e motion staff blog


東京 大田区の小さなちいさなクルマ屋さん
e motion   イーモーション

エコカーとエコプロダクツを扱う 環境に配慮したライフスタイルを提案するショップの日々の出来事など........

EQS

皆さま こんにちわ
e motionスタッフの水野です

今年は元の大型連休に...
って思っていましたが
昨年と変わらずゴールデンステイホームウィークって感じですよね
一人ひとりの行動が皆の生活にって想いで
大切なあの人の為に早く普段の日常が戻るのを願うばかりです

そんな今日は先ごろ発表になった
期待の大型ニューモデルの話題を...

まずはそのクルマの画像から↓

mb-eqs





メルセデスベンツのEQS
EQを名乗るって事で
BEV(電気自動車)ですね

メルセデスブランドではSクラスに該当するモデルですから
トップレンジというか最上級レンジでしょうか

つい先日 日本でも発売になった新型Sクラス
EQSはちょっとクーペライクなスマートなボディデザインで
室内も更に近未来的なイメージ

一充電当たりの航続距離も770Kmと
充分以上の実用車となっており
噂では更に高性能なAMGモデルも開発中なんだとか

これはもうテスラ等もそうですが
次期モデルからEVのみとなるジャグァー等も
かなり脅威となりそうな予感

以前 日本導入間もない頃のEQCに乗った事が有るのですが
短時間のドライビングでもメルセデスらしさが感じ取れる
これは内燃機関が無くてもベンツはベンツ?
って思える一台でした

今回発表になったEQSでは
更にトップレンジのクルマとしての
痒いところに手が届く的な装備も多くあるでしょうから
気になるところですね

未来の高級車はどんなクルマになって行くのか
そういった最初の一歩になる一台になるのではないでしょうか...


応援クリック宜しくお願いいたします!


e motion   イーモーション

emlogo

燃費基準達成&低排出ガス車ステッカー

皆さま こんにちわ
e motionスタッフの水野です

あっという間に新年度も後半に...
例年なら(一昨年までなら)
そろそろGWの大型連休の予定を楽しみになるころですが
今年は(今年も)そうはいきそうにないですね...

今朝は昨夜の嵐がウソのような青空の中
早起きして所用の為 都内をドライブ
強風で散って舞う花びらの中を駆け抜けてきました
(何年振りだろう? 愛車のサンルーフを開けてみました)

そんな今日は新年度になって以降
つまり4月1日以降に製造のクルマから廃止になった
アレの話題を...

何かというとコチラ↓

teikougai-sticker






燃費基準達成・低排出ガス車 を示す
星のマークが並ぶステッカー
トヨタ自動車は今月製造の車両から貼り付けをしていないそうです

ホンダも近日中に廃止の方針とか

なんでも昨年12月に所管する国土交通省からのお達しで
車両後部の外部にステッカー貼り付け
もしくはホームページやカタログへの掲載
どちらかでOKとなったので
両社は廃止としたそうです(カタログとホームページに掲載のみに)

まぁ私自身は剥がしてしまうタイプの人間ですから
あまり影響無いのですし
今年度以前に製造のクルマでも
車検証に記載があるので
優遇税制などの措置は問題ないそうです

製造コスト(ステッカー代や貼り付け手間賃)には
若干の影響はでそうですよね
チリも積もればナントカってやつです...
あまりEV(バッテリーEVと言われる純電気自動車)に
懐疑的だったというか乗り気でなかったトヨタですが
先ごろ日本でも限定数量で発売されたレクサスUXのEVや
市街地など都市部の小型モビリティのEVなど
ここぞというカテゴリーには導入のようですから
今後の展開に期待できそうです

トヨタが積極的にEVに取り組めば
充電設備などのインフラや税金や車両価格等の問題も
一気に解決しそうなのですけどね...


応援クリック宜しくお願いいたします!


e motion   イーモーション

emlogo

スピンドルボディ

皆さま こんにちわ
e motionスタッフの水野です

4月最初の日曜日は
強風と雲のあいにくの天気でしたね
春休み最後の日曜日となったようですので
お出かけには気持ち下向きな一日でしたでしょうか...

我が家ではベランダのアイリスの花が今にも咲きそうになり
季節が変わったことを知らせているようです

そんな今日は先日発表になった新型車の話題...
レクサス(トヨタ)が新たなEVを発表と言うので
ちょっぴり興味がありましたが
現段階ではコンセプトというネーミングなので
市販一歩手前という感じでしょうか

でも発表された画像を見ると
かなり現実的なもので
このまま発売されたら
かなりの注目を集めることでしょう

で...
注目と言えば
近年のレクサスのアイコン
スピンドルグリル

EVの場合は
冷却の為の重要性がそれほど無いので
(バッテリーやモーターの冷却系はコンパクトに出来るので)
大きな開口部のグリルは必要ないのですが
さてどうしたかと思っていたら...

lf-z-concept






見た目にでスサスというポイントを押さえつつ
ボディと一体化をしたスピンドル風のフロントマスク
新たにスピンドルボディのネーミングを与えられて
新たなレスサスのアイコンとなった感じです

あまりEV(バッテリーEVと言われる純電気自動車)に
懐疑的だったというか乗り気でなかったトヨタですが
先ごろ日本でも限定数量で発売されたレクサスUXのEVや
市街地など都市部の小型モビリティのEVなど
ここぞというカテゴリーには導入のようですから
今後の展開に期待できそうです

トヨタが積極的にEVに取り組めば
充電設備などのインフラや税金や車両価格等の問題も
一気に解決しそうなのですけどね...


応援クリック宜しくお願いいたします!


e motion   イーモーション

emlogo

マッキントッシュ!

皆さま こんにちわ
e motionスタッフの水野です

先週の土曜日の春の嵐に続いて
今日も雨風強い一日でしたね
都内の桜も見頃だそうですが
花散らしの雨とならなければよいのですが...

そんな今日は先日発表になった新型モデルの話題を...

33年ぶりに戻ってきた
アメリカのジープ・ワゴニア

クラシカルな以前のワゴニアも良かったですが
今度の新型はモダンなデザインの中に
先代のイメージも取り入れた
最新の高級SUV市場のトレンドに沿ったクルマでしょうか

先代モデルは
そのボディデザインから
私のような仕事(ボディの磨きやコーティング)の者にとっては
少々厄介な一台でしたが
私個人的には好みのアメリカ車の一台でもありました

サイドのウッド調のデコレーションパネルや
ワイルドな中にもエレガントな雰囲気のある内外装
そしてアメリカ車らしい大排気量の力強い走り

今度の新型ワゴニアは
現代的な解釈で高級&エレガントはグレードアップ
パワートレーンはマイルドハイブリッドなどもあり
環境面でもぬかりな無しって事でしょうか
もちろんジープファミリーですから
トレイルホークのような硬派なオフロード性能のモデルも期待できそうですね

そんな中
私の注目は内装の写真にあった
ググッときた装備...

wagonier2021-1




通常はフルデジタルスクリーンの
モダンなインテリア

で...
センターの液晶パネルをオーディオ画面に切り替えると↓

wagonier2021-2







マッキントッシュオーディオの操作パネルに変化

なんとも懐かしいというか
往年のマッキントッシュのイメージそのままにデジタルな最新装備
アナログの針が動くブルーのパネルがなんとも良い感じだしてます...

こういった細かな部分のデザインや
手で触れる部分の感触など
高級車には絶対に必要なことですよね...

応援クリック宜しくお願いいたします!


e motion   イーモーション

emlogo

上級移行?

皆さま こんにちわ
e motionスタッフの水野です

3月になって最初の日曜日
天気予報より気温が上がらなかったような気がしますが
東京の桜の開花予想も15日頃となっているようですから
春近しって感じでしょうか...

そんな今日は先日発表になり
春先には発売予定の新型車の話題を...

話題の主はコチラ↓

honda-vesel1






新型 ホンダ ヴェゼル

2世代目となるホンダの人気コンパクトSUV
フィットがベースですから
トヨタのヤリスクロス 日産のキックス
マツダのCX-3等が対抗馬という感じでしょうか

個人的には先代(初代)ヴェゼルの内装
コンソール周辺やシフトレバー付近のデザインは好みです

で...今回の新型
まだ車両価格は判明してませんが
車格が上がった?かと思うほど変化しているように思えます
デザイン面もそうですが装備や質感
コンパクトカーとは思えぬサイズ感

最新の運転支援システムとコネクテットシステム
初代モデルの大ヒットもあるのに
保守的なキープコンセプトにならずに
最近のトレンドも取り入れつつの大幅進化

ハイブリッドシステムの進化もありますが
ホンダらしい走りの部分にも期待してしまいます

ちなみにリアスタイルはこんな感じ↓

honda-vesel2






横一文字に点灯するランプからでしょうか
はたまたフロントのライト周りのデザインからでしょうか
一部ではCX-ハリアー等と言われてますが
フェンダーのプロテクターや
リアドアのノブの位置など
初代モデルから継承された部分も多くあり
ヴェゼルらしさも細部にはありますよね

はてさて
これで各メーカーが新型にスイッチした
このサイズのSUVですから
選ぶのも迷いますね...

先行して公開中の新型ヴェゼルのサイト


応援クリック宜しくお願いいたします!


e motion   イーモーション

emlogo
プロフィール

e motion



月別アーカイブ