冬になるにつれ空気は乾燥していき、それに伴って肌の潤いも奪われます。潤いが奪われて肌が乾燥すると肌トラブルの要因となりやすいので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。潤いが足りない肌のトラブルを起こさない為にもお手入れを手抜きをしないようにしてください。乾燥する時期のスキンケアのコツは「乾燥させない」ということが大切です。ご存知の通り、冬が来ると寒くて血液がうまく流れなくなります。血行が良くないと肌の細胞に十分な栄養を届けることができず、新陳代謝が不安定になります。そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。普段から、血のめぐりが良くなれば、新陳代謝が促進され、健康的な肌がつくりやすくなります。乾燥が気になる肌は、毎日顔を洗うこととその後、潤いを閉じ込める作業を正しい方法でやることで、改善が期待されます。お化粧をしない日はないというあなたには、メイクを落とすことから改善してみましょう。かクレンジングで大切なことは、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、肌を守ってくれる角質や皮脂は取り去らないようにすることです。コラーゲンの一番有名な効果は肌トラブルの改善といえます。コラーゲンを摂取することで、体の中に存在するコラーゲンの代謝促進が進み、肌に潤いやハリを与えることが可能です。体内のコラーゲンが減少すると老化を助けることとなるので、可能な限り、若々しい肌を維持するため積極的な摂取が必要です。肌荒れが気になる時には、セラミドを食事に取り入れてください。セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、これが細胞同士を糊のごとく結合させています。それが、表皮の健康を保つバリアのような働きもするため、十分な量が存在しないと肌荒れが発生するのです。
スキンケア ファンケル ホワイトニング