6年生最後の大会、港北区送別大会が今週も実施されます。負ければ終わりの一戦、本日は準々決勝を新羽ホークスと戦います。港北区秋季大会も準々決勝で対峙、そのときはリョウジの活躍で2-1と辛勝していますが、本日はどうでしょう?

篠原 0 2 0 0 3 0 2 R7
新羽 0 0 0 0 0 0 0 R0

リョウジが被安打1の完封勝利、打っては3本のHRが飛び出す最高の形で準決勝進出です。

初回篠原の攻撃、先頭リクが右中間への2BHで出塁するも、後続倒れ無得点。その裏の新羽の攻撃を簡単に3人で仕留め迎えた2回表、先頭アキトがレフトへのヒットで出塁すると、続くミチオの打席でベンチのサインは送りバント。これを2回失敗し、ベンチも腹をくくってヒッティングのサインを出す。ここでミチオが鋭く振りぬいた打球はレフト頭上へ、これが見事フェンスオーバーのホームランとなり2対0と先制する。
2回裏は四球のランナーを1人出すも無失点で切り抜けると、3回表は篠原も三者凡退。続く3回裏、先頭打者の打球は右中間へ、これをセンターハルが果敢に捕りに行きダイブするも惜しくも届かず無死2塁。次打者のバントはキャッチャー前へ、これはハルトが捌き、ランナー釘づけ1死、続く打者の打球はショートへ、これをリクが落ち着いて捌き2死、続く打者をリョウジが気迫で三振に斬って落とし、無死2塁のピンチをしのぐ。
4回は両軍無得点で迎えた5回表、1死後リョウジが四球で出塁し、バッターはトップに還りリク、フルカウントまでいくも、7球目を振りぬいた打球は右中間へ、これが土手を越える2ランHRとなり待望の追加点を挙げる。なおもハルが死球でつなぎ、相手のエラーもあり一死2.3塁。続くショウゴの放った打球はセンターへの犠牲フライ、5対0とする。
その裏エラーのランナーを1人だすも無失点で切り抜けると、6回は両軍無得点。勝負は最終回へ。
追加点の欲しい篠原の攻撃は9番のリョウジから、ここまでピッチングでチームを引っ張ってきた男の放った打球はサード横へのヒット、無死1塁とし、篠原の誇る強力上位打線へ。前の打席でHRを放ち気を良くしているリクの打球は痛烈な当たり、しかしこれをファーストが好捕し、まさかのダブルプレー、チャンスが潰えたかに見えるも、次打者ハルがレフトへクリーンヒット、さらに3番ハルトがレフトフェンス越えの2ランHR、試合をほぼ決める当たりを放つ。ここまでくると途中からライトの守備につき5番に入っている篠原のバースことユウセイになんとかつなぎたいところでしたが、ショウゴがあえなく凡退し、7対0で最終回の守備につく。最後も篠原のエースリョウジが3人で斬って落とし、見事準決勝へ駒を進めました。

秋の港北チャンピオンとして、狙うはただひとつ優勝のみ。それぞれが中学野球に進むことも見据え、試合後は鶴見川河川敷をランニング、指導部の目の届かないところで手を抜くヤツ、対岸から見えているにもかかわらず手を抜くヤツ、道を間違え遥か遠くまでいくヤツといろいろいましたが、準決勝に向けチーム状態は最高です。あと2試合、絶対勝とう!

さあいよいよ、今年度の6年生にとってはイーグルスとして最後の大会、港北区送別大会の開幕です。
受験で抜けていたメンバーも戻り、一丸となって優勝目指して戦います。
初戦は、日吉レッドファイターズ。港北秋季チャンピオンのイーグルスが、唯一黒星を喫している相手です。
また、昨年も送別大会の1回戦で対戦、その時はハルトがサヨナラヒットで試合を決めました。
選抜チームでみんなどのように成長しているか楽しみな一戦です。

日吉 0 0 0 2 0 0 0 R2
篠原 3 1 0 1 0 0 × R5

序盤のリードを守りきり、見事勝利です。
1回表の相手の攻撃を3人で簡単に片づけると、その裏の篠原の攻撃も簡単に2死とされる。ここで3番ハルトが魅せます、レフトオーバーの大飛球を放ち、2死3塁となり、本日4番に入ったミチオ、見事期待に応えセンターへのヒットを放ち1点先制。なおも5番ショウゴが右中間へ、相手の中継ミスもありショウゴも生還し3対0とする。
2回裏には先頭リョウマが2塁打を放ち、追加点のチャンス。ガンタ、リョウジは連続三振とされるも、先頭リクがセンターへの大飛球、これが2BHとなり、4対0と優位に試合を進める。
3回表は先頭に右中間への2BHを許すも、後続をしっかり打ち取り無失点。
4回表に相手も反撃開始、先頭をファーストエラーで出塁させ、続く打者の打球はライトへ、これを捕れず無死2.3塁。その後2死までこぎつけるも、次打者の放った打球はショート横を抜けレフト前タイムリーヒット、2点を返される。
突き放したい篠原の攻撃は6番リョウヤから、見事レフトオーバーの2BHを放ち無死2塁。続くリョウマがやってくれます、レフトへのタイムリーヒットで追加点、勢い余ってオーバーランしたところをタッチアウトにされるも、貴重な追加点を奪う。その後両軍無得点のまま、最終回の日吉の攻撃、先頭をファーストエラーで出塁させるも後続をしっかり打ち取りゲームセット。見事秋のリベンジを果たし2回戦進出です。
次戦もがんばろう!

日程の都合によりようやく始まった秋季新人戦、緒戦の相手は五年生が二人であとは四年生というイーグルスと似たようなメンバー構成の新羽ホークスさん。なんとか緒戦を突破して一つでも上を目指したいところでしたが果たして・・・。

新 羽 0 1 3 0 0 0 0 (0)(4) R4(4)
篠 原 0 1 2 0 1 0 0 (0)(1) R4(1)

特別延長突入、最後は力尽き緒戦で敗退となってしまいました。

初回相手の攻撃をエースケイが三者凡退に抑える最高の立ち上がり。
その裏イーグルスは三塁までランナーを進めるも得点ならず。
※この回二番三番がきっちりバントを決めて仮に先取点を取れていれば違った展開になったかもしれないと思うと、実は大きなミスだったと思います。
2回表四球で出したランナーに二盗を決められ、六番バッターに左中間を破られる二塁打で1点先制を許す。
しかしその裏、四死球により一死満塁のチャンスにバッターは八番ユウスケ。前進守備のショート後方に落ちるラッキーなヒットですぐさま同点に。しかしこの時まずい走塁によりあっという間に二死三死となってしまい同点どまり。
3回表、ケイが相手の九番一番を二者連続三振に斬って取り、いよいよ波に乗ってきたかと思った矢先、二番バッターにセカンド後方に落ちるポテンヒットで二死からランナーを出します。
※捕れたかどうかは別にして、ここはライトが捕りに来る姿勢を見せて欲しかった・・・。
気落ちしてしまったのか、このあと相手クリーンナップに連続ヒットを許し、計四連打で一気に三点を奪われます。
なんとか食らいついていきたいイーグルスはその裏、主軸の三番ユウト、四番キャプテンヒサシの五年生コンビの連続タイムリーで2点を返し1点差まで詰め寄ります。
4回は両軍無得点、5回表も無得点に抑えそろそろ追いつきたい5回裏、一死後相手失策により出塁、ボークもあり一死二塁のチャンスに二番ギンジが右中間に抜ける二塁打で同点に追いつきます。続く三番ユウトもレフト前クリーンヒット、二塁に進み一死二三塁の大逆転チャンス。ここで期待の四番五番に一打が出ず二者残塁、なかなか逆転できません。
6回は両軍無得点、7回表も危なげなく無得点に抑えいよいよ最終回裏イーグルスの攻撃は、一番ミツナリからの好打順。そのミツナリが四球を選び二番ギンジの初球に見事二盗を決め無死二塁と一打サヨナラのチャンス。ギンジはサードゴロに倒れますがこの間に三塁まで進みます。続く三番ユウトも四球二進で一死二三塁。5回裏の再現となり今度こそ決めてもらいたいと全員が願っていましたが、力が入りすぎたのか四番キャプテンヒサシはキャッチャーファウルフライ、五番ケイは四球で歩き六番ショウイチにサヨナラのチャンスが回ってきます。が、ショートゴロに打ち取られサヨナラならず。特別延長に入ります。

※港北区の特別延長ルールは、一死一三塁継続打順にて行われます。
特別延長初回相手の攻撃は二番からの好打順。ですが先頭をセカンドフライ、続く三番をショートフライとここはケイがしっかり抑え凌ぎます。
何とかして一点をもぎ取りたいその裏の攻撃は七番途中出場のカズキから。なんとかバントを決めこれを相手捕手がファンブル。満塁になります。しかし八番九番が凡退し特別延長二回に突入します。
相手の攻撃は四番から。ワンボールワンストライクからの三球目、左中間への2点タイムリーを許してしまいます。ただ裏のイーグルスの攻撃も一番からと好打順、この後をしっかり抑えればまだまだチャンスはあります。しかしケイの球数も110球を超え、疲れが見え始めたところで五番六番に連続四死球で一死満塁となります。なんとか踏ん張って欲しい場面で相手七番をファーストゴロ。これをギンジが落ち着いて捌き、本塁フォースアウトで二死までこぎつけます。しかし続く八番にサードのわずか左を抜けるレフト前安打を許し一点追加。続く九番にはショートゴロを打たせますがこれをファンブル、さらにもう一点を追加されます。ただその間に本塁を狙った二塁走者の生還は許さずこの回計4点を献上。その裏の猛攻に期待するしかなくなりました。
後のないその裏、先頭の一番ミツナリの三球目相手のパスボールで1点を返し、そのミツナリは四球で歩き一死一二塁で二番ギンジ。その初球またも相手パスボールでそれぞれ進塁。ここでキャッチャーからサードへの送球がレフトへ逸れ、それを見たサードランナーが飛び出してしまいなんとタッチアウト。一気にムードが沈滞してしまいます。最後はギンジがサードゴロに倒れ試合終了。惜しくも二回戦に進むことは出来ませんでした。

最終回の走塁ミスは、点差や打順を考えれば無理をする場面ではないところ。四年生が多いとはいえ、もっと一つ一つのプレーを状況判断を考えながらやっていってほしい、またそういった部分の指導をしっかりと行っていかなければと考えさせられる敗戦でした。
春からのYBBL、区大会に向けて鍛えなおしていきます。

コーチMY

↑このページのトップヘ