靴の自作工房hiro - 趣味コース

趣味コースやプレ本科、本科、木型講座のようす、受講者インタビューなどをご紹介しています。

セパレートパンプス

こんなパンプスが履きたい!とイメージして作る愉しみ

こちらは先日、製作途中をご紹介した生徒さん。 ※前回の記事
今日はこれを履いて工房へこられました。

【 完成したあとでも、履き心地調整の相談ができます 】
片方の踵のフィット感をもう少し調整したいとのこと。写真は履いてみた状態を前田先生がチェックしているところ。
1215_6421_w800
1215_6420_w800
じつは、原因にはおもいあたるところが・・・。
木型から外すときに強く引っ張りすぎたせいらしいのです。原因がわかっている分、同じ木型でも次の靴はもっといい仕上がりになるはず!今回は出来る限りの調整で対応することに。
1215_6415_w800
1215_6412_w800
【 気に入った木型でリピート製作 】
もう次の作品にとりかかっている生徒さんですが、このシャネルのマトラッセのようなキルト風ステッチのパンプス、とても気に入っています。なので、色違いでもう1足作りたいと計画中。

「次は、こんな感じにしたいなって思ってるんです!」と見せてくださいました。
ネイビーの革でブラウンのステッチ!
小さな革片ですでにステッチサンプルが作ってありました。サンプルでは裏糸が白っぽかったので、表と同じような濃い目のブラウンにしたほうがいいのかな・・・?これも完成が楽しみ!素敵そうです。
1215_6422_w800

【 パンプスの型紙の準備 】
写真の奥のほうにあるのはブラックの時にも使用した縦横のステッチのための型紙。一見おとなしいブラックややネイビーのスムースレザーでも、こんなふうにステッチが入るだけで素材の印象がまったく変わってくるから不思議です。
1215_6427_w8001215_6428_w800
手前の型紙を見ると、履き口に別パーツをあしらう仕様になっているのも見えます。「この履き口をぐるっと囲うテープ状のパーツ、踵側で出会うところにリボンをつけたいな。」考えたイメージを伝え、どんなリボンにしたらよいか、酒井先生に相談してみたのだそう。
それが、このあいだご紹介していた酒井先生のリボン講座になったらしいのです。

その時に詳しく教えてもらったリボン、けれど、酒井先生が「他にもこんないろんなのもできるよ」と他のリボンモチーフも見せてくださったら目移りしてしまって・・・幅の広い二重のリボンも華やかでいいなぁ・・・。と、まだ迷い中なのだそうです。酒井先生はこういったデザインサンプルの提案も数多く経験されてきた方。デザインやカラーアレンジの引き出しがたっぷり。
1215_6429_w800
1215_6431_w800
その気持ち、わかる!どっちもはずせないときって女子にはありますよね。
「どっちも素敵だなぁ、どうしよう・・・」って完成をイメージしてわくわくしたり悩んだりできるのも、自分で手間暇かけて作る工房ならではの愉しみです。
保存保存保存保存保存

シャネルのマトラッセのように・・・

ブラックレザーの表面には縦横にステッチが入っています。
製作途中の趣味コース生徒さんのものです。
ブラックレザーに施したステッチは、なんだかマトラッセ風。クラシカルな印象です。

そして内側サイドは履き口が大きく開いたセパレートのデザイン。かなりかっこいいパンプスになりそうです!
1021_5271_w700
1021_5274_w700
1021_5275_w700


保存保存

セパレートパンプスの製作途中をチェック

基礎コースの課題、セパレートパンプスを製作中の生徒さん。 ※前回の記事
斎藤先生に細かなポイントを確認してもらっているところです。

0404_8644_w570
0404_8645_w570
0404_8642_w570

一つひとつの工程で、どんな意味でこうするのか、位置がずれると、あるいは厚みがありすぎると、その後にどう影響するのか・・・等、パンプス作りには配慮しなくてはいけない大切なポイントが沢山あります

本科ではこれらを実際に作り、理解を深めていくのです。

アンクルベルトつき8cmヒールセパレートパンプス

趣味コースNさんはこれが4足目? 前回白いセパレートを作っていました。
今回はアンクルベルトをつけて!

型押しの革は難しいですが、綺麗に仕上がりました。
0402_9058_w700
0402_9040_w700
0402_9063_w5700402_9065_w5700402_9065_w570_02

セパレートパンプスの型紙を作って切り出し

こちらは本科、基礎コースの生徒さんです。課題のセパレートパンプスを製作中。
本科に入られる前には革小物を作ったりされていたということで、革包丁も自前のものだそう。

革小物を作られていたら、革の扱いなど慣れていらっしゃるんですね、靴づくりは習ってみていかがですか?と
伺ってみると、「(靴づくりの難しさは)革小物の比じゃないです、難しいです!」と、話してくださいました。
0326_8519_w570
0326_8520_w5700326_8521_w570

しかし、せっかく本科に入ったからには頑張ろうということで、出来る限り日にちをあけず通っていらっしゃるとのこと。どんどん課題もこなしていらっしゃるのだそうです。
ここの本科を選んだのも、ここなら働きながらでも学べる、工房のあいている時間ならいつも来られる、夜11時までやっているというのが有り難いのだそうです。

隣で作業していた数か月先輩の方は、「じゃんじゃんすすんでくるから、追い越されそう・・・焦りますよ!」と苦笑い。
本科生どうしだと隣席の進み具合は良くわかるから、良い刺激にもなりますね。

アンクルストラップセパレートパンプスをネイビー×ホワイトで!

趣味コースKさんの、これは4足目。 ※前回の記事
白のアクセントが効いたセパレートパンプスの完成です。飾りミシンの白も素敵です!

1015_0429_w700
Kさんの製作メモ&完成時の感想 】-----------------------
★製作のポイント・どんな靴にしたい?→甲の部分に穴飾りをつけたい。
★完成してみて
白で玉出しをしたことによりネイビーが映えて明るくなりました。アンクルストラップをクロスさせたので安定感もあり、よりかわいくなりました。全ては酒井先生のおかげです!
-----------------------
1015_0375_w700
1015_0376_w700
1015_0394_w700

本科基礎コース課題のセパレートパンプス

本科基礎コースの生徒さん。ホワイトレザーでセパレートパンプスを製作中です。
ちょっとでも迷うところは、斎藤先生にひとつひとつ確認してもらいながらすすめていきます。
0709_2256_w570
0709_2254_w570

本科基礎コースの課題、セパレートパンプスを製作中

本科基礎コースのHさんです。 ※前回の記事
プレ本科在籍中は、ご自身の足に合わせフラットパンプスを作っていらっしゃった方です。今は本科の課題としてセパレートパンプスを製作中。細かく定規で計りながら型紙を作っています。

0324_9937_w800
0324_9939_w800
0324_9938_w600

本科の生徒さんのセパレートパンプス

本科の生徒さんの製作途中をパチリ。セパレートパンプスにアンクルストラップが付くのでしょうか。
0204_9817_w800

本科基礎コースの課題靴、セパレートパンプスを制作中のようす

0127_02_w2800127_01_w2800127_03_w570
自作工房では趣味コースの生徒さんに混じって、本科の方もそれぞれの課題をすすめていきます。これはセパレートパンプスの課題。わからないところやデザインごとに注意が必要なポイントなど、先輩をみつけてきけるのもいいですね。
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

facebook Twitter

靴の自作工房ヒロには、以下の3つのブログがあります。

趣味コースのブログ←現在ご覧のブログ


  ▙ history view
  (趣味コースブログの)


●靴職人の独り言

●お客さん紹介ブログ




ギャラリー
  • プレ本科Nさんのローファー
  • プレ本科Nさんのローファー
  • プレ本科Nさんのローファー
  • プレ本科Nさんのローファー
  • プレ本科Nさんのローファー
  • プレ本科Nさんのローファー
  • スマートフォン表示でのメニューバーを新しくしました。
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
  • 秋を先どり☆彡グレージュエナメルにボルドーのリボン!
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド

にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ
人気ブログランキングへ

  • ライブドアブログ