夜の賑わい
夜、暗くなってからも賑わい続けるロードスタウン
マンドラキ港でナイトクルーズから帰ってきた船を見かけた。
すっごいギュウギュウ。
朝から晩まで海遊びが上手やなぁ〜と感心する。





ツアーデスク
港にはボートツアーのデスクというか受付屋台が並んでいる。
翌日の「シミ島1DAYツアー」を申込んだ。シミ島ツアーでも、泳ぐ時間があるのと、泳がないで観光のみというタイプが違うツアーもあるので、それぞれのデスクで行程を確認することをおススメする。
アタシ達はスイムありをチョイスした。
料金が€20と良心的。



夜、さまよう港から離れ、城壁の方へぶーらぶら。
ちょっとした屋台のお土産屋さんが集まっている所から、城壁門をくぐり歩いてみた。(人が入ってゆくのでついて行ってみたとも言う)
左側に騎士団長の宮殿があり、2重になっている城壁の間を歩いているのはわかったが、進むにつれて先を行っていた人達は折り返して戻っていくし、あたりは街頭ひとつなく真っ暗で不気味やし・・・
いつかどこかに門があって、旧市街内に入れるでしょう、とかなり歩き続けてみるも門は無し。
いつの間にかふたりっきりとなり、暗闇をさまよっていた。
「ちょっと不気味ぃぃぃ〜!!」と足早に折り返したのであった。

ロードスタウンの繁華街は人がたくさんいるので、そんなに治安は悪くなく安全に歩けるが、ここまで真っ暗闇は違う意味で怖かったわ
旅に出かける日、「油断大敵、安全に楽しんできてください」と父親から届いたメールを思い出した。