2007年02月22日

損切りってどうなのよ3

225先物トレードは、「損切り」をいかに上手く
機械的に出来るようになるかが成功と失敗の分かれ道
だと思います。

しかしながら、寄り引け決済のシステムトレードに
おいては、この損切りの必要性について意見が分かれる
所です。

ボルドーシステムを運営されるUSパートナーズの
HPには、
<「寄り付き・大引け約定ベースのシステムトレード
に手を加えることで収益性が向上するか」をテーマ
として、結局、値切ると得にはならない、という結果と
なりました。>
と結論が書かれています。

しかしながら私はシステムトレードに損切りは必要と考えます。

ぶっちゃけたお話ですが、私のシステムは損切りを必ず徹底
しますが、それによって年間利益が増えるかというと、
実は損切りをしない場合とした場合では両者に利益での
差はほとんどありません



例え話をあげてみます・・

イーグルは、年間利益500万を上げられるシステムを運用
しています。このシステムに損切り設定を加えると、年間利益
が490万円になりました。
損切りをしない場合は500万円でしたが、損切りをする事
で利益が若干減りました


(;´Д`)利益減るの??じゃあ損切りなんていらねーじゃん!

↑(;´Д`)君のように一見すると誰もが思います、しかし、
損切りの徹底は「最大ドローダウンを軽減できる」と言う、
システム運用に際しての最大のメリットを与えてくれます。

(;´Д`)???よくわかんねーよ、どう言う意味??

最大ドローダウンとは、そのシステムにおいて最悪の日
から運用を開始して、どの程度までの損失が発生するかを
表す数字です。

(連敗期間中の合計負け額と勘違いをしている人が多い
みたいです)

この最大ドローダウンが100万円のシステムならば、
もしかして明日から勝ち負けを繰り返しながら、100万円
のマイナスが出るまでシステムは利益を生み出さないかも
しれないのです。

(;´Д`)!!100万円は困るなぁ、俺そんなに余裕ないよ。

では、この最大ドローダウン100万円のシステムにイーグル
流の損切り設定をしてみます。 

すると、最大ドローダウンがなんと50万円にまで減りました。
と言う事は、明日からどれだけ損失を重ねても50万円まで
腹をくくれば良いのです、100万円の時に比べて随分気が
楽ではないですか?

(;´Д`)そりゃ楽だけど・・。なんでそんなに損切りで変わ 
    るんだよ!

それは、こう言う事です。損切りをしないパターンでは、

1日目 マイナス30万
2日目 プラス10万
3日目 マイナス20万
3日でドローダウンが40万も出ちゃいました。

では、損切りありのパターン。

1日目 マイナス10万(損切り)
2日目 プラス10万
3日目 マイナス10万(損切り) 
3日でのドローダウンは、10万で済みます。

(;´Д`)ほうほう、確かに損切りで損が減ってるじゃん、
   じゃあ明日から俺は損切りしまくるよ!

※この場合、原資100万で1枚を取引していたイーグルは、
 損切りありバージョンでは、3日後の資金は90万。
 
 しかし、損切りなしで臨んだ場合、1日目で資金は70万に
 なっています。
 
 人間、実際の所、1日でここまで資産を減らすと2日目の
 トレードに精神的な影響を及ぼす可能性もあります。
 2日目は勝ったから良いものの、3日目を終えて資産はなんと
 60万になってしまいました。

(;´Д`)そんなに減ったら俺だったら暴れちゃうよ!!

そう、やはりシステムトレードとは言え、運用は生身の感情
のある人間が行います。1日に何十万もの損を出してしまうと、
1年間の利益500万を出す前に精神的に耐えられずにトレード
をやめてしまう場合が多いのです。


損切りってどうなのよ(第1回) 終わり →第2回に続きます。


宜しければクリック応援をお願いします!
↑先物ランキングにリンクしています。







eagle225 at 21:00│clip!雑記 
Profile
システムの成績
2006年度
 1月 +181万 14勝3敗
 2月 +26万    6勝9敗
 3月 +111万 11勝11敗
 4月 +117万 13勝2敗
 5月 +200万 13勝4敗
 6月  +209万 14勝4敗
 7月  +67万  9勝3敗
 8月  +87万  8勝7敗
 9月  +26万 11勝5敗
10月 +98万  11勝4敗
11月 +56万   9勝5敗
12月 −9万    6勝7敗