お菓子や納豆で世間が騒がしい。

この2つの問題の共通点。それはあとからあとから次々にボロがでてくるところだ。

不二家の場合は、やれ賞味期限切れだの金属片が入っていただの。

納豆の場合は、やれ流通側に情報リークだの実験データの捏造だの。


あとからあとから問題が出てくるってことは、常習的に悪事を行ってきたって証拠であるわけで、しかもそれが改善されてなかった証拠でもあるわけだ。

なんつーか、激しく企業のコンプライアンスへの取り組みを疑いますね。

現場担当者にしてもさ、バレたときのリスクを考えようよ。組織に属する者として、母体集団のイメージ下げるようなことは止めたほうがいいってば。

もちろん、コンプライアンス守ってれば何してもいいってわけじゃありませんよ?
社会ってのは人間の集団から成立するんですから、モラルも当然大事です。
中には「うちはコンプライアンス守ってぎりぎりのラインで金儲けますけど、何か?」みたいな、モラルはわりと捨てて挑戦的な戦法をメディアに対して取っていたホリエモンみたいなのもいましたけど……まぁ彼は結局コンプライアンスも守っていない側の人間だったみたいですけどね、残念ながら。

(っと、いくら無料版とはいえ、うちはライブドアブログだったわ。まー関係ないけど・笑)

「あるある大辞典」もさ、もう番組止めたら?って感じ。ちょっと長すぎたね。扱ってるテーマだって“ダイエット”か“健康”、あとは“その他”の3つぐらいしかないんだし。

もっと単純に文句言えば、

「俺、夕飯では必ず納豆食べるんだからな、ふざけんな!!」

ってタイプの視聴者・消費者は大勢いるだろうさ。国民なめんな。


あ。ケイザイ学部生の俺としては、不二家の行く末は気になるところです。
自力再生はキツイとにらんだ業界内では“ペコちゃんブランド”の奪い合いがはじまるでしょう。お菓子業界が1つブランドを育てるには莫大なお金と時間がかかりますからね。全国のスーパーに“ペコちゃんブランドの空き棚”を持ってる不二家をのっとりたいと思ってる企業は多いはず……果たして!?