靴の自作工房hiro - 趣味コース

趣味コースやプレ本科、本科、木型講座のようす、受講者インタビューなどをご紹介しています。

8cmヒール

足を入れた瞬間の感動は大きかったです!

趣味コースのOさん、これが初めての作品です。ヒール高8cmのピンヒールパンプス。1013_01_w800
【作ってみての感想】- - - - - - -   ※前回の記事
初めての靴が遂に完成しました!!
ミシンや型取りなどの細かい作業からトンカチでの力仕事など全てが色んな技術必要な作業で難しかったのですが、
続きを読む

8cmのピンヒールパンプスを色違いでもう一足!

趣味コースSさんです。
以前にもバックルをアクセントに、ピンヒールを製作されていました。 ※前回の記事

今回はダークカラーで色違い。
0925_04_w800
靴本体をマットな質感の素材で作ることで、バックルの光沢がより印象的に。
素敵に仕上がっています!続きを読む

初日から痛くない!

こちらは趣味コースのKさん。前回は製作途中だったスエードの8cmヒールパンプス。
  ※前回の記事
ご紹介が遅くなってしまいましたが4月初旬に完成し、感想を書いてくださいました!
★「タグ:スエード
で他の生徒さんのスエード作品もご覧いただけます。
★「タグ:8cmヒール
なら、8cmヒールの製作例も見られますよ ♪
0504_11_w800
製作:8cmヒールパンプス(黒×緑×グレージュ)
【作る前メモ】- - - - - -
グリーンのスエードの革が気に入ったので、それが引き立つデザインにしたいと考えました。

【完成してみて】- - - - -
スエードは気を付けていてもラバーなどが付着してしまい、扱いが難しかったです。
早速履いてみましたが、既製品の靴と違って、初日から痛くない(!)
当たり前のことが嬉しかったです。
- - - - - - - - - - - -

Kさん、感想ありがとうございます!
Kさんはこれが趣味コースで初めての製作。

デザインもプレーンではなく、穴飾りや複数色の組み合わせ、素材も扱いに気を遣うスエードと第1作目にして、いろいろ挑戦されているにもかかわらず、すごくきれいに仕上がっています!
0504_07_w800
0504_09_w800
ハイヒールパンプスがこの仕上がりで、しかも自分の足にぴったり合うよう履き心地も追求できる・・・自作工房趣味コースならではの愉しみ方です。


本格的なオーダーパンプスのノウハウを、趣味コースでも活かした靴づくりをしています。だから、趣味コースの方でもそのエッセンスは作りながら学ぶことができるのです。
(※もっと本格的に、木型についても学びたいという方はプレ本科がおすすめです ♪ )
0504_01_w800
0504_05_w800
中敷きの穴飾りなども凝っていて、ディテールまで気を抜かずに仕上げていらっしゃるのがうかがえます。
0504_06_w800
保存保存保存保存保存保存保存保存保存

初めて作った8cmヒールパンプス

趣味コースのUさんです。シンプルな8センチヒールパンプスが完成しました。これが趣味コースで第1足目の靴です。
自作工房へは、すでに通われている生徒さんのご紹介で来てくださったかたです。
0314_01_w900
足幅が広めでなかなか市販のパンプスでは合うものが見つからなく、パンプスはあまり履いていらっしゃらないとのこと。
「履ける靴が作れるなら!」ということで、初回から気合いの8センチヒールを作ることに。
0314_02_h9000314_03_h900
完成後、早速履いてみていただくと、フィッティングでは右足がゆるい…?
履いた状態を確認しつつ話をうかがっていくと・・・昔右足をひどく捻挫したことがあるということ。このせいか、関節の動きがかたくなっている様子です。
今回は斎藤先生がパッティングである程度調整をおこなうことで、完成となりました。

パンプスの履き心地にはフィット感がとても重要。このため、プロが作るフルオーダーの場合でも「専用の試着靴」を1足つくり、履き心地確認のうえで本番を作るほどの手間をかけています。

そういう意味では、趣味コースでつくる第1足目も、履き心地を追求するのであれば、いわば「試着靴」のような位置づけで見ることができます。

Uさんは次回も同じ木型でリピート製作の予定。
だから今回の結果をふまえて木型をもう一歩カスタマイズすることに。

趣味コースですので、木型の調整は斎藤先生が行ってくれます。
よりよい履き心地になる2足目も楽しみです!

プレ本科で初めてのパンプスつくり

プレ本科の生徒さんです。靴づくりはこれが初めての経験。
自作工房を選んだのは、
「パンプスを作れるところを探しました。
」とのこと。みなさん、最近はインターネットでもじっくり内容を比較検討してから選んでいらっしゃるんですね。
0313_8035_w800
今作っているのは8cmヒールパンプス。講師の前田先生に一つひとつ、解説してもらいながらすすめていきます。写真はシャンクのカタチを靴に沿わせる工程。ハンマーを使います。

力を入れて振り下ろすから間違えて指をたたかないよう、持ち方や抑え方などもアドバイスを受け、用心しておこないます。
0313_8040_w800
踵にワンポイントの配色。素敵なアクセントになっています。
0313_8041_w800
保存保存

走れるパンプスが出来てビックリです!

足の小さいことで、今まで履けるパンプスが無いと話してくださったIさんです。 ※前回の記事
前回は完成直前、ヒールを取り付ける準備をご紹介しました。今回は完成時の感想をご紹介。
0219_03_w700
0219_04_h8000219_08_h800
【Iさんの作る前メモ】---------
足が小さく、歩けるパンプスがなかったのでまずは歩くことができるパンプス。


【完成してみてメモ】---------
時間をかけられない、ボンドを使った工程が複数の作業をしていくのが難しかったです。
今回は初めての靴づくりなのですべてが新鮮で楽しかったです。もっとポインテッドにすればよかったかな、とか、色々次に生かしたい事がありますが・・・次に作れる日がいつになるのでしょうか・・・(^^;
走れるパンプスが出来てビックリです!
HPに書いてあることは本当でした。
------------------

Iさん、感想ありがとうございます! 
ブラックパンプスにピンヒールはスタック仕様の組み合わせ。すごくかっこいい仕上がりに!
履き心地も、今まで市販のパンプスでは苦労されていた分、自分の足に合わせて木型を用意した初めての履き心地、実感されたのではないでしょうか。良かったですね~。

【自作工房が他の靴教室と違うのには理由があります】

自作工房の趣味コース・プレ本科でつくる1足目は、フルオーダーのお客さまで例えれば「お客さま専用試着靴」のような感じ。
(同じ木型で)2足目を作るときに、この1足目の履き心地を参考にすることができるからです。
その場合は、先生といろいろ相談しながらすすめます。

工房によっては作ることも避けられることのある『ハイヒールパンプス』。その木型で、リピート製作時に履き心地の相談まで可能なのは、この工房がオーダーパンプス専門の木型構築技術を持っているから。

その技術者の養成も本科で行なっています。どの木型をどんな基準で選び、どのように扱うか・・・これらは工房代表の斎藤が研究を重ねてきた自作工房の独自技術。だから、他の靴学校では習うことはできません。
そのエッセンスを全くの初心者でも習うことができる、自作工房の趣味コースとプレ本科はちょっと贅沢なクラスでもあります。

【作ったあとに大切なこと☆彡 】
それから、作ったあとに大切なこと。
ながく履き心地をお楽しみいただくために、パンプスは型崩れをできるだけさせないよう、気を付けてあげてください。コツは2つ。
◎できれば同じパンプスを連日履いたりせず、一日履いたら数日休ませてあげること。
◎休ませるときはできるだけシューキーパーを使い、形を整えてあげること。

靴は天然の革製品だから、休ませる間に、汗などの湿気を乾燥させながら、履き癖をリセットしてあげることが大切なんです。
これは、オーダーのお客さまにもお話している重要ポイント。
0219_05_w800
保存保存保存

京都からプレ本科に

こちらの生徒さんはこれが初めての靴製作。本格的に学んでいくかどうかも考えながら、まずはプレ本科で1足作ってみることにされました。 ※完成時の記事はこちら
そもそもが足が小さく20.5cm。ハイヒールがお好きで普段ブーツやサンダルもヒール高10cm以上のもをよく履いていらっしゃる方です。ハイヒールパンプスをフルオーダーでやっているところってなかなかなくて、インターネットで探して見つけてくださったのだそうです。
0212_7356_w800
0212_7313_w800
「ブーツやサンダルならまだ何とかなります。お店で選べるけれど、甲のあきの大きなプレーンパンプスの場合だけは、どうしても自分の足に合うものが見つけられなくて・・・。すぐ痛くなるから履き続けられないし、歩いていると、ポーンって靴だけまえに飛んじゃうときもあります。」と話してくださいました。

「だからといって、甲のところにストラップがあるものは履きたくないんです。こう、(ストラップの)線が横切るのは好きじゃないので。」

・・・その気持ち、わかります。そういう話は、ここにパンプスをオーダーに来られる方からもよく聞く話。ストラップが甲のところにあるだけで全く雰囲気の違う靴になってしまうんですよね。
0212_7321_w800
0212_7319_w800
写真は、製甲がおわり、底付けの準備をしている様子。
写真に写っている手元、ネイルはご自身でされているのだそう。プロ級の腕前だけあって、靴の製作作業も細かいところまで丁寧にされているのが印象的でした。
講師の前田先生も「おっ、きれいに塗れてますね。」とチェック。

0212_7343_w800
0212_2579_w800
0212_2600_w800
0212_2614_w800
0212_7345_w800
今回は、初めての製作ですが完成したら早速使いたいから、と堅実に色はブラックで。
ヒールは工房で昨年秋から選べるようになったピンヒールをセレクトされました。同色の革で巻く場合が多いのですが、スタックヒールにしたいとの希望で写真のような感じに。これはまだ途中段階ですね。
完成が楽しみです。保存保存保存保存保存保存保存保存保存

リピート製作の8cmヒール片側セパレートパンプス

この片側セパレートのかたち・・・以前にご紹介したことがあるのですが、今回は別の生徒さんです。
1222_01_w800
以前にご紹介したブラックレザーのタイプの、製作途中を見た他の生徒さんが、
「(私も)次これ作りたい!」と、製作されたものです。 
こちらはグレーにキラキラとシルバーラメがはいった革☆彡

写真では見えにくいですが、こちらはピンヒール仕様になっています。
1222_05_w600
1222_03_w800
こういう素材は、履いて歩いた時の光の加減でキラキラがより映えますね。
そして、セパレートになっている内側履き口の縁とヒール巻の色は本体よりワントーン明るいシルバーに。同系色の濃淡でさりげないアクセントに。
踵にあしらわれているループは・・・もしかしてアンクルストラップのようなアレンジも計算してのことでしょうか?
どこに履いていこうか、楽しみになりそう!! 
保存

メタルパーツとスエードの組み合わせ!

こちらも趣味コースの方の作品です。まだ製作途中で、これからヒールを付けていくところです。
スエードはマットな質感があたたか味を感じさせます。これからの季節にぴったり。

そして、このマットなfog blue(フォグブルー:深い霧のような、青みを帯びたグレイのことです)にメタルパーツのきらりとした光沢がいっそう引き立っています。おとなっぽい仕上がりになりそう!!
1020_5253_w800
1020_5255_w800

こんなこだわりの1足、自分の足にぴったりの木型でつくれたら、出かけるのもほんとうに楽しくなりそうです!

* * * * * * * * * * * *
【履き心地へのこだわり】
履きごこちにこだわりながら、自分の好みのパンプスを本格的に作れる、パンプスを得意とする自作工房の趣味コース&プレ本科ならではの贅沢は、こんなところにあります。

【遠方からも学びに来られています】
都内だけでなく千葉の外房方面や、静岡、関西などの遠方からも探して学びに来られている自作工房。
近年は海外からも1足作ってみたいと勉強に来られた大学生の方もいらっしゃいました。初心者だけでなくじつはプロの指導者の方も『木型について詳しく学びたいならココ。』と、探して習いに来られています。

【工房の1Fは足に詳しい専門家がいる治療院!】
1Fにある治療院 馬喰快歩堂は、経験豊富な理学療法士が足についての相談もお受けしています。
ここで相談をお受けするのは、工房のプロ向けクラス『本科』でも学んだフットケアトレーナー。
パンプスにも詳しいので安心してご相談いただくことができます。
巻き爪や外反母趾などの悩みもお気軽にご相談下さい。
(※馬喰快歩堂(ばくろかいほどう)は自作工房とは営業時間・予約受付が異なります。ご注意ください。)

【履き心地もチェックしてから作れる?】
定番のブラックパンプスから、ペタンコのフラットまで、初心者でも安心して作る事が出来ます。
本物の工房で1足製作してみませんか?

どんな履き心地の靴になるかは、試着靴(実際に工房で使用しているオーダー用のサイズサンプルで)で試着体験してみることもできます

★ご希望の方は、見学予約のコメントに、『サイズサンプル履いてみたいです』とぜひお書き添えくださいね。
* * * * * * * * * * * *

穴飾りを配したデザインのパンプスに

ハイヒールが好きで、繰り返し作っていらっしゃる生徒さん。 ※前回の記事
幅狭のハイヒール用木型で、ご自身の足にぴったりの8cmヒールパンプスを作っていらっしゃいます。
今回も、同じ木型を使用し素材やデザインを変えてリピート製作。
そばで講師のMさんが見守っています。

1004_4936_w700
1004_4938_w700
1004_4933_w700
今回は穴飾りなどを配し、切り替えがあるデザイン。型紙もプレインパンプスよりはちょっと手間が多くかかりますが、その分完成も楽しみになりそうです!
保存
靴の自作工房ヒロのホームページへジャンプします。
tel:03-6231-1871
東京都中央区日本橋横山町5-18

facebook Twitter

靴の自作工房ヒロには、以下の3つのブログがあります。

趣味コースのブログ←現在ご覧のブログ


  ▙ history view
  (趣味コースブログの)


●靴職人の独り言

●お客さん紹介ブログ




ギャラリー
  • カーキの濃淡が印象的なサドルシューズ
  • カーキの濃淡が印象的なサドルシューズ
  • カーキの濃淡が印象的なサドルシューズ
  • 趣味コースで初めての1足に挑戦中
  • 趣味コースで初めての1足に挑戦中
  • 趣味コースで初めての1足に挑戦中
  • 趣味コースで初めての1足に挑戦中
  • デザインをかえながらローファー第3弾
  • デザインをかえながらローファー第3弾
月別アーカイブ
記事検索
タグクラウド

にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ
人気ブログランキングへ

  • ライブドアブログ