靴の自作工房hiro - 職人の独り言

工房のオーナー講師斎藤のひとりごとです。思いつくまま、木型についての考察や日々の発見、感じたことなどを時々更新しています。

開帳足

数日前に足の裏が痛くて歩けない、何故か?と相談にお見えになった、足をみると右足の甲に張りがなく
持ち上げると簡単に反ってしまう、ふくらはぎを手で強く挟みつけて同じ動作をすると動かない、その位置を骨盤の下を抑えて行うとより張りが生じてくる、つまり脚の筋肉の衰えが足に影響を及ぼし、扁平足となって体重が乗ると神経を刺激して痛みを生じる。足裏の位置が本来痛くなる位置より少し外側であった、これは足の外扇、つまり足先が外側に曲がり着地位置が外側になった為、神経が通る道筋を抑えるために生じる痛みであった。
これは治療院に行って治療する事が必要、靴屋の私には手に余る、懇意にしている治療院を紹介した、
(指圧屋 山下氏、指圧屋で検索してください)

踵の方向性

昨日男性が歩くと小指があたり痛くなるので幅を広げて欲しいと工房においでになりました、履いてみてもらうと
小指が痛くなるほどは当たっていないのが見て取れた、歩行をしてもらうと着地時に足が僅かに外側に流れていることが確認できた。
靴を脱いでもらい、靴の底面を見てみるとトウサキがうちに振れている形状にも関わらずヒールの向きはまっすぐに向けられている、靴は内ぶりなのに踵はまっすぐ、これでは足は外側に向かってしまう、踵は足が踏み出す方向性をナビゲートすることをわきまえない典型的な取り付けであ歩行時に着地する位置にヒールの顎の向きがその着地位置に直角に尽きてなければならない、外見を考慮するあまりに歩きやすさを犠牲にしている。
靴の幅を広げることなく、ヒールの向きを修正しただけで小指が当たらなくなった。
これは紳士靴の様に踵幅が大きなものに限らずピンヒールのような小さなものでも同じ事が起きるので一度確認することをお薦めする。


自身でも気づかない足の特徴ーが為に靴が合わない

先日おいでのお客様、足が細くあう靴が無いのでオーダーしたいとおいでになりました、Aさんとしておきます。
お聞きするとどんな靴も踵が抜けて歩きにくい、踵がしっかりついてくる靴が欲しいとの事、足を拝見すると、なるほど細い、ただ細いだけではなく、踵が外側に傾く、外反で踏まずが落ち込んで扁平足気味、踵は柔らか、骨を指で挟むと内側がフットプリントで表示されているよりかなりちいさい、これは踵底辺にある肉が体重で押され内側にはみ出て印字されるため踵の底辺面積が大きく写る。
これでは踵は抜けでしまう。
まず、扁平であることでヒールのある靴を履くと巻き上げ運動で楔状骨が巻き上げられ踏まずの距離が短くなる
二つ目に靴の踵面積が大きいため踵を挙げると踵の幅がつぼまり小さくなるため抑えが全く効かない。
では踵幅を小さくすればいいかと言えば、かかとに体重が乗っているときはそれなりに幅があるので補足しておくと
履き口を押してしまう。
既製の細い靴では対応出来ない、ワイズ205cmは木型のワイズ幅を190~195cmにする必要があるが、このサイズは21cmの足長の木型に相当する、Aさんの足長は23cmなので既製靴用の木型ではブカブカになる。
もう一つは踏まず距離が立脚時で測っても21.5cmの長さしかない、指が長いあしである、従って21.5cmの木型を使用してつま先を1.5cm伸ばし、木型の踵底面に肉を収容する容積を確保する必要がある。
かなり難易度が高い木型作りとなる。

このようになぜか市販の靴に合わないと感じるかたは一度工房においで頂き、自身の足の状態を理解することをお薦めする、Aさんの場合、市販靴では絶対に合う靴を見つけることは出来ない、オーダー靴の必要があります
今は専用の木型を作ることなく、カスタムで足の特徴を考慮した靴の提供が可能です、ご相談においでください

足、木型、パッティング

長年パンプスのオーダー製作をしていると、“一見問題ないように見える方が、いざ歩き始めると踵が抜けやすくなるケース” というのに度々お目にかかる。

靴に問題があるのではなく、足の動き自体が足を前に押しやる事がほとんどである。

20171006_7903_w600典型的なケースを2~3挙げてみると、足底腱膜、扁平足、ショパール関節以前のねじれ・・・または踵部のねじれである。
もう一つ。最近経験した事だが、踵が柔らかいため、着地時と踏み込み時の踵底辺の大きさに変化が生じる、つまりカカトを上げると踵にある脂肪層が下に下がり、幅を小さくして蹴り出し時に踵が抜けやすくなると言う事例。
立脚時にはある幅を維持しつつ推進時に細くなる踵をいかに抑え、抜けなくするか・・・木型だけでは対処できないところをパットの機能を組み合わせることでこれらに有効に対処できるのである。

足のねじれ、扁平足等も概ね同じ対処で解決できるが「測定時の踏まずの長さは靴を履いた時点で踵が上がりその距離に変化が生じる」という事を理解しておくことが肝要である。つまり短くなるがために踵に隙間が生じて抜けやすくなる。

パンプスという履物、履く人に合わせる技術には『足』・『木型』・『パッティング』の知識が不可欠である。

踵が抜けやすい理由

パンプスが自分に合っていないと感じる状況について
その内容を、「踵が抜ける」、「つま先が痛い」、「足裏が痛い」 の 3点に絞って、原因をわかりやすいイラストで解説してみました。
IMG_0638
  1. (イラスト-1) 足を入れると踵に隙間がある
    ・・・これは足の親指の付け根から踵までの距離が靴のその位置より短い事があげられます。
    靴のサイズ表示が自身の足の足長と同じであっても指が長い人の場合親指の付け根から踵までの距離は短くなり、指が短い人はその距離(踏まず距離とします)は長くなります。
    従って足長が靴表示のサイズと同じでも合わないケースが多く見られます。

    【幅広の方のケース】
    幅が広いからといってより大きめなサイズの靴では、その踏まずの距離がより大きく違ってしまいます。買った直後は良くても革が伸びて広がれば足は前に滑り踵は抜けやすくなってしまいます。

    解決はその踏まずの距離を短くする必要があります

    自作工房ではこのような時、市販の靴をお客様の足に合わせて調整するリセッティング』 という独自技術でご相談に応じています。ご希望の方はぜひ工房までお持ちください。リセッティングの技術は自作工房のオーダーパンプスのノウハウを用いており、一般の修理店では行っておりません。

  2. (イラスト-2)
    イラストで見るとおり、踵のカーブが靴の踵カーブと違っており、アキレス健が押され歩くたびに足が前に押され、踵に隙間が生じ、踵が抜けやすくなります。
    【確認でわかることも】
    踵を柱や壁につけたとき、アキレス健と壁との隙間が5mm以上無い場合、そのカーブを足の踵のカーブに合わせる必要があります。
    こういった方の場合、低いヒールの靴は向きません。6cm以上のヒールのある靴を選ばれると良いです。この調整も自作工房でおこなっています。

  3. (イラスト-3) この状態が理想です。

  4. (イラスト-4)
    これは靴のアーチと足のアーチが合っていないために生じます。
    足が前に滑るために踵に隙間が生じます。この違いは踵骨の長さが起因します。日本人の平均はかかとから6~6.5cmですが、長い方は7~8cmも最近は多く見受けます。

  5. (イラスト-5)
    調整にお持ちになる靴の多くで、このヒールの高さが本来の高さより高いヒールが取り付けられているのをよく見受けます。
    ヒールの高さを適正な高さに調整することで足裏の痛み、踵の抜けも解消されます。

*--*--*--*--*--*--*


bnr_resetting_185kb



BERA-S 3cmヒールパンプス

IMG_0637浅クリカットのパンプス、BERA-S(ベラーs)。
3cmヒール
です。

フラットにすると疲れやすいために少しだけ細めのヒールをつけ、パンツでもスカートにもあう形になったと思います。

嬉しいことに昨日、調整においでのお客様にも好評で早速オーダーいただきました。
足が細いためになかなか浅くりのパンプスがなかったとの事。

写真は黒のスェード、ヒールは3cmのピンヒールです。
BERA-Sd106_02

極浅パンプス BERA-v

20170913_bera-v_w640
超浅いカットのパンプス、6cmのピンヒールパンプスを作ってみました。
履けないから履けるようにリセッティングして欲しいとの依頼で以前、ルブタンの5cmヒールパンプスの調整をしたことがあります。ルブタンはデザインがほんの先端のみ覆う極浅のパンプスなのですが、そのままでは日本人の足には少し無理があります。日本人の足に合わせるには木型から見直し、底面の加工が必要でした。

このデザインに類した極浅のパンプスを日本人でも履けるようにと木型を削り、底面を修正したパンプスができあがりました。名づけてBERA-V、工房の生徒さんたちに試着を願い数カ所を修正することで脱げない極浅パンプスが完成です。

浅いエグリのパンプス製作スタート

IMG_0608IMG_0607浅いエグリのパンプスの製作を開始しました。
今まで使用していた木型ではできないために
新しく設計,製作する必要があり、一挙に3cm、6cm2機種、8cmヒールの木型を用意しました。

やはりと言うか既製化は各人の踏まず距離や足幅、カーブ等の違いがあるためカスタムとなります、足を覆う部分が極端に少ないため踏まずの距離がピッタリ履く人の長さにあっていないと
かかとが抜けやすく、くわえてアーチカの適合が不可欠となります。

ヒールの形状はピンヒールとやや太めの2種類から選択できます。

製作工程はフルオーダーと同じ工程となるため、お渡しまでに1ヶ月を要します。ご自分の専用木型を保存して
おきたい方には製作木型を基に専用木型を用意する事が可能です。 
エグリのカットはS(スクエアー)、U(写真のカット)とAまたはVのカットが選択できます。9月末にはすべてのデザインが展示されます。













靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

趣味コースのブログ
お客さん紹介
にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ

月別アーカイブ
ギャラリー
  • 足、木型、パッティング
  • 踵が抜けやすい理由
  • 踵が抜けやすい理由
  • BERA-S 3cmヒールパンプス
  • BERA-S 3cmヒールパンプス
  • 極浅パンプス BERA-v
  • 浅いエグリのパンプス製作スタート
  • 浅いエグリのパンプス製作スタート
  • パンプス調整用パット
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ