スキンケア おすすめ
冬になるにつれ空気は乾燥していき、それに伴って肌の潤いも奪われます。潤いが奪われて肌が乾燥すると肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを予防するためにも保湿・保水といったケアを念入りなお手入れを心掛けてください。冬の肌のお手入れのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。大切なお肌のために1番大切にしてほしいことは正しい手順で洗顔を行うことです。肌を痛めてはしまう洗顔とはお肌を傷つけてしまい潤いを保てなくなってしまう、原因となります。可能な限り、優しく包むように洗う念入りにすすぐ、というふうに意識をして洗顔をするようにこころがけましょう。洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で必要なことです。これを怠ることでより肌の乾燥を生んでしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを選んでください。さらに保水にいいといわれる入浴剤をおふろに入れたり、お湯を高い温度にしないというのも乾燥肌に効果があります。いつもは肌が乾燥しにくい人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、洗顔後やおふろの後は出来るだけ化粧水を使用するほか、乳液をつけるようにしましょう。冬になると肌トラブルが増えるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。しっかりと保湿をすることと血行促進することが冬の肌の手入れのポイントです。ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」に含まれるゲル状のものです。とても保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品といえば、大体、間違いなくヒアルロン酸が含有されています。年を重ねるに従って減少する成分なので、自発的に補うようにしましょう。