出航前
朝9時出航。1DAYツアーの船は大体同時刻スタートなので、マンドラキ港は朝から賑わっていた。
隣りの船はリンドスツアー。
人気のようで座れない人が出てきている様子。
そんなのって・・・あるんや。
こちらシミ島行の船は2階デッキはほぼ埋まり、1階はガラガラという客入り。
本日も快晴です。(夏はほとんど雨が降らないそう)


出航
鹿が向かい合っている所を通過し、出発〜。
目的地「シミ島」も期待大のところ。
パステルカラーの可愛い街並み
シミシュリンプを食べる
シミ産海綿を入手する
というテーマをもって、わくわくのスタートとなった。


スイム場所1時間半ほど揺られていただろうか・・・
船があるところで減速し、そして沖でストップした。
確か申し込んだ時の説明では、まずパノルミティス修道院が見えるところでフォトタイム5分、次にスイムタイム30分、ギアロスの町に上陸して街散策という内容だった。
しかーし、見えるのはビーチ。フォトタイムはなかったかのごとく、スルーで終わる。修道院を見たい人は、後の街散策の時にオプショナルで行けばいいでしょ、的な。で、アナウンスも何もなく、錨が降ろされ「ここでスイム?」とみんなでそわそわ。1階から海へ飛び込んでいる人を見て、ここがスイムポイントなのだと確定。
スイム2スイム了解了解。
と準備をして海へどっぼーん。
はぁ〜冷たくて気持ちいい!


海水は信じられないほど透き通っていて、深さがあるから底はみえないけれど、太陽の光が海中へと突き刺さって美しかった。
「見て見て!脚の毛穴までキレイに見えるよ!」と言われ、海中に潜ってみたら、ほんまにあんどーセンセの脚がキラキラしてた。光の反射なのかなんなのか・・・不思議である。
あっち行ってみよー、と少し船から離れたら、ピピー!!!と笛を鳴らされ「この辺に居てなさい」的なジェスチャーをされた。
おかげで、こんな広い海の中なのにごちゃついている人間たちである。
しまいには、飛び込みを披露するお父さま方。与えられた環境の中で最大限に楽しむ精神、ステキです。
シミ島見えた
あっという間にスイムタイムは終了となり、すぐに上陸するシミ島ギアロスの町が見えてきた。
遠くから見えているだけでも可愛らしさ感満載の町である。






シミ島上陸
上陸!!!
今まで回ってきた島や町とも違った色鮮やかな可愛い町。
ぐるぐる歩きたいぃ〜
散策時間は3時間ちょっとしかないので、まずはランチへと向かうのであった。





シミシュリンプシミシュリンプとビール。と決めていた私たちはすんなりと店を決定し、即オーダー。
タラモサラダとパンもペロリといただいた。
シミシュリンプは小エビの1種で、素揚げにされて出てきた。サクサク、パリパリ、エビの味がしっかりあって食べ応えあり。
日ごろ、カルシウムを取ることに心がけているアタシとしては、嬉しい1品となる。
タラモサラダは魚卵のディップ。パンにのっけて、えびにつけて、ビールのあてに最高です。
タウンタウン2タウン3タウン4お腹も満たされ、散策開始。
画になる風景がいっぱいで、立ち止まっては撮って、進んでは撮ってを繰り返す。
建物のつくりがシミ島独特。すぐ隣のトルコ式が入っているのかな?(勝手な想像デス)
この島にもキレイなビーチがあるという。
ここも滞在してみたかったなぁ〜と思わせてくれる島だった。

海綿屋シミ島も海綿が特産品。海綿屋さんが何店舗もあった。
ダイバーさんが海の底から取ってきた海綿を乾燥させ、ボディーやフェイススポンジとして使うのである。
あるお店で丁寧に説明をしてくれる人と出会った。海綿に水を含ませ「触ってみろ」という。なんとも言えん感触。ふわっふわのざらざら。腕にゴシゴシすると適度な刺激で気持ちが良い。
「次はこれ」と違う形状のを試す。おぉー刺激度アップや!これはボディーピーリング用なのだという。
カラーも黄色っぽいものはブリーチしているものだから、ナチュラル色の方がオススメだとか。
シミ島海綿フェイス用にもメイク&ウォッシュ用、ピーリング用とある。
値段もぴんきり。安いのは小さくてブリーチしたもの。ぽろぽろ剥がれて持ちが悪いのだそう。ナチュラルは高いけど、長持ちするらしい。確かに水で含ませた後、絞っても引っ張ってもちぎれない。
すっごーい!と海綿に驚くアタシ。
ひと通り説明が終わり、それをふまえてチョイスしてね、とおじさんは消えてった。押し売り一切なしのなかなか出来たおじさんである。
購入するのは決めていたが、その時ツアー団体客でごったがえした店内だったので、他の店も見てから後ほど戻ってくることにした。
団体さんにはお店から粗品プレゼントとかあげちゃってるお店もあったりして、なんかツアー会社とお店の嫌ぁーなつながりも見えたりしたぞ。
で、後ほど購入したものが写真。暇となった、なかなか出来たおじさんが「ハローアゲイン!」と寄ってきて、チョイスしてくれた。おじさんのチョイスの仕方はフォルムの良いモノ。€2ずつ安くしてくれたし、おまけにフェイス用1個はプレゼントしてくれた。(全部で€34だったかな)「遠い日本からシミ島まで来てくれて、ありがとう」って感謝もされた。日本のことも聞いてきた。とても心の温かな人と出会えたな。(むこうは商売か
実際、購入後から海綿を使い始めたが、洗い上がりスッキリ感がある気持ち良いスポンジである。ある口コミでアテネの土産物屋で買った海綿を使ったら、すぐにぽろぽろちぎれてきた、と書いてあったが、やっぱり質の良いモノを選んで正解だったのだろう。今現在も使っているが(1ヶ月ほど使用)全くちぎれてないし。
ばいばいシミ島あっという間に散策時間が終了。
船に戻り、ばいばーいシミ島!!!なのであった。
帰りにこんなことが。
乗船時間ぎりぎりになったからか、2階のデッキはほぼ満席になっていたのと、日差しから離れようということで1階の船内でくつろいでいた。
風通りの良いところに椅子を持って行き、ウトウト寝ていたら、近くでカップルが喧嘩しはじめたのである。
けんかというか・・・男性が飲み過ぎて酔っぱらい、一方的に怒られてるだけ、とも言うが。
確かにその人は朝からずーっとビールの缶を持っていたし、帰りは酒くさかったし、ろれつは回っていないし、笑えるほどの千鳥足。何度も「もう飲むな!」と怒られているのに、「はい」と言いながらまた飲む、の繰り返し。
酔った勢いで余計なことを口にし、怒り爆発の女性は、発狂するわ叩くわ噛みつくわで、しまいには船のスタッフや乗客までも巻き込んだ。あらら・・・
酔っぱらい君足から流血し、パートナーに呆れられ、それでもなお飲み続けてしまう酔っぱらい君。(偶然写真に入ってた!右に立ってる人)
なんぎやなぁ。
あかの他人やと笑って済ませれることやけど、自分が旅行先でこんな状況になったらテンションダダ下がりんなぁ〜と想像するだけで怖いわ。
酒は飲んでも飲まれるな!!やで。
この後、酔っぱらい君達が楽しい旅となりますように。。。と願ってあげた。