練習試合が続いていますが、相変わらず打撃不振は変わらぬまま。
打てるようになるには個々の素振りが欠かせません。回数を振るだけじゃなく、正しい振り方で振っているでしょうか?
練習の時に監督やコーチから言われたことを守って毎日上手くなりたいと思う気持ちが大切だと思います。

対するはJSYで敗戦したばかりの駒岡Jr。対照的に打撃が良いチームです。
結果は。。。

駒岡 0 2 2 2 0 R6
篠原 0 1 0 0 1 R2

HR ミツナリ
1BH リュウタロウx2

やはり打てずに敗戦です。一朝一夕で打てるようになるわけじゃありませんね。イーグルスは相手ピッチャーの制球が定まらずもらった1点とミツナリのランニングホームラン(シングル)の2点。8番リュウタロウがヒットで出て、チハルが4死球を選ぶという場面を2回作りつつも、上位打線が繋がらず残塁。

一方、守備ではカズキが初先発。初先発ながら四死球は3つと、試合を崩すことなく3回を投げました。ギンジほどの活躍はまだ望めませんが、今後の成長に期待したいところです。とはいえ、続くショウイチと共に失点を重ね差が開きました。

打撃もそうですが、投手もギンジ一人に頼ってきており不安要素となっていました。カズキ、ショウイチが投げましたがさらに投手も増やしていけませんね。

コーチTS


エースのケイは回復してきたもののまだ投げれなかったため、ヒサシが先発することに。どうやら監督に投げてみたいと希望を出していたようです。この日の試合開始時刻の天気予報は降水確率が90%。なんとか雨がもったため試合開始です。
さて、その結果は。。。

芹谷 2 3 0 R5
篠原 0 1 1 R2

1BH ケイ、ユウト

やはり、雨が降り出してしまい3回で試合中止になりました。
3回まででしたが、やはりヒットがどうしても出ない。制球が乱れた相手ピッチャーでしたが、速い球にこちらも対応できないため、攻めきれず追いつけないまま試合終了です。

次は頑張りましょう。

コーチTS

ここまで予選リーグ3連勝と好調なイーグルス。リーグ最終戦の相手は強豪山手メイツ。強豪相手にどこまで出来るかがこの試合のテーマでしたが・・・。

篠原 0 0 0 0 0 R0
山手 2 4 0 3 x R9

力の差をまざまざと見せつけられ5回コールド負けです。

この試合、実はヒットは双方3本づつで互角にも関わらずこの得点差となったのは、5回で三振8の非力打線と、なんといっても失策7のザル守備。
この日も打たせて捕るピッチングを披露するギンジでしたが、これだけ失策が多いとどうすることも出来ないといった状況。
この先に向けて内野守備を固めていく必要があると感じさせられる試合でした。
子供たち一人ひとりの奮起に期待して、我々コーチ陣も辛抱強く指導していきます!

コーチMY

↑このページのトップヘ