ブログネタ
鉄道 に参加中!
120716_00
大井川鐵道(以下:大鐵)新金谷駅構内にて、通常は団体客向けに行なわれている「SL整備工場見学会」が、夏休み期間限定で、一般客向けに行なわれると聞いて、行ってきました。

120716_01
7月16日(月、祝日)、金谷8:10発の新金谷行電車で一駅、新金谷へ到着。
乗客は私を含めて2人でした…

120716_02
見学会は8時半からなので、駅で暫く時間を潰し、ゆっくり受付場所の転車台へ向かいます。
開場前にいた見学客は数人程度でした。
見学料金は500円。見学記念の缶バッジとパンフをもらい、まず最初の順路の転車台へ。

120716_03
転車台には階段が設けられ、下に降りられるようになっています。
転車台上のSLは「C12 164」。
受け取ったパンフには記述されておらず、このSLはもう走っていない模様。
転車台脇に描かれた停止位置マーカーも、C12は見当たらないですね。

120716_04
転車台の桁下まで覗けます。
新金谷の転車台は、中央の回転軸と両端の3点で荷重を支える方式との事。

120716_05
SL前面。
目の高さに車輪がくると、雰囲気違いますね。

120716_06
動輪もドアップで観察できます。
メカ好きな人には、たまらんでしょうね。

120716_07
転車台デビューで、あまり注目されなくなった後ろ姿も、よく見ると味わい深いものがあります。

120716_08
次の順路では、出発前のSLの準備作業が見れます。
この日のSL列車は1往復。本日走行するSLは「C56 44」。

120716_09
その後方に控えるのは「C11 227」。本日は休養日ですね。
隣には電車、電気機関車の姿も。

120716_10
更にその後方には「C11 190」。プレートが緑色なんですね。
こちらも本日は非番ですが、最盛期には3往復のSL列車が走るため、日によっては、この辺まで出払ってしまうわけですね。
夏休み中は朝早い時間帯でないと、見れるSLが少なくなってしまうかも?

120716_11
最後の順路は、一つ上の写真の奥の建物、SL整備工場の見学。
ここが新設された見学通路。
画面右手の窓から、整備工場内が見れるようになっています。

120716_12
整備工場内には、在籍SL4台の最後、「C10 8」がおりました。
パーツが分解され、塗装が剥がされたようになっていました。
もしやこれが、一週間後に走る青いSL「SLくん」になるのかな?
(7/21:追記)
SLくんは「C11 227」でした。

120716_13
見学コースは以上で終了。
ゆっくり見て回って、所要40分弱くらいでした。

120716_14
帰りは9:33発の電車で金谷へ戻ります。
ホントは金谷駅まで歩こうかと思っていたのですが、往きの電車のあまりの空気輸送っぷりに、少しでもローカル線の増収に貢献せねばと思いまして…(笑)

工場見学会は今回の連休から始まっていますが、本番は夏休みに入る7月21日(土)からで、8月一杯まで毎日開催されます。
普段、なかなか入れない場所、見れないアングルが楽しめる機会ですので、今夏、お出かけになってみては如何でしょうか。

但し、見学できる時間帯は午前中のみですので、ご注意を。
詳細は、大井川鐵道ホームページでご確認下さい。

(終)