靴の自作工房hiro - 趣味コース

趣味コースやプレ本科、本科、木型講座のようす、受講者インタビューなどをご紹介しています。

こんな感じで作っています☆

プロの方も習いに来られているんですね

こちらの男性の生徒さん、じつは靴業界のプロの方です。
といっても、一般の靴店にあるような靴を作っているのではなく、ちょっと特殊なジャンルの靴作り。

撮影で「こんな靴が欲しいんだけど・・・」とリクエストされたものを特注で作っていらっしゃるのだそうです。
0709_0067_w600
「でも、今作っているのは自分が履きたいなと思ったのを、自分の足に合わせて。」
と、作業の手を動かしながらこたえてくださいました。
0709_0068_w600
なるほど。気軽に履いていけそうなすっきりシンプルデザインのローファーです。
まだ完成してないですが、履いたら似合いそう!生徒さんの雰囲気にぴったり合う靴に仕上がりそうです。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【 男性の方にも自作工房をおすすめしたい理由があるんです! 】

-プロでないとなかなか分からない、他工房との大きな違い-

自作工房の靴づくりは、パンプスなどの『甲のおさえが紐で出来ない靴』をベースとしていて、それがとても得意なジャンル。
(そのために、独自の木型理論を持っており、プロ向けの木型講座も人気があるのですが。)

要するに、甲の紐に頼らなくても足にフィットさせるという技術を追求している靴づくりなのです。

「甲の紐でしか履き心地を調整できないのかな?」「紐だけじゃ何だか履き心地合わないんだけど・・・」と、日ごろ感じていらっしゃる方いませんか?

そんな男性の方にも(自作工房はどっちかというとパンプス作りたいという女性に人気がありますが)、ぜひ1足自分用に、本当に足に合う靴を作って履いてみて頂きたいな、と思ったりします。

まったくの初心者でもそういうこだわった靴づくりが習える、自作工房は他にはない魅力があります。


保存保存保存

「市販の靴は合わないので、作ることにしました。」

こちらは趣味コースではこれが初めての製作という生徒さんです。
おききしてみると、靴づくりは他で習ったことがあるのだそう。

「でも、完成には至らないままになってしまって。今回は完成させたいです!」と楽しそうに話して下さいました。
0710_0060_w800
0710_0063_w800
0710_0062_w800
講師のMさんが細かなところまで一緒に確認してくれています。
作っているのは紐靴。革はご自身でお店で選んでこられたものを使っています。
「この紐靴が完成したら、次はパンプスもつくってみたいです。」
と、完成して履くのもすごく楽しみにしてくださっています。

完成したら、ぜひ履いていらっしゃる様子もご紹介したいですね。


中敷きもこだわりポイント満載に!

前回はつり込み上がりの様子をご紹介した生徒さんです。 ※前回の記事
今日は中敷きの準備。写真を見ると、これから中敷きに施す穴飾りの細やかさがわかりますね。

前田先生にもいろいろアドバイスもらいながらすすめていきます。
0708_0054_w800
0708_0057_w800
0708_0053_w800
靴を脱いだ時、靴の表側とリンクするように、中敷きの模様が見えるのも素敵ですよね!
完成が楽しみです。
0708_0059_w800





bnr_resetting_185kb保存

木型にテープを貼り型紙をとる

こちらはもう、靴6足くらい作っているという生徒さんです。今回は紐靴。
0704_0052_w800
0704_0051_w800
今回は、「メダリオンを入れるかどうかまだ考え中・・・」なんだそう。

木型の甲の部分にはメダリオンをいれるためのエリアにしるしがつけられている様子です。
どんな模様にするのか、考えるのも楽しいですよね。





bnr_prehonka2_235kb

ピンヒールの革巻き作業

こちらは今回初めてピンヒールパンプスをつくるという生徒さん。
ヒール巻きの作業を丁寧に、丁寧に仕上げ中です。
0703_0049_w800
0703_0050_w800
プレーンパンプスの場合、パーツが少ない事もあり、パーツ一つひとつのディテールが丁寧に仕上がっているほど完成した時きれいに見えるんです。

きれいに作りたいと思うほど難しいハンドソーン

こちらはハンドソーンに取り組み中の生徒さん。 ※前回の記事
前回はつり込みの様子をご紹介した方です。気に入った木型での2足目。
「きれいに仕上げたいなと思うほど、進むペースがゆっくりになってます!」
と苦笑い。
0701_0048_w800
0701_0047_w800

自作のキルティングでゴージャスな2足目!

0608_04_w1000
0608_03_w800
0608_02_w800
0608_06_w800
0608_09_w800
0608_08_w800
こちらはプレ本科のMさん。
前回はこれとは色違いで、ブラックレザーで製作されていた方です。 ※前回の記事

今回は革の色を変え、ディテールもいろんなところで変えての2足目。楽しんでいらっしゃるのがうかがえます☆彡
ネイビーの革にこげ茶のステッチ。リボンも酒井先生の「革でつくるリボンモチーフ」ミニ講座からヒントを得て。
履き口に配したテープや、中敷きのステッチ、配色のテープまで、丁寧に作られています。

マトラッセ風ステッチは同じなのに、配色とディテールを変えるとまたぜんぜん違った印象。
どんな服に合わせるかも楽しみになりそうです!保存

本科を見据えて、プレ本科での木型製作

プレ本科の生徒さんです。これが初めてのプレ本科での靴製作。
0515_9579_w800
自作工房のプレ本科は、オーダーパンプスの技術を基本に、実践の場で行なっている作り方をお教えしています。
初心者といえども内容を割愛したり工程を簡易的にしたりすることはありません。本物のオーダー靴作り。

通常のオーダー同様に詳しく採寸した情報が記載されているトレースを見、ロウで寸法を合わせながら木型構築していくところから始まります。

この採寸も既成靴の場合と違い、採寸個所が多くとても詳しくなっているんです。他の靴学校で学んだ経験者の方など、「既成靴とオーダー靴ってこんなに違うんですね」と、違いに驚かれるときもある程。
0515_9583_w600
0515_9582_w800
0515_9577_w600
今回の生徒さんは靴づくりはこれが初めて。
木型をちゃんと足に合わせてから作るというところに興味を持ってくださったのだそう。
工房代表の斎藤がトレースの見方、ロウの扱い方など必要なタイミングで解説。
真剣にきいていらっしゃいました。保存

ロイヤルブルーの存在感

こちらも製作途中のパンプス。片方だけつり込みが終わっている様子です。
パンプスは形がシンプルなだけに色の存在感が圧倒的!目の覚めるようなロイヤルブルーが素敵です。

0509_9050_w800
0509_9052_w800
スエードってマットな質感だから、どちらかというと秋冬用のようなイメージでした。だけどこの鮮やかな発色を見たらそんな思い込みは不要な気がしてきます。

革に洋服の生地を使ってみる

こちらも製作途中の作品です。
生徒さんご自身がお持ちの古い洋服から、生地を裁断して使っていらっしゃるのだそう。

写真では革のブラックと起毛した生地のダークネイビーの色合いが近く見えてわかりにくいのですが、手に取ってみるとその素材の組み合わせがすごく素敵な仕上がりに。
マットなスエードと起毛した柔らかな生地の質感が楽しい作品です。
0507_9047_w800
こういった異素材の組み合わせ・・・特に革と生地の組み合わせなどは、通常の革で作るパンプスよりもずっと手間がかかります。
根気がいる作業だからこそ、ここまで仕上がってきている作り手の愛情が感じられますね。
★以前にも生地を用いて何人かの生徒さんが靴を作っていらっしゃいました。 ⇒タグ:「布で靴つくり」
0507_9048_w800
0507_9044_w800
0507_9045_w800
保存保存
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

facebook Twitter

靴の自作工房ヒロには、以下の3つのブログがあります。

趣味コースのブログ←現在ご覧のブログ


  ▙ history view
  (趣味コースブログの)


●靴職人の独り言

●お客さん紹介ブログ




ギャラリー
  • メダリオンにウィングチップ、飾り穴から見える赤!
  • メダリオンにウィングチップ、飾り穴から見える赤!
  • メダリオンにウィングチップ、飾り穴から見える赤!
  • メダリオンにウィングチップ、飾り穴から見える赤!
  • タッセルが可愛い、若草色12cmのベビーシューズ
  • タッセルが可愛い、若草色12cmのベビーシューズ
  • タッセルが可愛い、若草色12cmのベビーシューズ
  • タッセルが可愛い、若草色12cmのベビーシューズ
  • トウ先に芯を入れない、柔らかい印象の紐靴
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド

にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ
人気ブログランキングへ

  • ライブドアブログ