原因である踵部(靴内)の修正が必要となります。
こころあたりのある方、是非一度工房に御出でください。足の状態を確認した上で、靴の調整も可能です。


== お知らせ ==
2015年3月より 靴のリセッティングをスタートしました。

オーダー靴以外の市販の靴でも、お手入れや履き心地調整のご相談をお受けしています。
bnr_0301_w480
保存

オーダーのお客さん・・・(スムースレザー/pink)ローヒールパンプス

0719_01_w480
0719_03_w480
0719_04_w480
0719_02_w480
0719_05_w480
0719_06_w480
【お客さんTさんの感想】--------------------------------------
すっごくかわいくしていただいて大満足です!!「かわいい靴は痛い」と、ずっと思っていたのでそれを解消していただけて嬉しいです。
--------------------------------------------------------

Tさん、ご感想ありがとうございます!Tさんは理学療法士の方のご紹介でオーダーに来られた方です。これまでなかなかお店で買った靴が足に合わなくて困っていて、痛くて履かなくなってしまう靴を2~3足買うより、1足オーダーしたほうがいいかも、と思われたのだそうです。市販の靴だと、買ったときには「大丈夫かな」と思っても、歩いているうちに踵やつま先が痛くなってくるとの事。Tさんの足を計測すると、指の長さとポールの位置のバランスが市販の靴の設計に使うバランスと少し違っていました。人の足は100人いれば100通り、みんな幅や長さのサイズだけでなく、骨の長さやバランス、筋肉の付き方も違うものなのです。
前述したTさんの足指とポールの位置のバランスにきちんと合う靴を作るため、今回、製作担当のMさんは使う木型を足長のサイズ23.5cmのものではなく、21.0cmを選択。そして丁寧にTさんの足に合うように木型修正を行ないました。
写真は完成品を受け取りに来ていただいた様子。完成品をお渡しする時には必ず、その場で最終確認として履いてみていただきます。工房内を歩いてもらい、製作担当も足と靴の状態をチェック。同時にお客さんにも気になるところがないかどうかチェックしていただき、OKだったら納品です。Tさん、履き心地気に入って下さったようで、「すぐにオーダーする訳ではないけれど・・・」と、帰り際にヒールのあるタイプもサイズサンプルを試着なさっていました。ヒールの高さで随分印象が変わってきますね。ヒールのあるタイプを履かれると、ローヒールのカジュアルさから一転、ぐっと大人っぽい雰囲気に。
自作工房のハイヒールはヒールが太めな分安定感があり、踵に重心を置いて背筋を伸ばして履いていただけると思います。ご興味のある方は、ぜひ試着だけでもお越しいただければと思います。
---*お客さんへお願い*-------*-------*-------*-------*----
履きやすいと、つ い連日続けて履いてしまいがちですが、靴は天然の革製品。そして、オーダー靴はお客さんの足に合わせてフィットしやすいように、計算された寸法に仕上げて います。特に、パンプスは横へ履き口が広がりやすいデザインの履物です。ぜひ、1日履いたらシューキーパーで形を整えて3~4日は休ませてあげてください。そのほうが、型崩れしにくく、より長くフィット感をお楽しみいただけ ます。
---*-------*-------*-------*-------*-------*-------*----

オーダーのお客さん・・・(スムースレザーブラック)6cmヒールパンプス

0222_00_w480
0222_06_w4800223_05_w480
0222_07_w480
0222_08_w480
    ※Kさん(お母さん)の前回の記事    ※娘さんの記事
【Kさんの感想】--------------------------------------------
ベルト無しのパンプスが足にしっくりなじむ事に感激です!!何度も作りなおしして頂きありがとうございました!
--------------------------------------------------------

Kさん、ご感想ありがとうございます!母娘でオーダーに御出でになったKさんです。    
今日が、完成しお渡しの日です。完成品をその場で履いて確認して頂きます。その様子を製作担当者も一緒に拝見し、気になった箇所を丁寧にチェックしながら仕上げの調整させていただき、受け渡しが完了しました。
Kさんは本来、足長が小さく幅が広めの方です。このため、市販の小さいサイズの靴ではなかなか足幅がちょうど良いものが見つからず、足幅に合わせて選びがちで、結果的に大きめサイズの23cmほどの靴を履かれているとのことでした。パンプスは、紐靴と違い、なるべく足に合った形状、サイズのものでないと型崩れして、フィット感がなくなり脱げやすくなったりするのですが、Kさんの場合も市販の靴では、足と靴の形状がちゃんとフィットしていなくて、踵周りを押し広げて履かれていて、踵が脱げやすくなっていました。Kさんのために自作工房で選択した木型は20.5cm、この木型にロウでKさんの肉付きに合わせて加工を行い、その木型で靴作りをしていきます。だからセミオーダーやパターンオーダーなどとは全く違い、Kさんの足にフィットする形状のパンプスが出来上がるのです。Kさん、履き心地はいかがだったでしょうか。この納品後、まず何日か履いて戴き、痛くなったり踵が脱げ易くなってこないかをKさんご自身で確認していただいて大丈夫だったら、その確認をもって私たち自作工房のオーダー靴は納品完了となります。
(製作担当:前田)
---*-------*-------*-------*-------*-------*-------*----
履きやすいと、つ い連日続けて履いてしまいがちですが、靴は天然の革製品。そして、オーダー靴はお客さんの足に合わせてフィットしやすいように、計算された寸法に仕上げて います。ぜひ、1日履いたらシューキーパーで形を整えて3~4日は休ませてあげてください。そのほうが、型崩れしにくく、長くフィット感をお楽しみいただけ ます。
---*-------*-------*-------*-------*-------*-------*----

お母さんと娘さんのお2人でオーダーの相談に来られました。

1002_05_w480
今回おいでになったKさん母娘、パンプスのご依頼です。
お母様の足長は20.5cm、娘さんの足長は22cmでした。それぞれ6cmヒールと4cmヒールをご希望に。市販では小さいサイズの靴が無く、仕方なく22.5cmの靴を履かれていています。足に合っていないからストラップは必須、さらに、踵は脱げやすいはつま先は痛くなるはで、常に苦労されているのだそうです。
今回は自作工房のHPをご覧になって御出でくださったとの事でした。ありがとうございます。
1002_04_w480
1002_03_w480
1002_02_w480
1002_09_w480
早速お話をおうかがいしながら、採寸。そしてサイズ別の試着靴も履いてみていただきます。
次回は、試着靴が完成したとき。完成までのだいたいの予定は予めお知らせするのですが、準備が出来ると担当の者からあらためてご連絡し、工房へフィッティングにお越しいただくことになります。

Oさんが写真を送ってくださいました。

0916_01_w480
  ※Oさんの前回の記事   次の記事
【Oさんより】-------------------------
履き心地は上々で、坂道や階段も問題ありません。靴擦れも今のところありません。
左の外側の甲のあたりがあたるのが少し気になりますが、特に赤くなったり傷になったりはありません。快適に歩行できています。
------------------------------
Oさん、素敵なお写真、どうもありがとうございます!
以前に型押しレザーで8cmヒールを作られたOさん、完成品は宅急便でご自宅へお送りしました。ここのブログでは仮履きの時しかご紹介しておらず、完成品をお見せできなかったため、「もしよろしければ、履いているお写真送ってください。」と以前にお願いしていたのです。
立ち姿が涼しげでかっこいいですね。靴の雰囲気が分るよう、足もとのアップも撮ってくださっています。

オーダーのお客さん…型押しレザー8cmヒールプレーンパンプス

120622_01_w480_01120622_01_w480_03120622_01_w480_02
                                    ※Oさんの次の記事
写真は、試着靴(レザー:茶色)を履きながらアンケートを書いていただいているところ。
Oさん、今日は試着靴が出来上がったので履きにいらしてくださいました。写真は本番用の革を選んでいるところ。試着靴を履いた感想をアンケートには、
「すごい!職人技でした」
と書いてくださいました。ありがとうございます。オーダーするフィット感を実感して下さったようで、良かった!
この試着靴、いったん持ち帰っていただいて、今日から1週間ほど履き心地を確認してもらいます。
その履き心地にお客さんも慣れていただくとそれで大丈夫であれば、連絡いただいてから本番の靴作りをスタート。
甲あきがひろい8cmヒールはプレーンなデザインだけに足のシルエットががすっきりきれいに見えますね。
Oさん、沢山ある革の中から、本番用にはブラックの型押しレザーをチョイス。かっこよさそう!その出来も今から楽しみです。


ギャラリー
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
靴の自作工房ホームページへ
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18
「職人の独り言」工房代表斎藤のブログ
趣味コースのブログ
facebook Twitter
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
無料アクセス解析
  • ライブドアブログ