1129_03_w2801129_04_w280
NHKのeテレの番組「極める!矢口真里の靴学」4回シリーズの最終回で自作工房が紹介されました。
(11月28日金曜夜10時25分からの25分間番組)
この回のテーマ:「オーダーメードでこだわりの一足

この回では、番組の最初から最後までを通して自作工房での靴作りを紹介されています。
矢口さんの靴作り体験を交えながら、最後に斎藤先生の手により矢口さんのための1足(8cmヒールのオーダーパンプス)を完成。履いてみてもらうというストーリー。

矢口さんは、革包丁での革の裁断、ミシンでのS字縫いレッスン、ロウをつかった木型修正などを体験。(自作工房で靴作りを習う方たちにはおなじみの工程です。)そして彼女の足に合わせたオーダー靴1足ができあがるまでの様子も具体的に紹介されました。中盤のインタビューでは、和やかなやりとりの中にも、斎藤先生の靴作りに対する姿勢、こだわりを感じさせる話が飛び出し、興味のある方にはとても見ごたえのある内容だったのではないでしょうか。

下の写真二枚は、番組最後に出来上がった8cmヒールパンプスを矢口さんが履いてみている場面。オーダーにいらっしゃるお客さんが完成品を履いてにっこりされるのと同じように、矢口さんも履いたとたんににっこり。そのままとことこ歩きまわり、その履き心地を確かめていらっしゃる様子が印象的でした。

    
・・・ 撮影時の様子はこちら
1129_05_w2801129_06_w280

---以下番組HPより------------------

矢口真里の靴学[11月7日(月)午後10時25分~]
こだわりを持つ著名人が、自らそれを極める旅に出発し、その道の研究者やプロを徹底調査、おのれのこだわりを磨き、オリジナルの「学門」を作り出す「極める!」。11月は、靴に注目する。

テーマ1 履き心地の良い靴とは何か、
テーマ2 ハイヒールの魅力と意外な歴史、
テーマ3 人間工学を駆使したランニングシューズの開発最前線、
テーマ4 優れた職人技に支えられている靴作りの現場

・・・など、4つのテーマから靴を学ぶ。
現場を訪ねるのは、タレントの矢口真里さん。靴が大好きだが、足が小さくて合う靴が少ないのが悩みだという。そんな矢口さんが、靴のプロたちに出会い、知られざる靴の奥深い世界を取材する。
そして最後に、自分にぴったりの“究極の一足”にめぐりあう。

------------------------------------------------