靴の自作工房hiro - 趣味コース

趣味コースやプレ本科、本科、木型講座のようす、受講者インタビューなどをご紹介しています。

ローファー

紳士用ローファーのヒールの積み上げ

何度か製作途中をご紹介している生徒さんです。 ※前回の記事
今日はヒール部分の作業にとりかかっています。
0118_7210_w800
0118_7205_w800
革包丁できれいに形を整え、きれいに仕上げていく作業です。天然の革を切ったり磨いたりする地道な作業です。けれど、こんな切りっぱなしの革の断面も、仕上げで手間暇かけて丁寧に磨いていくと美しい艶が出てくるのです。楽しみですね。
0118_7208_w800
0118_7209_w800保存

モカのステッチと穴飾りがアクセント!

こちらもまだ完成前の作品です。前回はつり込み前の様子をご紹介していました。※前回の記事
現在はつり込みがおわり、この後は底付けの仕上げに。
1219_6482_w800
白い糸でアクセントにしたモカのステッチもとても丁寧。穴飾りの内側も同じ白い背景にしています。
こういうディテールを一つひとつ丁寧に仕上げていくことで、出来上がった時の完成度がぐんと上がってきます。
1219_6480_w800
1219_6479_w800

ローファーの履き心地調整を斎藤先生と検証中

こちらはシニアコースのSさん。履いているのは前回製作中だった、おじ靴なブラックのローファー。
 ※前回の記事    ※前々回:インタビューはこちら
じつはこれ、シニアコースの課題でした。

だから『完成して終わり!』ではありません。
1101_5361_w700
シニアコースの目的は作ったものを実際に履いて、その検証まで。
大量生産品の場合と違い、きれいに形が仕上がっても、それだけではダメなんです。というか意味がない。
1101_5367_w700
1101_5357_w7001101_5359_w700
履き心地の確認が重要です。もちろん歩いた時の状態も。
そのうえで、どこか履き心地に気になるところはないか、ちゃんとフィットしたものが作れているか、問題があるときには何が原因だったのか、どうすればよかったのか等・・・検証するポイントが盛りだくさんです。

むしろ、この検証をしたいから作っているともいえるのです。
斎藤先生と一緒に検証していきます。
1101_5365_w700
このようなシニアコースの内容は、製靴経験者だったら誰でも理解できるという訳ではありません。専門性の高い分野です。木型から足に合わせるトレーニングをマスターコース(パンプス)で何足も経験しているからこそ、斎藤先生とできる話でもあります。

靴の種類が(例えばパンプスからローファーに)変わった時、どんなふうに靴と足の関わり方が変化するのかも、自分で履き心地を確認するからこそよくわかる。
また、不具合があった時の対処方法も靴の種類が変わると違ってきます。
その意味や手順についても、分業ではなく自分で木型構築から仕上げまで通しで携わっているからこそ見えてくるのです。
1101_5369_w700保存

本科の課題ローファー製作中です

本科のSさん、マスターコース時にはインタビューもさせていただいた方です。 ※前回の記事
これはシニアコースで課題となっているローファー製作。
作る靴の種類は「ローファー」と指定されているのですが、どんなローファーにするのかは生徒さんの自由なんです。

1014_5213_w800
1014_5207_w8001014_5170_w800
1014_5208_w800
自分で履いてみたいという好みで作る方もいれば、何か技術的にテーマを設ける方など、どんな風に作るかは生徒さん次第。今回はどんなテーマで作っていらっしゃるのでしょう?

だんだんとローファーのかたちになってきました

趣味のコースの生徒さん。丁寧なイラスト入りで製作メモを作っていらっしゃいます。 ※前回の記事
前回はまだ木型にもはまっていない、パーツの状態をご紹介したのですが、徐々に靴のイメージがみえてきました!
1009_5173_w700
1009_5172_w700
1009_5171_w700
モカのステッチ、白い糸がアクセントになって素敵です。
保存

今度はローファー製作に挑戦

前回型押しでダナー風の外羽根を製作されていた生徒さんです。 ※前回の記事
次に取り掛かるのはしぼのきれいなネイビーの革で、ローファー。

アクセントに穴飾りも施されています。
0822_2026_w800
0822_2025_w800
0822_2029_w800
これからミシンをかけてモカのステッチを入れていくのだそうです。
保存

4cmヒールのローファーパンプス

プレ本科のNさんです。 ※前回の記事
お持ち頂いた写真を参考に、4cmヒールのローファーが完成しました!
前回はつり込み途中の様子をご紹介していた靴です。
0722_02_w700
0722_04_h7000722_03_h700
難しかった製甲もがんばりました。前回作った靴も参考に履き心地もアップ!
黒いローファーって男性的なイメージになりそうですが、ヒールがあるだけでこんなにぐっと女性らしいシルエットになりますね。穴飾りとあしらったキルティタンのアクセントで、クラシカルな雰囲気に仕上がりました。
次はフラットのパンプスを作る予定です。

ネイビー一色のローファー

本科生の方です。前回はまだこの靴、木型製作の途中だったものです。 ※前回の記事
あの木型から、こんなふうに形になってきました。
0717_1226_w570
0717_1224_w800

こちらは本科生のnavy&white!

本科のシニアコース課題の靴だそうです。 ※前回の記事
女性らしい、ヒールのあるタイプのローファーは、さすが本科生だけあって仕上がりがとってもきれいです!

0713_1211_w800
0713_1213_w800
0713_1214_w800
こんなにきれいに仕上がっているのに、まだまだ納得いかないところが沢山あるのだそうです。
一体どこが!?・・・全然わかりません!!
0713_1179_w800
0713_1173_w800
0713_1187_w800
0713_1189_w800
保存

ローファーの型紙つくり

こちらは本科。シニアコースの生徒さんと斎藤先生です。
課題のローファーの型紙について、斎藤先生と質疑応答中。

0625_0908_w570
マスターコースですでにパンプスの型紙作りは熟知している生徒さん。
だから、靴の種類が変わる事でのポイントに、要点を絞った解説ですすめていきます。
0625_0908_w1000
0625_0910_w700
0625_0912_w700
0625_0913_w1000
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

facebook Twitter

趣味コースのブログ←現在ご覧のブログ

●靴職人の独り言

●お客さん紹介ブログ
ギャラリー
  • 羽根のあるパンプス
  • 羽根のあるパンプス
  • 羽根のあるパンプス
  • 羽根のあるパンプス
  • 羽根のあるパンプス
  • 初めて作った8cmヒールパンプス
  • 初めて作った8cmヒールパンプス
  • 初めて作った8cmヒールパンプス
  • プレ本科で初めてのパンプスつくり
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド

にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ
人気ブログランキングへ

  • ライブドアブログ