靴の自作工房hiro - 趣味コース

趣味コースやプレ本科、本科、木型講座のようす、受講者インタビューなどをご紹介しています。

フラットパンプス

本科の生徒さんが自分用につくって履いているフラットシューズ

こちらは本科の生徒さんが履いていた自作のもの。可愛かったので(こっそり?)撮らせていただきました。
こういう甲のあきの広いフラットシューズ、自分の足に合わせて作れるなんて、いいなぁ!

0920_0863_w800
続きを読む

シンプルフラットが欲しくなる!

こちらは、2か月ほど前に撮らせていただいた写真。ご紹介が遅くなってしまいました!
これを作った生徒さんは、今頃はとっくに履いて楽しんでいらっしゃることと思います。
0716_9479_w800
それにしても、きれいな仕上がり!保存続きを読む

お持ちの靴と同じデザインで!

趣味コースのTさんです。完成した靴の感想を書いてくださいました。
0711_06_w800
【作ってみての感想】- - - - - - -
今回は、以前に海外で購入した靴と同じデザインの靴を作りました。
自分の足に合った木型で作ったので、とても履き心地がよく、お気に入りの一足になりそうです。
- - - - - - - - - - - - -

保存続きを読む

ランダムスタッズのフラット!

趣味コースのHさんは前回、ピンク色の革で履き口をお花みたいなスカラップにアレンジしていた方。これは 3足目の作品、フラットパンプスです。
前回と同じ木型にもかかわらず、色と使用を変えたら前回の作品とは全く違う印象の靴に! ※前回の記事
鋲をあしらいパキッとハードになりました。
1119_02_w900
- - - - -【Hさんの作る前メモ】- - - - -
普段使いのできる履きやすいフラットシューズでスタッズがアクセントになるように配置したい

- - - - -【完成してみて】- - - - -
スタッズのランダムな配置がうまくできた。イメージ通りの印象。
ミシンもようやく慣れてまっすぐにかけられた。かかとの位置が、吊り込みをしている最中に19mmのクギが下がってしまったため
低くなってしまったのが残念。中敷きをしてもらって、とても履きやすくなっている。

1119_03_w900
1119_04_w9001119_05_w900
Hさん、感想ありがとうございます!
つりこみの段階で外側のトップラインがぐっと下がってしまったので、脱やすくなってしまうのでは無いかと心配しましたが、完成後のパッティング(調整)でしっかりフィットした靴に仕上がっています。

これもオーダーパンプスの工房がやっている教室だから!
せっかく作った靴、履き心地の相談もきめ細かくできるのは、オーダー靴のノウハウをしっかり持っている工房だからなのです

Hさんはいつもシンプルだけどシンプルすぎず、デザインに遊びゴコロを加えた作品が多い生徒さん。
せっかく自分で作るんだから、とデザインや仕様も自分好みに、靴作りを楽しんでいらっしゃるのが感じられます。

次回はメダリオンの紐靴を作ります。どんなメダリオンになるのか、これも楽しみですね。

保存保存

革底のきれいなフラット

プレ本科のNさんは足が小さい方。市販の革靴はサイズが全く合わないのだそうです。
プレ本科では、
ご自身の足に合わせた木型でもうこれが3足目か4足目の製作になります。
この靴は以前に製作途中もご紹介していました。 ※前回の記事

プレ本科で、市販品では手に入れられない履き心地を自作でき、楽しんでくださっています!
1105_04_w800
1105_03_w800
製作した生徒さんのコメント】- - - - -
初積み上げにチャレンジしました。
たくさん先生の手を借りましたが、革の色と底の色合いがかわいい1足ができました。
積み上げ大変でしたが楽しかったです。

- - - - - - - - - -
1105_06_w800
1105_02_w800
【 木型をひとり一人に丁寧に合わせるということ 】
今回はフラットの一番小さい木型を選び、さらにふまずの距離を縮める修正をして作っています。
浅めのエグリの靴は、それだけでも足をおさえる条件が減るため、脱げやすくなってしまいますが、
この、ひとり一人の足に合わせて木型を調整することで、かなり浅めのエグリにしても、しっかり止まっています。

地道なことですが、靴の履き心地を丁寧に考えると、この『木型を調整する』という部分は、絶対外せない工程なのです。

【こだわりポイント:革底仕上げとヒールの積み上げ】
感想文の通り、今回は革底で、ヒールも積み上げに挑戦されました。
革底の仕上げ、革の積み上げは手間はかかりますが、そのぶん革靴らしさがいっそう引き立ち素敵な仕上がりになります。

【履き心地が気に入った木型で、リピート製作】
Nさんは次回も同じ木型を使い、もう一足リピート製作されるとのこと。
リピート製作したくなる靴ができてよかったですね!!!

保存保存

ダークグリーンのフラット、革底仕上げの途中

こちらの製作途中のフラットパンプス、革底仕上げの途中です。 ※前回の記事
靴底に使用する材質をレザーにするかラバーにするか等でも、靴の印象はずいぶん違ってきますね。

1012_5281_w800
1012_5283_w800
1012_5285_w800
1012_5286_w800

保存

スカイブルーのフラットシューズ、試着確認でした

先日靴のみ先にご紹介していたこのスカイブルーのフラット。 ※前回の記事
本科生の作品です。・・・というか、試着確認用なのだそうです。

今日は、実際に履いてもらい履き心地の確認をされていました。
1007_4897_w700
1007_4900_w700
1007_4901_w700
斎藤先生も一緒に確認し、どこに調整が必要なのか検討していきます。

キラキラでブラックパンプスがこんなに変わる!?

こちらは前回もローヒールを作っていらした趣味コースHさん。 ※前回の記事
今回は同じ木型なのに、素材の組合せを変えるとこーんなにイメチェンできるという好例ではないでしょうか!

ブラックレザーにゴールドカラーのスタッズを数種類ちりばめ、遊びを感じる1足です。
1001_4902_w800
1001_4909_w800
1001_4908_w700
Hさんはとても足幅が細い方。市販の靴だと足に合う靴探しはけっこう大変なのだそうです。
ここでは自分の足幅に合わせて準備されている木型だから、足幅だけでなく踵の大きさとかもきちんと生徒さんひとり一人に合っている靴が作れるのが自作工房の趣味コースの凄いところ。

さらに、オーダーだと難しいこんなスタッズ使いも、気分のまま!
どうですか、やってみたくなりませんか!?
これを見ていた「モノづくり好きの女子&男子」の皆さん、刺激されるんじゃないでしょうか。

完成まであと少し!
完成したら、実際に履いていらっしゃるところもぜひ拝見したいですね。

本科生の製作途中、スカイブルーのローヒール

こちらは本科生。履いたら気分もあがりそうなスカイブルーのフラットです。
本科生の場合、仕上がりの良し悪しもすごく気にされています。そのため、作品を写真撮らせてもらおうとすると「困ったなぁ・・・」という表情をされてしまうことも時々あります。今日もそのケース。

0924_4820_w800
とってもよく仕上がっているように見えるのですが、作る側からするといろいろ気になる点があるようなのです。
0924_4816_w800
0924_4814_w800
0924_4823_w700

製作途中のダークグリーンのローヒール

こちらも製作途中をご紹介。  ※前回の記事
深みのあるダークグリーンの革は生徒さん自ら選んで買って来られたものだそうです。
0923_4826_w700
自作工房の趣味コースだからこその贅沢なポイントは、オーダーのお客さん用に展開しているモデルの木型を、趣味コースでも使わせてもらえること!

オーダーでも人気のフラットパンプスの木型を、趣味コースでなら好きな素材を選んで自分で作ってみることができるんです。
0923_4827_w700
0923_4824_w700
保存保存保存保存保存
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

facebook Twitter

靴の自作工房ヒロには、以下の3つのブログがあります。

趣味コースのブログ←現在ご覧のブログ


  ▙ history view
  (趣味コースブログの)


●靴職人の独り言

●お客さん紹介ブログ




ギャラリー
  • 本科の生徒さんが自分用につくって履いているフラットシューズ
  • 本科の生徒さんが自分用につくって履いているフラットシューズ
  • 本科の生徒さんが自分用につくって履いているフラットシューズ
  • 本科の生徒さんが自分用につくって履いているフラットシューズ
  • 息子さんにリクエストされたもう1足
  • 息子さんにリクエストされたもう1足
  • 息子さんにリクエストされたもう1足
  • 息子さんにリクエストされたもう1足
  • 革の質感を楽しむ内羽根
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド

にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ
人気ブログランキングへ

  • ライブドアブログ