おはようございます、本日早朝までは、
ユーロドルは、昨日の東京市場時間は、約11pipsの値幅の範囲で横這いでした。ロンドン市場時間は、ポンドドルにまとまった買いが入ったのにつれて一時始値からは約14pips値を上げましたが、その後はドイツやアイルランドの政局不安などを背景に、一時対スイスフランでは2015年8月以来となる1.0619CHFに、対ポンドでは昨年12月中旬以来となる0.8335ポンドまで下落してユーロが全面安の展開になり、始値からは約12pips下降しました。NY市場時間は、市場関係者から「新型肺炎の感染拡大による影響から欧州中央銀行(ECB)が予想より長期間にわたり低金利を維持するとの観測が出ている」との声もありユーロ売りが継続し、一時1.0833ドルと2017年4月24日以来約2年10カ月ぶりの安値を付け、日足ではや約34pips値を下げて続落しました。

本日、現時点でのトレンドセンサーの数値は、
Camusin (-58%)
Camurideトレンド1 (-16%)
Camurideトレンド2 (-17%)
となっています。ユーロドルはダウントレンド傾向が続いていますが、勢いがありません。

今日は、週末の金曜日ですので、週を跨いでポジションを持ち越すリスクを避ける為に、
Camusin、Camurideともに「WeekEnd_Timer 」を使用します。
「WeekEnd_Timer 」の設定は、現在は冬時間になっていますので、
日本時間マイナス7時間がMT4のチャート時間ですので、以下の設定にしています。
WeekEnd_Timer = true
Friday_StopHour = 18 (金曜日のMT4時間18時、日本時間の25時に一旦稼働を停止)
Monday_StarHour = 
5 (週明け月曜日のMT4時間 5時、日本時間の12時に稼働を再開)
2016.02.05から週明け月曜日のEAの稼働再開時間を、日本時間の12時に変更していますのでタイマーの設定数値に注意して下さい!!!詳しくは以下のリンクを参照してください。http://blog.livedoor.jp/eacafe/archives/51660381.html

また、「WeekEnd_Timer 」は、上記数値設定でそのままずっとtrueに設定にしておくと、
毎週金曜日の、日本時間25時に今週の稼働を終了して一旦停止、
翌週月曜日の、日本時間12時に再稼働を、一年中繰り返し自動で行ってくれます。
ただし、米国の夏時間・冬時間の切り替わり時の、年2回のタイミングで数値設定の変更は必要です。
米国が冬時間に切り替わるのは、毎年11月第1日曜日から(18・5の設定、但し初回のみ19・5の設定)
米国が夏時間に切り替わるのは、毎年03月第2日曜日から(19・6の設定、但し初回のみ18・6の設定)
なお、設定の停止時間になっても、トレードが実行中の場合は決済になるまでトレードは自動継続され、決済後に自動停止します。


今日は、22:30からそこそこ動きそうな経済指標の発表があります。
大変ご面倒で恐縮なのですが、下の応援ボタンをポチッと押して頂き、

カムロボット達への叱咤、激励を、どうか宜しくお願い致します!!!

現時点のCamuロボット(FX自動売買ソフト)の最新バージョンは以下のとおりです。
「Camusin_ver3.6」 (カムシン、2017.03.24にバージョンアップ版の無料EAの配布を開始)
「Camuride_ver2.2」 (カムライド、2017.03.24にバージョンアップ版の無料EAの配布を開始)
既存のユーザーで最新版をダウンロードしたい方は、下記のリンクをクリックして下さい。
http://blog.livedoor.jp/eacafe/archives/51711993.html
カムシンとカムライドの過去から直近までの詳しいトレード履歴や推移グラフを参照されたい方は、ブログの右上の記事検索窓の下の各Myfxbookのグラフ表示辺りをクリックして参照してください。



EAcafe