こちらはもう何足も作っていらっしゃる生徒さん。 ※前回の記事
今回は履き口のカーブをアシンメトリーに。かたちで遊んだパンプスだけど、オリーブグリーンのスエードの落ち着いた色合いで、大人っぽく仕上がっています。
0504_4155_w700
0504_4162_w700
ごくさりげなく、両足とも内側のくるぶしからかかと側にかけてだけ1色アクセントカラーを入れていらっしゃるのも遊びゴコロ。
また、脱いだ時に見える中敷きも、メタリックシルバーの革にマスタードイエローの縁取りをぐるりと入れて手が込んでいます!
0504_4135_w700
0504_4133_w700
0504_4134_w700
0504_4136_w700
【 履き心地の相談を斎藤先生に・・・ 】
さて、中敷きを入れる前に、生徒さんは斎藤先生のところにトコトコいらっしゃいました。
履いてみたところ「履き口の横側部分が両足とも何だか少し擦れて感じるんです・・・」
とのこと。
斎藤先生は早速生徒さんの履いて歩く様子を確認してなにやら調整をしてくださいました。

待っていたら「はい。」と。特に解説もなく調整後の靴を手渡す斎藤先生。
受け取りその場で生徒さんが履いてみます。すると
「!・・・なんだか歩きも、すごく安定するんですけど!?」
「え~、なんでだろう???」と、嬉しいけど何故だかわからないでいる様子。

斎藤先生は「そうだろう?」といたずら小僧のようにニヤリ。

生徒さんの足について、そしてどのような木型を使ったかも把握している斎藤先生。
だからこそ、そこに最小限の 調整をピンポイントで行うことが出来るのです。

これで、靴内に窮屈さが出ることもなく、しかも、踏まずが落ちることでおきていた現象も解決されていました!
横が擦れていたという問題が解決しただけでなく、靴内で足がスムーズに動くよう歩きも 、より 安定するように調整され、生徒さんは、相談した以上に履き心地も良くなり二重丸ですね☆彡
0504_3993_w700
0504_3998_w700
0504_4151_w700
0504_4152_w700
0504_4154_w700


==趣味コースで始めてみませんか?==

初心者からでも安心して習うことができます☆彡

0922_bnr_hobby