慧-Style

何もかにもが備忘録・・

ブログネタ
忘れられない旅の話〜国内編〜 に参加中!
もちろん日本酒!

059057




073070



065
067


071063


ぶらっと立ち寄ったお店は『いなせや』
地元京都の食材を使った
お料理がいただけます。
特に村田地鶏を使った鶏料理の数々は
此方でしか味わえない逸品!
そして 日本酒!!〜!

075

077


ブログネタ
日々徒然 に参加中!
003

年年歳歳一年があっと言う間に把になって飛んで行く感じがします
昨年の巳であれ程早かったのだもの 今年の干支が午とくれば
言はずもがなの速さかなと思うと新年早々先が思いやられて困ります
まあ〜2014年初っ端からぼやいてみても始まらないので
気分だけでも緩緩と身近な幸せを見つけて感謝しましょう・・
先ずは健康でありがとうさんです。
どうぞどちら様にとっても良いお年でありますように!

ブログネタ
忘れられない旅の話〜国内編〜 に参加中!
2013年がいよいよ終わりになりそうで、月日の速さに置いてけぼりを食ってます。
十一月の初めに思いがけず箱根に出かけて箱根の湯と美味と語らいに大満足の次は
群馬の四万温泉へ!日ごろブツクサ言ってる割には好き勝手に温泉三昧じゃない?・・
と言われそうですが まあ〜行き掛かり上そんなこんなに相成ったわけです
112

四万温泉って今回がお初では無くて大昔大学のゼミ合宿で訪れているのですが・・
殆ど記憶が曖昧。木造の旅館の部屋の出窓の手すり越しに下の川沿いにある露天風呂が
見えてそれが男女混浴で吃驚したことだけが印象に残ってて何しろ鄙びた温泉だったような・・
上野から新特急草津号とやらに乗って出かけたのですが、この新特急最近には珍しく
窓が開くのです。お陰で車中に籠ってる臭い退治が出来て目出度しでした。

126


132

そして四万温泉で選んだお宿はあの千と千尋の神隠しのモデルの一つになった積善館

137


138


この赤い欄干とレトロな佇まいに気分は最高です。

119

本館のエントランスです

122


125

この積善館には川沿いの露天風呂はありませんが大正ロマンの漂う元禄の湯が有名です
湯殿に入る時始めての時はちょっと吃驚戸惑いますが・・是非一度ご賞味あれです。そしてもう一つ『元禄の湯』に不思議なスペースがあります。閉所恐怖症の方にはお勧めできませんが・・・

ちらちらと舞い落ちる粉雪を眺めながら夕食です。極楽!
128


そして朝食です
129


135


133


帰りの山のふもとのリンゴ農園金井農園でリンゴ狩りを心行くまでさせて頂いて大満足!
147


中之条駅にほど近い処にこの由緒正しそうな趣のお寺に思わず立ち寄って眺めていたら
何処からともなく突然地元の方(それまで人っ子一人出遇わないのに)が現れてレクチャーを
「ここはしだれ桜がご自慢の由緒正しい曹洞宗宝満山林昌寺です。○○○○○○○○○○○○」
150


152


154


155

町指定重要文化財・町指定天然記念物 
  林昌寺の板碑・しだれ桜
(指定)  昭和五十四年三月八日(板碑)
      昭和六十三年三月二十六日(しだれ桜) 平成十二年三月 中之条町教育委員会  


157

中之条駅のホームを賑やかに飾っている干し柿に見送られながら帰途についたのですが
干し柿に滅法目が無い相棒殿は「あの干し柿食べごろになったらどうするんだろう?」と心残りの模様。
検索の結果、約1300個の干し柿は丁度今ごろ中之条を訪れた観光客に配られるとか・・・
干し柿に目が無い方で四万温泉にお出かけのさいは是非この時期をお薦めです
今年はこれが旅収めでしょうか・・・

ブログネタ
忘れられない旅の話〜国内編〜 に参加中!
2013年が段々最終章になってきてるけど、なんだかあまりよい年だったとは
言えない感じがヒシヒシとしてませんでしょうか?
この国のかじ取りを現政府に任せて大丈夫でしょうか
じりじりと真綿で首を絞められることにも気が付かず、挙句の果ては大切な物を手放していて
孫子の代に残すべきものが僅か・・僅かでも残っていればめっけ物なんてことにならないでしょうか
てんこ盛りの心配事をあげつらうだけではどうにもならないけど・・・・
この手の事を話題にしだすとドンドンとっ散らかりそうなので又の機会にってことで
話は霜月の上旬のことですが 懐かしい友から突然の連絡!!があったのです。
てなことで急きょ箱根を終の棲家に定めた友のお宅にお邪魔することにあいなり
お陰さまで想いもかけない箱根の紅葉を満喫するぞ〜〜〜!のお出かけです。
016


001さあ気分もお天気も上々!
日ごろの憂さをすっ飛ばして
先ずはロマンスカーでお弁当!!
勿論お弁当と言えば亀戸 升本
デパ地下でお弁当ゲットの時の定番です
小渕沢の友と二人で箱根詣でです
中学三年の二学期に転校して
クラスメイトになった友ですが、
何だかんだの挙句真にお互いに
友と認識したのは大学に
入ってからだから不思議な縁です
003


写真は登山電車のスイッチバックで入れ替わる運転手と車掌を車窓からパチリ


006


お次はケーブルカー!文化の日の休日後なのに結構な人人。
なんだかピカピカになってるケーブルカーでした。随分乗ってなかったから・・ネ


009

そしてロープウェイです。実を言うとこの写真を写した後からはもう駄目なんです。
進行方向に頂上が見えてきた途端に写真撮影どころじゃなくなって、情けない状態に・・

010

でもって頂上を過ぎると、現金なものでもうすっかりあの青菜に塩状態はどこ吹く風です
中学からの知り合いなのに彼女とは今回が初めての旅でお互いに再認識
目の前の富士山に年甲斐もなく二人で大はしゃぎ!ロープウェイ下ってますから余裕です。

016

山肌もうっすら秋模様 今ごろはもっと本格的な紅葉でしょうね

023


そして念願の仙石原です。今までロープウェイの終点に着くとその足で
そのまま芦ノ湖の海賊船に乗ってしまって見逃してきたのですが、今回はお初ですっきり

042

そんなこんなのミニ箱根巡りを終えて友の住む小涌谷へ・・・

038 実は我ら二人とも
彼女が箱根の何処に
住まいを定めているのか
はっきり知らないまま
見切り発車で
出かけてきたわけで
途中のメールのやり取りも
要領を得ない事甚だしい
それでも携帯があるから
どうにかなったけど、
昔みたいだとこうは行かない
そんなトンチンカンな
我ら二人を美味しくて素敵な
手料理で迎えてくれました。


居心地のいい彼女の住まいで温泉に入り目にも舌にも美味しい御馳走と美酒三昧で
気分と話は誰憚ることなく学生時代の真っ只中へ突入!気が付けば朝刊太郎のお出ましの刻
047
男(おのこ)の居ない
気安さは本当に格別で・・
居てもあまり気にしてないか
でもやっぱり
影響ありだったネ
だって蔵出し物の話が出て
もうびっくり!!で
大盛り上がりだったもの
三人だけだから
話せる話だワ
冥土の土産が増えたね

045

またいつ会えるか解らないけど、今度はもう少し間を短めにしないと寄る歳波に勝てないもの







このページのトップヘ