靴の自作工房hiro - 趣味コース

趣味コースやプレ本科、本科、木型講座のようす、受講者インタビューなどをご紹介しています。

インタビュー

インタビュー#33 木型講座 石田さん(後編)

0803_no33_2
木型講座石田さんへのインタビュー後編をお送りします。 ※前編はこちらからどうぞ。


Q. 現在、木型講座は終盤ですね。今日はどのようなことをされていますか。

A. 今日は来てすぐに、作ってきたサンダルの検証作業でした。今はそれが終わって次のブーツ製作のためブーツの木型を準備しているところです。
0903_0859_w700
Q. 検証の様子、私も拝見したかったです。石田さんはインソール製作もされています。歩いてみての検証なんかも、インソール製作の時と内容の違いとか比較してご覧になったりするのでしょうか。

A. ここではまず、パンプスという踵をしぼった靴をきちんと作る、そのことから始まります。きちんと作るからこそ、次に必要なことが見えてきます。
パンプスで、歩くと足が前に動いてしまう場合、“ふまずのクリ” の調整が重要になってきます。それは、実際に自分で履いて、歩いて、検証するから、より 良く理解できたと思います。
“木型の底面”がこれほど大事だと、ここまで考えたことがありませんでした。
甲を押さえていない ヒールのあるパンプスに限って有効な対処がある…
靴の違いで、対処の内容が 全く変わってきます。
インソールでフィッティングに対処する場合とは、また違うこともあり、靴で求めること、インソールで求めること、と、だいぶん 頭の中の整理が出来てきました。
0903_0860_w700
Q. 木型講座はみなさん、いったん受講されると毎回とても前のめりに夢中で学んでいらっしゃるご様子で・・・何と言ったらいいのか、真剣で、そしてとても楽しそうに見えるのですが。石田さんにとって木型講座の魅力とはどんなところでしょうか?

A. 斎藤先生ご自身で検証して得てこられた、これまでの集積を惜しげもなく伝えていただける。有り難い場です。
いつも 質問すると、期待以上の答えが返ってきます。
た とえば、踵の止め方について質問したときにも、単に「こうだよ」という説明ではなく、それはどうしてか、どんな意味があって どれ位の調整が必 要なのかとか、あるいは場合によって影響する足底腱膜の存在とか・・・多くの経験を積み重ねた先生だからこその、奥深い説明をいただきました。
大収穫!興奮しました!

Q. 既成靴と違い、オーダー靴は履く人のいろんなケースが個別に、靴づくりに大きくかかわってくる。だから、一つの問題を解決するために、一つの答えを知っておけばいいという単純なものでもないのですね。

A. そうですね。答えを覚える、ではなく…問題点の見方や、対処する際の考え方、手法と検証方法が大切だと理解したうえで、自分でも問題が見つかった時にそういう考え方を応用し対処できるようになっていく、それが目標です。
今までは、パンプスでは脱げやすい人も、仕方ない、靴の限界、と 思っていましたが、今は ここで学び 得たことで、もっとできることがある、脱げにくいように調整したり製作したりすることが可能になる、と思っています。
学んだことを生かし、どんどん自分で作り、検証する。経験を重ねていく。
これからの靴作りが、とても楽しみです。

(※写真は課題で製作されたハイヒールサンダル。ヒールの高さと甲のあきの広さで、かろやかな印象。)
0903_0882_w7000903_0872_w700
Q. 実際に受講されてみて、思った以上の内容だったということでしょうか。

A. そうです。今までの自分の経験に、さらに奥行きを持てる考え方、視点を、この講座で先生と一緒に経験させてもらって、要は「経験すればいいんやな」と。
わからないことが出てきたときに、それを解ろうとするための方法を、全部教わってるような感じです。

受 講前は、自分なりに「幅や形」などわかっているつもりだったし、「ここ(木型講座)ではパンプスなどの甲のあきが大きくヒールの高い靴を作ることについて 学ぶ」という認識だったんですが、それ以上に他の靴作りにも、すぐに役にたつ 沢山のことを勉強させてもらっています。


石田さん、貴重な受講時間をさいて、インタビューにご協力いただきました。
沢山の貴重なお話を聞かせていただき、本当にありがとうございます!
石田さんは木型講座の期間終了後、さらにその先を学びたいとのこと。「工房に続きを勉強に来ます
。」と話してくださいました。

★石田さんの工房 丸手印靴工房







bnr_prehonka2_235kb
保存保存保存保存

インタビュー#33 木型講座 石田さん(前編)

0803_no33
石田さんは
京都と岡山で計3つの工房を運営。靴づくり教室とオーダー靴製作に携わり25年以上のキャリアをお持ちの方です。
木型講座へは、お忙しい合間を縫い京都から通ってくださっています。

0803_0847_w800
受講スケジュールはもう終盤。(インタビューは6月下旬にさせていただきました。)
今回、受講時間中に少しだけお時間をいただきました。受講のきっかけや、実際に受講してみての感想などお話をおききしました。

【受講したいと思われた理由】
Q.石田さんはご自身、
ながく靴づくりに携わっていらっしゃいます。木型講座をあらためて受講したいと思われたいきさつなど、教えていただけますか。

A. 長年(靴づくりに)携わってきた中で、インソールの製作もおこなってきました。それでディモコの情報も日ごろからチェックしてたんです。そんなとき、そのインターネットで見ている情報の中で、靴の自作工房ヒロの存在を知りました。
0803_0849_w8000803_0851_w800
Q.そうだったんですか。確かに、工房でディモコのインソールについての勉強会も以前開催していました。
また逆に、フットケアトレーナーや理学療法士の方々で、
ここへ(本科や木型講座へ)通ってくださる方もその頃から少なからずいらっしゃいました。医学的見地から足について詳しく学ばれていても、なかなか『オーダー靴の木型や『パンプス』について詳しく学ぶ場は少なく、ぜひそれを学びたいとの思いからです。それら、勉強会のこと、受講生の様子などこのブログでも一部ご紹介していました

A. そうなんです。その、ディモコのインソールの知識ともつながりがあるというところをきっかけに、ここに興味を持ちました。それでここのHPも見ていました。

Q.チェックしていただいた中に学びたいと思えるものがあったという事ですか?

そ うです。まず、ここ(自作工房ヒロ)ではパンプスを多く作っています。私のところではパンプスなどヒールの高い靴は作っていません。けれど、だからといっ てこれからも靴製作に携わり続けるのに、パンプスについて「扱わないから詳しく知らなくてもいい」とは思えなくて・・・このままでは足りない、とちょうど感じていました。

「パンプスとはどのようなものなのか、まずはキチンと知っておきたい」という気持ちで。同時に、オーダー靴の木型についても、もっともっと造詣を深めたいという思いもありました。

そ の二つを、もちろん長年靴製作に携わってきた身としては、時間をかけて独学で修得する、という選択もありました。けれど、こちらで実際に多くの オーダーパンプスを作り続け、研究も続けられている斎藤先生に教えていただけるなら、受講することが、私が求めているものを得る 一番いい方法、という考えにたどり着き、申込みを決めました。

ひととおりのカリキュラムを教えて終わりというのではなくて、実際に検証ができるというのもいいなと思いました。

Q.なるほど。

【実際に受講してみての感想】
Q.実際に受講されてみて、思っていた通りの内容でしたか?それとも、「あれ?考えていたのと違う・・・」みたいなものがありましたか。

A. 受講する最初に、(斎藤先生が)きちんと話をきいてくださって。どんなふうに進めていくかは選ばせていただけたので、想像通り・・・というか、私が想像し ていた以上に「こういうことも知っておく必要があるんだな」という新しい発見がありました。本当に多くのことを学ばせていただいています!

Q.そうなんですね。しかしそれは、石田さんが日々の靴づくりについて本当に多くの時間取り組んでこられ、深く求めていらっしゃる方だからともいえるのではないでしょうか。

斎藤先生は基本マンツーマンで教えるスタイル。生徒さんが求めているところにフォーカスした解説をしてくださるという意味でも、学ぶ側の追求する力が大きければ大きいほど、より多くを受け取る事ができるのではないかと思います。

※続きはインタビュー後編へ

★石田さんの工房 丸手印靴工房保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存

インタビュー#32 マスターコース奥山さん

0627_no32
奥山さん、じつは、靴作りのスタートは12年前です。 ※前回の記事

現在、本科マスターコースに在籍中。(インタビューは5月下旬にさせていただきました。)

ディモコの資格も取得したのち、あらためて現在、工房の本科で学ばれているのはなぜか?

いろいろお話をおききしました。
0627_9995_w700
【自作工房に来られるまでのこと】
Q.靴づくりに関するこれまでの経歴というか、お聞きしてもいいですか。


A. はい。最初に靴づくりを学んだのは12年前です。ここではない、都内の学校です。そこで、ディモコの資格も取得しました。その時はまだ学生で、靴とは関係ない業種でいったん就職したんです。けれど、仕事をするうちにやはりインソールや靴の関係で転職したいなと思うようになってきました。
インソールの概念と製靴技術を融合した新たなものが作れないかなと思ったんです。そういうジャンルなら情報も人も多い都内で仕事をしたいたほうがいいなという判断で、東京に転勤しました。

Q.転職のことを考えて都内に転勤!少しずつ準備をすすめてこられたんですね。

A. そうなんです。資格を取得してから時間もたっているので復習という意味も含め、あらためて(靴とインソールについて)勉強すればより詳しくわかるかなと思ってディモコの講習会にも行くようになりました。そしたら、以前より分かりやすくなってて!そこで三浦さんたちと出会い、自作工房のことも知ったんです。

Q.そうだったんですか。三浦さんと佐野さんはプロの方向けに多くの技術指導をなさっていますね。

A. はい、それでここ(自作工房)のやっていることにも興味を持ち始めたんです。
0627_0051_w700
【自作工房との出会い】
Q.靴づくりを勉強し直すにあたって、都内には他の靴学校も多数ありますよね、他は調べたりしなかったんですか?


A. しました。最初は自作工房の本科を考える前に、過去に見学にも行った事がある某靴工房を考えていました。

Q.そうだったんですか。でも、そこには行かなかった?

A. そうですね。インソールの勉強を再開した頃に佐野さんと三浦さんに会って、自作工房の存在を知って。斎藤先生のブログ、あるじゃないですか。あのブログを一気に3年分くらい読んだんです。
読むうちに、(木型に使用する)ロウのこと、足に対する考え方とかが、自分がやりたいのに近いんじゃないかと。それで、自作工房の本科で学ぶことにしました。

Q.事前に見学とかも来られたんですか?

A. 来ましたよ。斎藤先生と10分くらい話させていただいて。でも、自分の中ではもうだいたい行こうって決めてたので。

Q.先生のブログの内容と見学で、本科を決められたんですね。

A. そうですね。

【本科に入ってからのこと】

Q.最初の靴学校で靴づくりはいったん勉強済みなわけですが、マスターコースからとかにはしなかったんですか。


A. 斎藤先生は「基礎コースを飛ばしてはどうか?」ときいてくださったんですけど、ここでのやり方をきちっと知っておいたほうがいいと思って。基礎コースからに。期間は短く、2か月になりました。

Q.現在はマスターコースですね。マスターコースはいかがですか。

A. 想像以上に知識が必要です。ディモコで習うのと似ている様に思っていましたけど、全くの別物でした。
斎藤先生の話では「木型は、足を入れる形状としての器をつくる」。
足についてのアプローチが、着用時の静的評価と歩行時の動的評価の両方を使ってベストフィッティングを追求しているんですが、ディモコは歩行中の動的評価を用いて、様々な障害を抑制してベストな歩行バランスをインソールで追求するスタイル。
ディモコで最初習っていた時は、足と靴の問題はインソールでほとんど対応できると思ってました。だけどパンプスは紐靴と全く違う。(例えば、)マスターコースで、足のかたちのままに靴にすると(パンプスとしては)ぜんぜんきれいに仕上がらないんです。そんなんじゃ売り物にならない!

Q.・・・紐靴やスニーカーとはパンプスは全然違う、けれどどう違うのか。パンプスのこともきちんと理解しなければ扱い方も判断できない。

A. そうなんです。紐靴やスニーカー、パンプスも全部靴なんだけど、どういう靴をどうしたいという思いがはっきりしていないといけないんだな、ということが、マスターコースを学ぶうちにだんだんわかってきました。

Q.なるほど。確かに、靴擦れとか小指が痛いとか一見似たような問題も、パンプスか紐靴か、靴の種類によって解決するためのアプローチはまったく変わってきますね。

「靴
」といってもパンプスやヒールの高い靴をスニーカーや紐靴などとひとくくりにはできない。

奥山さんはディモコの知識を持ったうえで工房のマスターコースを学んでいらっしゃる。靴の種類による違い・特性から、履きよくするためのアプローチの違いや意味も分かったうえで比較できるからこそ気づかれることも多いということですね。


【マスターコースでの取組み】
ところで、マスターコースでは今課題は何人目ですか?これまでの課題靴の製作はスムーズでしたか。様子を教えてください。


A. 今、6人目です。 1人目と2人目は1回の製作でOKをもらいました。3人目と4人目は、自分と自分の奥さんの足で製作したんですが、これが難しかった!自分のはオペラパンプスのローヒール、奥さんのは8cmヒールを毎回片足ではなく両足で製作して、それぞれ5回ずつ製作になりました。
0627_9999_w600

Q.奥様の足、難しい足なんですか?

A. ハイアーチですね。それと、踵骨が長くて足の指が第一中足骨と基節骨で並行なんです。難しかったです。5人目は本科生のMさん。Mさんの足は2回目でOKが出ました。6人目は本科のSさん。左足が扁平で、左右とも踵が外反の傾向がありました。
マスターコースでは自分で出来るだけ挑戦したくて、普通は片足のみなんですが、最初から両足作りました。先生には全部都度チェックしてもらいました。

Q.そうなんですか。両足分5回ずつとか作ったり、かなり沢山製作されましたね。

A. はい、多くの製作を重ねて木型を学んだことで、ディモコで学んだインソールとリセッティングの技術も上達しました。ここでやっていることは本当にレベルが高いと思います。お陰で木型を見る目が養われました。また、他工房の木型の違いも見られるようになり、「そういう考え方もあるんだ」と、参考になりました。こういう見方が出来るようになったのもここで学んだお陰です。

Q.マスターコースはこれでだいたい終わりなんですね。このあとシニアコースも受講される予定ですか?

A. もちろん。マスターコースではパンプスだけでしたから。他の種類の靴についても木型のこと理解しておかないと、リセッティング出来ないですから。

Q.今後の進路というか、方向性など考えていらっしゃることがあったら教えてください。

A. 会社員から転職したいと思い、靴とインソールを勉強してから独立しようと考えていました。学ぶうちに自分がやりたいという方向性も見えて来て、「オーダー」と「リセッティング」をやりたいなと思っています。ひとり一人の足に合うようにしてあげたいなと。

奥山さん、貴重な受講時間にお時間割いていただきました。
沢山お話きかせていただきありがとうございます!

保存保存保存保存保存保存保存保存

インタビュー#31 マスターコースSさん

0312_no31
Sさんは現在本科マスターコースの終盤。
- - - - - - - - - - -
マスターコースはパンプスの足合わせだけを木型製作からフィッティングまで通しで何度もおこないます。
OKが出るまで1人について3回も4回も作り直し、という場合も珍しくありません。

こんなふうに、パンプスについてとことん木型の調整経験を重ねる、という教え方をしているところは、他の学校にはありません。 自作工房の本科だけです。

(靴学校を選び中の方は、見学に行かれる際、そこではどんな靴を最低何足作る経験ができるのか
、靴学校ごとに尋ねてみられたらいいと思います。選ぶ参考になるのではないでしょうか。)

今回は、その自作工房ヒロの本科マスターコースでどんなことをやっているのか、実際の生徒さんにお話をうかがっています。
今の取り組み状況や、課題などについておききしました。
0312_8030_w5700312_8029_w570
【現在やっていること】
Q.今作っているのは何人目の分ですか?

A. ちょっと曖昧ですが、8人目くらいだと思います。

Q.けっこう多くないですか?じゃぁ、今まで7人の片足を2回ずつ作ったとしても14足作っているってこと・・・?

A. そうですね。1回でOKいただいたのもあるので、これが13足目の製作です。
普通は6~7人くらいなのかな・・・人によって作る人数は違う場合もあるので。
私はこれまでにだいたい7人くらいの足で作っていて、斎藤先生から「(マスターコースは)だいたいOK」って言われたのですが、自分ではまだ納得いってなくて。・・・それでマスターコースの残る期間ぎりぎりまでもう1人分作ることにしたんです。今は工房にいる方の足ではなく、私の姉に足モデルになってもらっています。
0312_8028_w570
【自作工房の本科を選んだ理由】
Q.そうだったんですか。お姉さんだと細かい確認も気軽に話しやすいですね。
ところで、Sさんがここの本科を靴づくりの学校として選ばれたのはどんな理由なんですか?

A. 自分の足にあった靴が欲しかったから、・・・ですかね。
私はけっこう足のサイズが大きくて、市販の靴でも足に合うのはなかなか見つからなかったんです。そういうところから、ちゃんと足に合う靴作れるところ、あるのかな・・・って。他の学校も見学に行ったことあるのですが、そこは木型の詳しいことはやっていなくて。あと、ヒールが大好きなんです。だから「ここだ!」と。(笑) 靴づくり一度も経験したことないのに、いきなり本科に入っちゃいました。

Q.ヒールが好きなんですね。確かにヒールのあるパンプスの木型について、足に合わせる技術をここまで詳細に教えているところは日本国内では他にないかもしれません。それにしても、いきなり本科!?試しに1足靴づくりを経験してみるとかもなしだったんですか?

A. そう。通うのにも時間がかかるし、時間勿体ないな、と思って。

Q.なるほど、迷いがなかったんですね。でもそれだと本科のカリキュラム。自分用のパンプスって、なかなか作る機会無いんじゃないですか?

A. ええ、そうなんですけど、基礎コースの終わりに自分用作らせてもらいました。6cmヒールで。マスターコースの準備として木型の練習もかねてということで。

Q.それはよかったですね!基礎コースで学んでいる分、仕上がりもきれいになるし!

A. そうですね。
0312_8123_w570
0312_8122_w570
0312_8125_w5700312_8126_w570
【現在のテーマや取り組みについて】

Q.そして今はマスターコースも終盤ということなんですが、どうですか?今の自分にとっての課題とか、こういうところがわかってきたというのがありますか?

A. 私は木型修正のロウをいつも大きめに盛りすぎてしまうんです。
これまで何人も繰り返し作るうちに、それが少しずつ無駄な量が減ってきれいになってきたかな。
(木型修正で盛ったロウの)形を整えるのが、どれくらい落とすとサイズが1センチくらい減るのかとか、回数こなすことでわかってきた気がします。といってもまだまだですけど・・・。

Q.木型のサイズを整える技術ですか。なるほど、繰り返し作り、検証していかないと学ぶことが出来ない分野ですね。
とくにサイズの細やかな調整がパンプスのフィット感を追求する重要な鍵ですから、マスターコースの生徒さんでなければきけない話かなと思います。
Sさん、貴重なお時間に お話きかせていただき、ありがとうございます!
保存保存保存保存

インタビュー#29 靴メーカーの企画の経験を経て本科へ

0121__no29
(※インタビューは2016年10月におこなったものです。) ※前回の記事

Tさんは本科の基礎コースをスタートしたばかり。

大学院では情報工学を専攻・・・人工衛星の海氷(流氷のことだそうです)の画像解析をしていらしたという筋金入りのリケジョ。
0121_5909_w570
そういう中から思うところがあり、一転、靴業界へ路線変更。靴メーカーに勤められたのち、あらためて本科へ・・・なんともユニークな経歴の持ち主です。
そんなTさんに、受講の合間、少しだけお話をおききしました。

Q.趣味コースやプレ本科ではなく、いきなり本科からスタートされたとおききしました。何か靴関係の学校に行かれていたとか?

A.いいえ、靴の学校には行っていません。大学院を途中でやめた後、靴学校を併設しているお店にしばらく勤めていました。その後、辞めて靴のメーカーに。
0121_5960_w570
Q.靴のメーカーにいらしたんですか。

A.靴といってもわたしがいたメーカーさんで作っていたのは109とかで沢山売っているような、比較的値段も安い価格帯のもの。中国に工場があるメーカーさんで、そこに1年ほど居ました。

Q.そうなんですか。靴業界については、それじゃあある意味詳しいんですね。そこで勤められていたのに本科へ?

A.そうですね、木型がやりたくて、ここに入りました。そこをちゃんと勉強したいなって。

Q.そうだったんですか。趣味コースやプレ本科ではなくいきなり本科というのは?

A.ちゃんと本格的に学ぶならやっぱり本科だなと。
0121_5913_w570
0121_5919_w5700121_5911_w570
なるほど。
Tさん、本科スタートしたばかりの貴重なお時間にお話きかせていただきありがとうございます!
もう少しいろいろお聞きしたかったのですが、また次のチャンスにぜひ聞かせてください。

※前回の記事では、このインタビューのあと、工房のオーダー用サイズサンプルを試着された様子をご紹介しています。
 ※前回の記事

インタビュー#28「木型がやりたくてここに来たんです。ここでしか学べないから」

0409_no_27
こちらは本科生。
Uさんはちょうど今シニアコースの課題を全部終えたところ。
木型の修正をしているところにお邪魔し、少しお話をお聞きしました。

0117_7194_w570
Q.今作っているのは・・・もう課題じゃないんですよね?オーダーのお客さんか何か?

A. これは自分のブランドというかオリジナルの既成靴のラインを作りたくて、それ用の木型を作っています。

Q.既成靴の木型?

A. 既成靴のマスター木型として展開していくベースを作っています。

Q.へぇ、自分のブランド用に独自の木型を作るって・・・なんか靴のメーカーさんみたいですね。わざわざマスター木型を作りたいというのは、理由というか、独自のコンセプトとかあるんですか?

A. そうですね、既成靴としてある程度の外反母趾にも対応できるものがあったらいいなと思って、今回は作っています。

Q.そうなんですか。本科では課題がひと段落してあいた時間ができると、自分が作りたいと思うデザインや、履きたい靴、作ってあげたい方などへの製作をされる方が多かった気がするのですが・・・、Uさんは独自コンセプトの木型が作りたいということなんですか。それって、自分ブランドとしてデザインではなく、履き心地をプロデュースするって感じなのでしょうか・・・。
以前にお会いした時も木型、ほんとうに楽しそうに作っていらっしゃいましたよね。

A. これが一番好きなんです。木型いじるのが。
0117_7192_w2800117_7193_w280
Q.木型をロウで修正する作業そのものが楽しいってこと?

A. んー・・・というか、これまでいろんな人の足のフィッティングを経験してきて、靴と足の関係を自分なりに学んできた中から、どんな風にしたら、どう足を靴内で留められるのか、・・・それを考えながら木型に反映させていくというのが楽しいんですよね。あと、その木型で作った靴を履いてみてもらいチェックしていくのが好きです!

Q.木型に取り組んで、その結果を検証するのが好きって、なんだか斎藤先生みたい・・・。

A. 木型いじるのが楽しいんですよ!そこがやりたくてここに来たっていうのもありますし、ここでしか学べないですから。

他の学校や靴関係の実務経験を経て、より一層木型の重要性や可能性に魅力を感じていらっしゃるのだと、今回お話をうかがいながら感じました。
Uさん、作業中にもかかわらず笑顔でこたえてくださいました。お忙しいところありがとうございます!

インタビュー#27 台東分校で学んだのち自作工房へ

0409_no_27
0409_9858_w800
 ※このインタビューは2月にさせていただいたものです。
Uさんは美大を卒業後、はじめに台東分校で靴作りを学ばれました。その後靴修理店やコンフォートシューズのお店など靴関係の職に数年間勤務。昨年あらためて自作工房を訪ねられました。プレ本科から本科マスターコースに編入され、現在はシニアコース在籍中です。
今回は、靴関係の職に就いた後改めて工房の本科にすすまれた動機などについても、お話きかせていただきました。
続きを読む

インタビュー#26 (後編) 他の学校と工房の本科の違い

0113_no_26_kouhen
0113_9583_w2800113_9582_w280
※今回は、前編後編 の2回に分けてご紹介しています。
Q.他の靴学校で学ばれた経験もあるMさんから見て、他とここの本科との違いを感じられるところはありますか。
保存保存保存続きを読む

インタビュー#26 (前編) 他の靴の学校(1年コース)ののち改めて本科へ

0113_no_26_zenpen
0113_9579_w2800113_9580_w280
Mさんは現在マスターコース。本科に入られた経緯や、本科を受講してみて分った他の教室との違いなどについておききしました。
 ※今回は、前編後編 の2回に分けてご紹介しています。
保存続きを読む

インタビュー#25

no_25
0525_07482_w2800525_07439_w280
末光宏さんはシューメーカーとして20年のキャリアの持ち主。今回は木型講座を受講されたいきさつや、受講真っ最中の今、感じていらっしゃることなどをおききしました。

続きを読む
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

facebook Twitter

靴の自作工房ヒロには、以下の3つのブログがあります。

趣味コースのブログ←現在ご覧のブログ


  ▙ history view
  (趣味コースブログの)


●靴職人の独り言

●お客さん紹介ブログ




ギャラリー
  • プレ本科での1足目はサドルシューズ!
  • プレ本科での1足目はサドルシューズ!
  • プレ本科での1足目はサドルシューズ!
  • プレ本科での1足目はサドルシューズ!
  • プレ本科での1足目はサドルシューズ!
  • パンプス習得のためにもう一足
  • パンプス習得のためにもう一足
  • パンプス習得のためにもう一足
  • パンプス習得のためにもう一足
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド

にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ
人気ブログランキングへ

  • ライブドアブログ