靴の自作工房hiro - 趣味コース

趣味コースやプレ本科、本科、木型講座のようす、受講者インタビューなどをご紹介しています。

サンダル

本科シニアコース生の課題サンダル

こちらは本科生。シニアコースの課題で製作されたのだそうです。
ハイヒールのサンダル。鱗のような模様のエンボスレザーはマットな質感のブラック。
とても大人っぽくて素敵ですね。
0515_4096_w700
続きを読む

パーツを合わせたらこんな感じ!

製作しているのはバックストラップのデザインパンプス。
先日は型紙準備中をご紹介した生徒さんです。
 ※前回の記事
今日はすでに革を裁断し、ミシンでパーツを用意してる最中。
ネイビーとホワイトの組合せに、さし色にミントグリーンが爽やか!
0425_3028_w700
続きを読む

ミントグリーンが爽やか☆彡

こちらは製作途中の作品。本科の方に見せていただきました。
目にも鮮やかなミントグリーンのハイヒールサンダル。素敵です!
こんな寒い時期に見ると思わず「夏、早く来ないかな♪」って季節が待ち遠しい気持ちに。
0114_4017_w800続きを読む

プレ本科Oさんのウッドヒールサンダル

プレ本科のOさんです。サンダルが完成しました。
前回の靴をもとに、さらにもう一工夫して足にぴったりに!
1010_02_920

続きを読む

雑誌で見かけたサンダルを自分にピッタリサイズで!

こちらはプレ本科でもう6足目?の製作のNさんです。
足が小さくて、スニーカーはキッズサイズを履いていらっしゃったという方。 

そのサイズで大人っぽい革靴などはなかなかお店では見つけられない・・・と、自作工房に来られるまえは随分苦労されていたのだそうです。
0805_04_w800
保存保存続きを読む

工房の新作サンダルの足モデルは・・・

工房のHPに新作のサンダルのバナーが表示されました。
興味のある方はぜひ見てみてくださいね。詳しくはお客さん紹介ブログに掲載しています。
また、試着してみたいという方は斎藤先生にリクエストしてみてください。
0210_7296_w700
サンダルなので、つま先も踵もあいている分、日ごろ踵が痛かったりつま先が痛いと思って靴選びに困っている方でも大変合わせやすいデザインになっています。

そして、ご存じのとおり工房独自のふまずのバランスに配慮した木型で設計しているので、履き心地も他のお店のものとは全然違います。

カスタムオーダーモデルですが、「木型修正しなくても履ける方がたくさんいるんじゃないかな」と斎藤先生は話していました。

ところでこの足モデル、誰だと思います?
0210_6931_w800
じつは講師の前田先生。 2Fや1Fのフロアで寒い時期にもかかわらず、靴下ぬいで撮影に協力していただきました。前田先生ご協力ありがとうございます!
0210_7144_w800
お客さん紹介ブログ』はこちら。

保存保存保存

プレ本科で習える、自分の足に合わせる木型修正

こちらはプレ本科の生徒さん。もう今回で6足目の製作です。 ※前回の記事
前回はローヒールパンプスを作っていたのですが、今回は雑誌で見かけたサンダルに挑戦したいのだそうです。

写真の切り抜きを斎藤先生に見せて相談したら、パンプス用からサンダル用に木型を修正しなくてはいけないとのこと。
0213_7336_w800
どこをどれだけ修正が必要か、説明を受けながら実際に自分で修正作業に挑戦します。
0213_7322_w2800213_7327_w800
0213_7326_w800
プレ本科では、実際にオーダーのお客さんと同じように採寸した生徒さん自身のトレースを見ながら木型修正を行っていきます。

靴を作るのに不可欠な『木型』の調整作業を、製靴初心者でも体験できる本格的な内容。
何足も作るうちに、どういうケースでどんな木型修正を必要とするのか等、経験を通して学んでいくことができます。
また、受講する時間や曜日の自由度が高いこともあり、本科を検討されている方以外にもとても人気のクラスです。
0213_7329_w800

保存保存

白さが眩しいウエッジサンダル

プレ本科Oさんの作品です。履いたところをお写真撮っていただきました。
工房で眠っていた木のウェッジヒールをそのまま使う!ということで、お持ちの白の革で、シンプルに仕上げました。
ナチュラルなウッドソールと真っ白な革の色の組み合わせが爽やか!
0117_04_w800

完成した靴を履いてみたところ、履き口の甲のあたりがすこしきつく、今回の靴は器械をつかって革を伸ばして調整しました。
このウェッジヒール、2つしかないものなのですが、次回は最後の一つを使い、木型も少し手を加え、もう1足サンダルを作る予定です。
 0117_02_w650
保存

お気に入りの木型で2足目のサンダル!

プレ本科のAさんです。
お気に入りの木型で、2足目のサンダルが完成しました!!

シルバーの革とアンクルストラップのプレインなデザイン。 Aさんはこの履き心地がとても気に入り、履き心地をそのままに、天然木の木型に起こすことにしました。1013_02_w800
1013_01_w800
【木型をおこす?】
普段使用しているのはプラスチック素材でできた工房オリジナルの骨格木型。これに、オーダーのお客さまと同様の採寸をおこない、トレースやフットプリントの情報をもとにロウで各部位のサイズ調整をおこなっています。

このロウで調整した木型、生徒さんが「続けてもう1足これで製作するよ」、という場合以外は通常、次の生徒さんのためにロウをはがしてしまいます。
なんだか勿体ないですよね。けれどそんな時、保存版にしてぜひ自分専用にとっておきたいという場合は方法があります。それが、「木の木型におこす」こと。
フルオーダーのお客さまのように天然木の木型に置き換えて残すことが可能なんです。

これがあれば、来シーズンも安定した同じ履き心地のサンダルをこの木型で作る事ができます。

【 プレ本科ならではの専門的な体験 】- - - - - -
※プレ本科なら、この木型にロウで施す修正の作業を、マンツーマンで先生に教わりながら体験し学ぶことができます。自分の足について、靴について、実際の靴職人さながらに木型を自分で構築してみる難しさ、チャレンジしてみませんか? 靴づくり未経験の方でも、一つひとつ丁寧にお教えしていますので安心です。
自分の足について客観的に数値で見たり、特徴を詳しく知ることもできますよ。
◎詳しくはコチラ⇒プレ本科について
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


*--*--*--*--*--*--*
ストラップを「プロに付けてほしい!」というリクエストはこちらへどうぞ!

パンプスの専門家 靴の自作工房ヒロでは、市販のパンプスの履き心地調整もおこなっています!
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

bnr_resetting_185kb

課題のサンダル製作の途中

本科シニアコースの生徒さんです。課題で製作しているサンダルを見せていただきました。
自分の足に合わせて木型をサンダル用に修正してから用います。 ※前回の記事
同じひとりの足に作る靴でも、靴の種類がかわると、木型に求められるものはずいぶん違う。
このことを実際に作り分けながら学ぶから、木型についての理解がぐっと広がります
0917_2304_w700
そして完成したら、自分で履いて、実際に履き心地を斎藤先生と検証します。
0917_2307_w700
保存
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

facebook Twitter

靴の自作工房ヒロには、以下の3つのブログがあります。

趣味コースのブログ←現在ご覧のブログ


  ▙ history view
  (趣味コースブログの)


●靴職人の独り言

●お客さん紹介ブログ




ギャラリー
  • スマートフォン表示でのメニューバーを新しくしました。
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド

にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ
人気ブログランキングへ

  • ライブドアブログ