靴の自作工房hiro - 職人の独り言

工房のオーナー講師斎藤のひとりごとです。思いつくまま、木型についての考察や日々の発見、感じたことなどを時々更新しています。

左右の足長の違い

左右の足長の違い

左右で5mm程足長が違うケ-スはよく見かけるが、その違いの原因が縦のア-チが崩れたがゆえに、踏まず距離が伸び、そのためにトレ-ス上に描かれた外形 図ではあたかも足長が違うように見える、トレ-ス図に描かれた図の踏まず部分を左右で比べると、多くの場合、踏まず距離だけが長い、そして長いほうの足の 縦アーチが崩れている。 
この場合の処置として違うサイズの木型を使用するのではなく、ア-チカ-ブに違いを持たせて修正を行なう事を薦めている。
ちなみに踏まず距離は1サイズの違いで3mm強の違いがあ利、その先、つまり踏まず上がりからトウ先までの違いは2mm弱に過ぎない、この構造を把握して修正する事が必要である。

左右で足長が違う

15日の試し履き会にお出でのNさん、左右で5mm足長が違うのだが、通常、指の長さによる違いは良く見かけるが、踏まずまでの長さで5mmの違いがある 方は珍しい、ゆえに使用する木型のサイズを違えて使用するか、もしくは同じ木型で片側のみ踏まず距離を短く修正するかのどちらかを選択する、今回は木型を 違えて使用することにした。
ただし、全体で同じに見えるよう、サイズを落とした木型の爪部を伸ばし同じサイズに修正する必要がある。
何故、違う木型を使用したのかは、外ポ-ルの位置の変更があるゆえである、内と外のポ-ル位置を足に合わせるために外側のポ-ルを少し前に移す、このため、小さい木型のほうがより修正しやすいが為である。
採 寸の最後に今、お履きになっている靴(輸入物)、サイズ5、これは日本のサイズに置き換えると22.5cm、履いた状態をお聞きすると、踏まずが殆ど靴底 に当たっていない、つまり踵と爪先のみで体を支えている為に疲れやすく、且つ前に滑りやすい、その方の足も片側は22.5cmであるゆえに良いのだが、踏 まずが合っていなければサイズは大きいサイズの靴を履いているのと変わりない。
お預かりして、修正、補正し、履けるようにすることにした。
簡易的に、その補正を試みると、不思議な体験をした、と驚いておられた、もちろん履き易くなったのだが。 
試し履き会に現在履かれている靴をお持ちの方は少なくない、出来る限り、履きやすくなる調整をして差し上げている。
その方も、最初は黒革でのご依頼であったが、お持ちの黒靴が履けるようになるのであれば他の色へ変更された、高級な靴を下駄箱にしまいっぱなしの方は少なくない、履き試し会にお持ち戴ければ何とかなるかも知れませんよ。

採寸/試着~試着靴での試着~完成そして調整

全てが最初の採寸と踏まずの距離を確認する試着靴で決まるといっても過言ではない。ほんの数ミリの測定ミスがその後の製作過程に尾を引く。
特に左右で足長が5mm以上違っている場合は要注意。日本人の多くの人の利き足は左、運動や、職業によってその違いは顕著に現れる。
恥ずかしながらイベントにお出での方の靴が未だに納品出来ていない。試着靴はすでに3足、今、もう一足を試して戴いている。
この問題の起因はイベント会場での採寸/試着靴の確認が曖昧であった事に尽きる。足長は左22.5cm、右22cm。左足の靴はすんなり決まったのだが右足がどうしても前に滑るのを止められないでいた。
若い頃から体操をし、60歳を越えた今でもエアロビクスを欠かさないとの事、しかもこの方は珍しく右足が利き足であった。
右足が踵を上げると想像以上に繰り上がる。その為に踏まずの距離が短くなり、クリが強くなる。実際の距離が小さくなるのではなく、クリが強くなるためにその直線距離が短くなることがこの三度目の試着で確認できた。
これは最初の採寸時に気づくべき事なのだが、イベントの最中であり同時に5名の採寸が重なり、生徒に任せ、その確認を怠った為に生じた誤りである。
つ い先日も趣味のコ-スに入会された方の足の測定と試着靴での確認時に足長は24cm、外ポールの位置がかなり踵よりにある事でその踏まず距離は短くなると 見て試着靴を履かせてみたが24cmの試着靴が合っていると言う、足のトレ-ス図を見る限り1~2サイズ小さいもののほうが合うはず、踵の形状を確認する とアキレス腱が発達し、踵のクリが殆ど無い、ゆえに足入れをした時点で足は前に押しやられ踵の後部は空いている、為に24cmで合っている感覚を得るので あろう、あっていない証拠に踵は歩行し始めると抜けやすい。彼女の踏まずの距離を測定すると13.9mm、木型の裏面をそのサイズに修正することを確認で きた。
紐靴では考えられない問題がパンプスでは生じる。いや、紐靴でも生じているのだがそれが表面に現れないだけである。したがってそれで良いと誤認しているのである。パンプス製作を敬遠する理由の一つであう。
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

趣味コースのブログ
お客さん紹介
にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ

月別アーカイブ
ギャラリー
  • 足、小指の痛み
  • 足、小指の痛み
  • 外扇、内扇
  • 足の確認とその対処方法
  • 足、身体の緩みが足に現れる、その治療は
  • 足、身体の緩みが足に現れる、その治療は
  • こんにゃく足
  • 足のトラブルへの対処
  • パンプスのオーダー製作
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ