靴の自作工房hiro - 趣味コース

趣味コースやプレ本科、本科、木型講座のようす、受講者インタビューなどをご紹介しています。

アーチが高い

趣味コースEさん初めての製作は8cmヒールプレーンパンプス

1003_04_w2801003_02_w280
1003_01_w570
1003_06_w570
趣味コースで最初のパンプスの完成です。 ※Eさんの前回の記事
Eさんはアーチが高いのと足幅があるために、実際の足の長さに合った靴が見つからず、常に大きめの靴を履いていたそうです。
8cmヒールなどは履くことを諦めていたので、ここへ来て工房で最初につくる靴はぜひ8cmヒールのパンプスにしたいと決めていたようです。写真は完成したばかりの8cmヒールパンプス。早速履いてみます。履いて歩く様子を斎藤先生も一緒にチェックします。
Eさんは右足の蹴り出しが弱く、右側で補う歩行をしていたために右足の疲れが強く、右足に問題があると思っていたようですが、実は左足の蹴り出しが弱い為でした。斎藤先生が歩行を確認しながらパットでその是正を施すと体のバランスが戻り、いつもは着地している感覚が無い左足の小指がパットを入れた瞬間からしっかりと足を支えている事が感じられるとの事。歩行が楽になった感じがするそうです。履き心地のよい靴に仕上げるためには、歩行をチェックしながらの丁寧な調整も重要ポイントなのですね。
Eさん、10月からはプレ本科へ編入してご自身で木型の補正や型紙が作れるように学んで行きたいとのこと。2足目もますます楽しみです。

趣味コースのMさん6cmヒールプレーンパンプス完成

0904_090_w2800904_09_w280
0904_01_w570
趣味コースのMさん、6cmヒールパンプスの完成です。Mさんは足のアーチが高く、そのせいで靴の踵が抜けるのが当たり前と思っていたそうなのですが、工房でつくりはじめてから踵が抜けない様につくる事が出来ると知りました。いまや既に6足程は作っています。パンプスは作り慣れてきたでしょうか、きれいにまとめていますね。次回は同じ木型で、もう少しトウ先を細めにしたいとの事。木型の修正から始まります。
履き心地に加えシルエットやデザインなど、講師と相談しながら1足ごとに自分好みに進化させていけるのも趣味コースの楽しみです。次の靴も完成が楽しみになってきます。

趣味コース2年Uさんの8cmヒールアンクルストラップパンプス完成

0529_07_w2800529_02_w2800529_055_w5700529_08_w570
0529_09_w570
【Uさんの感想】--------------------------------------------
2足目から履き心地よく、同じデザインと木型で作っているので(履き心地は)大丈夫だと思います。2wayのデザインが気に入っています。ミシンかけの時、試し縫いをすれば曲がらずにうまくいったかなぁと、残念です。
(趣味コースをこの靴で退会される点について)
とても楽しい時間を過ごせました。むずかしいハイヒール作りでしたが、ほとんど先生方のお力で、1年間に4足もつくることが出来て満足しています。ありがとうございました。
--------------------------------------------------------

Uさんご感想ありがとうございます!  ※Uさんの前回の記事
Uさんはこれが4足目で、趣味コース最後の靴になりました。お孫さんが出来るため、これからお忙しくなられるのだそうです。今回は素材をかえて、シルバーの革で製作。前回と同じ木型を使って同じデザインですから、その分出来上が早いですね。早速完成した靴の履き心地を確認されているところをパチリ。同じプレーンパンプスでも、シルバーやエナメルなど質感や光沢感の違う素材で作ると、雰囲気もガラリと変わります。アンクルストラップも、はずしたり出来る仕様にして2wayになさってるんですね。ファッションのアクセントとしても組み合わせを楽しんでくださるのがうれしいですね。

趣味コース歴2年SさんのTストラップフラットパンプス

0421_03_00_w570
0421_03_01_w570
Sさん、Tストラップフラットパンプスの完成です。   ※Sさんの前回の記事
Sさんのつくる靴はどれも丁重な作業で完成度が高いです。型押しレザーの独特の雰囲気とこのデザインの組み合わせ、他にはない、素敵な1足に仕上がりました。
Sさんは足長は22cmにも関わらず、自作工房で使用している木型は21cmのもの。縦のアーチが高い方なのです。いわゆる凹足気味のため、小さいサイズの木型のほうが合っているのです。次回は同じフラットパンプスですが、ストラップなし。指のまたが見える程の浅クリにして作りたいとの希望です。先生と相談して、木型を変更することになりそうです。こんな風に、同じひとりの方の足でも、丁寧に履き心地を考えると、デザインや仕様の変更に伴って木型のチョイスを変える必要が出てくることもあります。趣味コースで作る生徒さんたちは、先生や講師とこまめに相談しながら2足目、3足目と製作を重ねることで、より履き心地や足へのフィット感も進化していく事ができるのも嬉しいですね。

趣味コースUさんの3足目はペールピンクの8cmヒールストラップパンプス

0301_04_w2800301_03_w280
0301_05_w570
0301_06_w570
趣味コースUさんはこれが3足目の完成です。 ※Uさんの前回の記事  次の記事
1足目は鮮やかな水色のパンプス、2足目は一つは持っておきたいブラックのスムースレザーで製作。これらのパンプスも気に入られたのですが、もう少し甲のあきの広いものが作りたいとのリクエストで講師と相談した結果、使う木型そのものを変更することに。やさしい色合いが、春の季節にぴったりで素敵な1足になりましたね。

趣味コース1年のUさん最後の作品は8cmヒールプレーンパンプス

1206_08_w2801206_07_w280
1206_06_w570
【Uさんの感想】--------------------------------------------
前回よりほんの少しだけクギ打ちや機械で削るのに慣れました。しかし、相変わらず”つる”のは難しいです。出来上がりの感想はヒールが高い分だけやはり未熟者にはハードルが高いのかな、といったものです。でも、ヒールの低い靴を作ったことがないので、本当のところはわかりません。たった2足しかない靴なので大事に履きたいと思います。
--------------------------------------------------------

Uさん感想ありがとうございます!  ※Uさんの前回の記事はこちら。

つり込みも、機械の操作も自作工房でお教えしているのは工房のプロの手法。
本科で毎日練習する方にとっても決して簡単ではないのです。けれどせっかく自作工房に来てくださったのなら、趣味コースの方が作っても、できる限り本格的な履き心地をぜひ体験していただきたいなと思っています。

趣味のコース1年のUさん、2足目のパンプスの完成です。
Uさんは足が小さい方です。踏まずのアーチが高くて、踵が常に抜けてしまう為、ご自身で自分用の靴を作りたいと思い入会されました。前回は6cmヒールを作成。今回は8cmヒールに挑戦されました。
メタリックな光沢のかっこいい1足になりました。
Uさんはこれで一旦退会されます。時間に余裕ができ次第復帰されるとのことです。
工房で、ご自身で作った2足、ぜひいろんなところへ履いていってくださいね。

趣味コースUさんの2足目8cmヒールプレーンパンプス

1115_02_w2801115_01_w2801115_03_w570
Uさん2足目の完成です。    ※Uさんの前回の記事はこちら。   次の記事
前回使用した木型をそのまま使用して同じ8cmヒールパンプスを作りました。前回から引き続き使用したこの8cmヒール木型はハイアーチ仕様のもの。これにUさんの足にあわせた木型修正を丁寧に行ない使っています。1足目の履き心地を気に入られたのですね。前回の靴はガラスと呼ばれる硬い革を使っていました。今回は柔らかめの革を使用しているぶん、1足目より歩きやすいようです。よかったですね。
Uさんはかなり足のアーチが高く、踏まずから踵の距離が短い方です。なかなか足に合う靴が見つからず靴選びに苦労されていて工房に来られたこともあり、履き心地は重要視されています。写真の立ち姿、すっとしています。8cmヒールを履きこなすとは、お孫さんがおられるとは思えない颯爽とした履き姿、かっこいいですね。
-------------------------------
趣味コースでは気に入った履き心地の木型ができるとそれで色違いなど何足か続けて作られる方は珍しくありません。そして、続けて何足か作っても、全て同じ履き心地ではなく、先生と相談しながら使う木型にさらに細かな調整を加えることもあります。さらに革の硬さや本底の加工具合、仕上げの調整などで1足ごとに少しずつ自分の好みに改良を加えることも出来ます。これもパンプスの履き心地を大切に考えている自作工房ならではですね。
order_existing02

※アーチカーブの違いについて詳しくはこちら。→「足に合わないとは?

-------------------------------

趣味コースTさん1足目8cmヒールプレーンパンプス完成

1110_02_w2801110_08_w280
1110_01_w570
1110_00_w570
1110_09_w570
Tさんの8cmヒールパンプスが完成しました。
Tさんは踏まずのアーチが非常に高い方です。今までずっと、どこの靴を履いても踵の中心と着地位置だけが靴のなかで当たっているだけで、踏まずは靴の底に触りもしていなかったのだそうです。故に着地するつま先側の方だけがすぐに痛くなり長くは履けないものばかり。
自作工房で作る靴は、木型の段階からTさんの足にアーチの高さも合わせるように作っています。その木型で靴を作るから、踏まず中程まで足底に当たって安定感のある履き心地になるのです。
Tさんは履いてみて、着地する位置に痛みは感じられないのと、踵で支える安定感に感激されていました。はじめてご自身で作ったパンプス、満足いく履き心地を感じられてよかった!

趣味コース歴2年、Sさんのストラップつきローヒール完成

1006_02_w2801006_04_w280
1006_03_w570
1006_06_w570
【Sさんの感想】-----------------------------------------------------
気に入ってるところ:共革を使ったオシブチ、オシャレに仕上がりました。
履き心地:足に吸い付くように感じて、バッチリでした。ミシンもきれいに縫えたので、見た目も美しく出来ました。ありがとうございました!
------------------------------------------------------------------

Sさん感想ありがとうございます!                    ※Sさんの前回の記事はこちら。
趣味コース歴2年のSさん、ストラップつきローヒールの完成です。
Sさんは足長が小さいのに加えてアーチがかなり高い方です。それでなかなか足に合う靴がなかったのですが、前回の製作から足に合う靴が作れる様になりました。
今回はフラットのパンプス。安心の為にストラップをつけたのですが、フィット感のよいものが出来たため、必要がなかったようです。
「足に吸い付くよう!」と、嬉しい感想をきかせてくれました。
良かったですね。いろんなところに履いて行ってくださいね。

趣味歴3ヶ月のUさん1足目は水色の8cmヒールパンプス

0808_03_w2800808_02_w280
0808_01_w570
                              ※Uさんの前回の記事。  次の記事。
趣味歴3ヶ月のUさん、履けるパンプスが見つからず、履くことを断念していた矢先、工房を見つけて通われることになりました。
今回作ったパンプス、革はエナメルのようにつるんとした光沢のあるタイプで、ガラスと呼ばれている素材です。光沢が美しい反面、ちょっと硬さがあります。だからつり込みの時には大変。靴作りに慣れていない趣味コースの生徒さんにはちょっと難しいので釣り込みは講師の手助けが必要でした。
Uさんの足の特徴は、踏まずのアーチがかなり高いこと、.かかとの骨が足長に対して長めの事、.外反母趾気味の事などが挙げられますが、市販の靴が合わなかった一番の原因は足幅があるためでした。足長に合った靴では幅が窮屈になりやすいから、いつも足長より大きめの靴を履いてらしたのです。今回靴作りに使用した木型は20.5cm、市販で選んでいた靴は22~22.5cm、これでは合うわけがありません。
Uさんに限らず、実際の足長より大きめの靴を無理に履かれている方は多くいらっしゃるようですが、足より大きめの靴を履き続けるのは本当に良くないです。
市販の靴でも、出来るだけ足に合うものを探して履いて欲しいなと思います。
Uさんは歩く姿勢の背筋が伸びて、すっと美しく歩かれますね。足に合っている靴だと、靴の中で足が滑ったりしないので猫背や前のめりにならず踵側にも体重をのせる事ができるので、安心して背筋を伸ばしバランスよく歩く事ができます。
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

facebook Twitter

靴の自作工房ヒロには、以下の3つのブログがあります。

趣味コースのブログ←現在ご覧のブログ


  ▙ history view
  (趣味コースブログの)


●靴職人の独り言

●お客さん紹介ブログ




ギャラリー
  • 2色でつくるヒールのある紐靴
  • 2色でつくるヒールのある紐靴
  • 2色でつくるヒールのある紐靴
  • メタリックヒールの潔さ!
  • メタリックヒールの潔さ!
  • メタリックヒールの潔さ!
  • メタリックヒールの潔さ!
  • メタリックヒールの潔さ!
  • 2足目で8cmヒールのレースアップブーツに挑戦!
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド

にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ
人気ブログランキングへ

  • ライブドアブログ