お客さん紹介 - 靴の自作工房hiro -

中央区日本橋にあるオーダーパンプス専門工房です。このブログではお客さまのご相談から採寸、試着、完成までの様子などをご紹介しています。

専用試着靴

画面右側の“タグクラウド”使ってみてください。
キーワードをクリックすると、テーマをしぼって記事をご覧いただけます。

8cmヒール ボルドーカラーのエナメルパンプス

フルオーダーのお客さまへ、専用試着靴としておつくりしたもの。
今回はボルドーカラーのエナメルを使用。
0915_5481_w800
試着靴とは言っても、実際に履き心地を確認する大切な靴。
だから、部材も工程も本番とまったく同じだけかけ丁寧に作ります。
続きを読む

お友達とお二人でフィッティング確認と調整においでくださいました

こちらのお客さまはお友達同士おふたりで。
おひとりはフルオーダーの試着靴のフィッティング、そしてもうお一人は以前におつくりしたパンプスの調整に来てくださいました。
【お一人目の方】

早速お一人目の方に、専用試着靴を履いてフロア内を歩いてみていただきます。斎藤も一緒に確認させていただきました。
1223_1952_w700
1223_1969_h600
続きを読む

初めはパンプスのストラップがつけたくて

フルオーダーが完成し、受け取りにおいでくださったお客さまです。
早速、足入れしてご確認いただきました。
1027_1075_W700
1027_1063_W700
フィッティングの合間に、工房に来られたきっかけなど、お話をきかせていただきました。
「最初はパンプスにストラップをつけたくてインターネットで探したんです。」
続きを読む

8cmヒールフルオーダーの仮履きチェックに

フルオーダーの仮縫い(専用試着靴)として製作したパンプスです。
だから、機能も強度も本番同様にプロの職人が1足を丁寧に作っています。
0523_fo8_pre_9663

保存続きを読む

フルオーダーの6cmヒール完成。今日がお渡しの日です。

フルオーダーで6cmヒールパンプスをご注文いただいていたお客さまです。
今日が完成品のお渡しの日。お受け取りに来てくださいました。

1116_6479_w4801116_6519_w480
1116_6500_w4801116_6493_w4801116_6519_w480
今日はフットケアトレーナーの三浦さんがフィッティングの最終確認をさせていただきました。
木型のことや足のこと、お客さまが疑問に思っていることをわかりやすく丁寧にご説明していきます。
フルオーダーで作る靴と市販のパンプスの違いなども、お一人お一人のケースにあわせて解説できる足と靴のプロフェッショナルなのです。
1116_6489_w480
1116_6495_w480
1116_6516_w480
1116_6515_w480
専用試着靴は今回ブラックでおつくりしました。こちらも履けるようにしたいとのご希望。別途料金になりますが、仕上げを行い、お持ち帰りいただくことになりました。

フルオーダーの仮履き確認においでくださいました

こちらのお客さま、今日は専用試着靴ができたので試着確認においでくださいました。
今回は工房の斎藤先生と一緒に、フットケアトレーナーの三浦さんも一緒に拝見します。


早速履いて歩いてみていただきます。かかとのフィット感、履き口のつまり具合など、歩く様子をチェックしながら問題点、改善点を確認していきます。
1002_5624_w700
1002_5618_w480
1002_5621_w480
1002_5651_w480
1002_5635_w480
1002_5625_w480
試着靴の履き具合、歩き具合を丁寧にチェックしていきます。
専用試着靴は、その方の足に合わせて部材の寸法や仕上げサイズを詳細に決めて作っていますので、これで歩いていただくことで、より詳しい情報が得られ、本番のパンプス製作時に反映させることができます。

今回のお客様は、いつも市販のパンプスでは「履き口の甲のあたりがきつく、詰まった感じがします」と話してくださいましたが、こういった履き口のきつさなどもお一人お一人に合わせてつくるからこそ、履いた時すっきりしたシルエットに仕上げることができます。
1002_5675_w480
1002_5693_w480
試着靴のフィッティングがおわり、いよいよ本番の靴製作です。
本番で作る靴の色や素材を選んでいただきました。種類が多いので、まずはカラーサンプル帳をみていくつか候補をあげていただき、そのあと、実際の素材も広げて見ていただきました。
色や素材がかわると、ぐっと雰囲気がかわるのもパンプスの面白いところ。完成が楽しみです。

今回試着用にお作りしたパンプスは、確認時に切ったり分解することがなかったため、きちんと仕上げれば日常に履いていただくことができます。お客様のご希望により、仕上げをしてお持ち帰りいただくことになりました。

フルオーダーのお客さま、試着靴のフィッティング確認に、ご主人と一緒に来てくださいました。

ここでパンプスをオーダーされたというお知り合いの方から工房の話をきき、オーダーしてくださったお客さまです。
今日は試着靴の確認。遠方から、ご主人とおふたりでおいでくださいました。

早速試着靴を履いて、少し歩いてみていただきます。
工房代表の斎藤先生が、お客さまの歩きの様子を丁寧にチェックしていきます。
今日は馬喰快歩堂のフットケアトレーナー、三浦さんと一緒です。
0911_02_5348_w480
0911_02_5327_w480
かかとのフィット具合や、つま先、履き口のあたりがないかなど、歩行中の動きでパンプスがきちんとお客さまの足に合うようになっているか、細かく観察していくのです。
同時にお客さまがどう感じるか、どこが気になるかもおうかがいしていきます。
0911_02_5336_w480
0911_02_5341_w480
0911_02_5443_w480
0911_02_5450_w480
0911_02_5361_w480
パンプスの履き心地は数ミリの変化でも随分変わってきます。
木型をつくっている斎藤先生が実際に履いていらっしゃる状態を細かく見る事で、調整をどこにどの程度加えるのか等、方向性をきめ検証しながら仕上げることができるのです。
0911_02_5306_w480

写真右側はトレース画の上に並んだ今回のお客さま専用木型と試着靴。

0911_02_5384_w480

0911_02_1225_w480
0911_02_5461_w480


1回目の試着靴を持ち帰って履いていらしたお客さんが来られました。

0201_01_w4800201_02_w480
0201_03_w4800201_04_w4800201_05_h3000201_06_h300
こちらのお客さん、以前にほかのお店でブーツをオーダーをした事があるのだそうです。けれど、そこで作ったブーツは「履いていたら痛くなってきて、結局、履かなくなってしまいました。」との事。今回自作工房では、プレーンパンプスをオーダーされています。
前回完成した専用試着靴を持ち帰って頂いていて、履き試してもらったので、今日はその結果どうだったか、試着靴をご返却いただきながら、お話します。今回は斎藤先生が試着靴の確認と調整を担当。どこが、どう合っているのか、痛いのか、詳しくきかせていただきました。そして何度も履いた状態を確認。痛い箇所と、靴と、履いた足の状態をその場でじっくり確認しながらでないと、何が原因で痛いのか、分らないことがほとんどです。お客さんも、靴の調整をしてもらい、斎藤先生に解説してもらうとすごく納得された様子。
「本当に、その場で履いた状態をちゃんと見てもらいながらでないと、これ(痛いところを解決する方法)は分らないんですね。ちゃんと工房に来て見てもらってよかったです。」との事。じつはこちらのお客さん、遠方からいらしているのです。交通費も時間もかかりますし大変だとは思うのですが、それでもこの試着靴の確認のために、お忙しい中スケジュールを調整して来てくださいました。こんなふうに、足にちゃんと合わせて作るためには、お客さんの協力が絶対必要です。
次回は、本番の靴ができたらご連絡となります。お忙しい方の中には「自宅に送ってください。」という方もいらっしゃいますが、今回、その場で足入れした状態を一緒に確認するのがとても大切と感じてくださったこちらのお客さんは、「受け取りにも工房に来ます。」と言ってくださいました。
作る側も、履いた状態を一緒に確認してからお渡ししたいので、本当に来ていただけるとありがたいです。ありがとうございます。

リピートオーダーのお客さん・・・サンダル(お手持ちの靴と同じデザインで)

0707_02_w4800707_04_w480
今日は完成した靴の受け取りに来られました。これまでに2足オーダーをいただいているお客さんです。足幅が広めで市販の靴ではいつも小指が当たり痛い思いをされていたのだそうです。
今回は気に入ったサンダルをお持ちになり、それと似た形で足に合わせて作ってほしいとのご依頼でした。試着用に作った靴もご希望によりお買い上げ(¥6,000-)いただきました。
これからの季節、すぐに活躍しそうですね。(製作担当:前田)

オーダーの相談に来られたお客さん…まずは試し履きと採寸です。

0616_02_w480
0616_01_w480
工房へ初めてオーダーの相談にいらしたお客さんです。ご主人と一緒においでになりました。
ローヒールは市販のものでも何とか履いているけれど、高いヒールの靴はぜんぜん足に合うものが見つからないのだそうです。ヒールのある靴は長時間はいていると痛くなってくるし、履き口が広がって型崩れしやすいそう。
写真は、工房にある試し履きのパンプスを履いてみてもらっているところ。
そして今回は、斎藤先生がお客さんの足の図をボードに書いて、足のどこが、どう市販の靴に合わないのか説明しました。ご主人も一緒に話をきいていらっしゃるところ。右は採寸風景です。
こちらのお客さんは試着靴を履いて履き心地を確認し、説明をきかれた上で、オーダーすることに。
次回は1足目のお客さん専用試着靴(仮履き)が出来たら、履きにきていただく予定です。


ギャラリー
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
  • 初めてのオーダーパンプス、お受け取りに。
靴の自作工房ホームページへ
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18
「職人の独り言」工房代表斎藤のブログ
趣味コースのブログ
facebook Twitter
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
無料アクセス解析
  • ライブドアブログ