クイーンズタウンから2時間弱のフライト。
オークランドでは、フェローのスタッフあゆみさんが待っていてくれた。荷物をピックアップし、専用車で市内のホテルへ向かう。
「はい、みなさん」という優しいお声に、ソッコー反応するアタシ。それまでチャキチャキ系だったのに、マイクを握ると優しい声になるぅ〜と思わずツッコミ。そんなおバカなアタシにも、優しく対応してくれる頼れるあゆみさんなのである。
11
この日の宿泊はオークランド繁華街中心部のグランドメルキュール。
1泊ではもったいない、もっと泊まっていたいな、と思える快適なホテルだった。
街歩きには立地がとてもいい。が!明け方までどんちゃん騒ぎの音楽やら人の声やらが賑やかだったけどね




910チェックイン後、夕食の集合時間まで(短かったけど)ちょびっと散策。大きな土産屋へ下見に行ったが、結局なんも勝利品はなかったな。
やっぱりスーパーの方が土産にはいいね、となり、夕食後スーパーへ行くことにした。
オークランドは都会。そら、NZの首都ウェリントンより大きな町だから。つい数時間前までざ・NZという田舎街に居た私たちには、違う国へ観光しにきたような気分になる。
菅平から東京へ飛ぶようなもんだね。

さてさてお待ちかねの夕食です!この日はアキさん、あゆみさんおススメの「マッスル」(ムール貝)が食べれるお店でオークランドで大人気の「オキシデンタル」である。
1415蒸しマッスルに焼きマッスル。味も何種類かあって数種類をチョイス。
1船櫂奪箸鬘海弔法大皿2枚、相当な数のマッスルをみんなでいただきました!!
ここはめっちゃ、めっちゃ美味しい。
マッスルの他にも、特大ステーキやラム肉、サラダも頼み、ビールもわんさか、NZワインもいただきました。どれもこれも外れなしで、また行きたい!すぐ食べたい!!と思えるお店です。
1213これだけ美味しかったら、人気の店というのも納得。
この日も私たちが訪れたのは17時すぎというのに、Barエリアにも大勢の人、テーブル席はほぼうまった状況でした。このお店は基本、テーブルを予約できないということでしたが、早い時間ならなんとかなるかも・・・という心強いあゆみさんのお言葉。電話をしてもらって、なんと12名の予約を入れてもらえました。さすがあゆみさん!!あゆみさんの先々を読み、てきぱき仕事をこなす姿勢には感心させられっぱなしでした。あゆみさんのお力がなければ、私たちはこんなにもマッスルを堪能できなかったでしょう(笑)

あぁ〜美味しかった、美味しかった。とお店を後にし、スーパーへ寄って最後の買い出し。そしてホテルへ一旦戻り、翌朝モーニングコールが4:45にかかってくるということで(あゆみさんがセッティングすてくれていた)、休む人は休み、夜の散策に出かける人は出かけることにした。

そうそう、オキシデンタルでもそうだったけれど、ワナカで行ったレストランのほとんどのお店で、会計を済ませた時や、お店を出る際に店員に「ヘルプフルでありがとう」と感謝をされたのだ。
グラスやお皿を回したり、片づけやすいように食器をまとめたり…ま、日本人的には当たり前の事をしていたのだが、店員さんにとってはありがたかったというのだ。
12名という大所帯でワイワイガヤガヤ、存分に楽しませていただいた分、嫌な顔をする店員だっているかもしれないのに、「ありがとう」と言ってくれるNZの人にも感謝だし、そう言ってもらえる行動を自然にできる皆さんとご一緒できたことに感謝だわ。
2120ということで、夜のオークランド散策。
オークランドのシンボル「スカイタワー」に。
もち、登ります。エレベーターでね。
日中にはスカイタワーバンジーや、スカイタワーウォークという体験もできますが、そんな怖いことできませんので、展望台で十分です。
入場料1人29法お!クイーンズタウンのゴンドラより安いんじゃないか?

16高さは328m。
東京タワーとどっこいどっこいか。
初めてみたオークランドの夜景。なかなか綺麗ではないですか!
長野で生活し始めて、夜景というものが遠い存在になっていた私には、久しぶりの夜景はなんだか新鮮に楽しめた。
38mmのガラスで、足元が見えちゃうよぉ〜ってところもある。高所が苦手な一生さんはここを覗くことが出来なかったし(笑)窓にへばりついて見てる私たちとは反対に、窓から離れて見学してた。
このクリアガラスの上でジャンプする阿井さん。ちょ、ちょ、ちょっとそれは怖いな



18
スカイタワーを思ってた以上に楽しんだ後は、大聖堂前に。
オークランドの大聖堂はこんなんだったのね。
私の見慣れているクライストチャーチの大聖堂は2011年の地震で崩れてしまった。
その後、見に行った時もまだ再建されていなかった。あれからどうなってるやろうか。と思いだす。



19そして、ホテルに戻るという恵美子さん・一生さんを見送って、私たちはオークランドの地ビールを作っているバーに。(安藤リサーチです)
4:45amに起こされる、という現実を忘れ「地ビールあるなら、飲んどかなあかんわな」と乾杯をしたのであった。
NZに着いてから毎日、夕食前・夕食・夕食後に飲んで飲んで食べてたメンバー(笑)サタケさん曰く「僕たち1日5食ですよ」と。
あぁ〜、体重計乗るのが恐ろしい。



2322
24そんなこんなで寝坊をする事もなく、早朝ホテルを出発!この日もあゆみさんの素晴らしい仕事っぷりで、100名以上の団体さん(修学旅行生)よりも先にチェックインを終え、スムーズに出国手続きを済ませれることとなった。
私たちが見えなくなるまで見送ってくれるあゆみさん、短かったけど、オークランド滞在も楽しかったです!!!ありがとう。
予定より少し遅れてのボーディングとなり、約11時間のフライト、成田到着20分遅れ。
ということは・・・伊丹空港への乗り継ぎがギリギリやん💦という状況に。
ささぁ〜っと入国手続きを済ませたものの、荷物がなぁ〜と思ったけれど、やったぜエアNZ!ちゃんと乗り継ぎする人の荷物が優先して流れてくる。さぁ、さぁ行って!!!ということで、関西チームとお別れ。無事に乗り継げたようでした。残った私たちの荷物はなかなか出て来ず、税関を出るのにも時間がかかってしまったけれど、それぞれ皆さん無事に帰路につかれました。
内容の濃い、楽しかった9日間。無事に滑りきれ、ツアーを成功させれたのも、参加してくださった皆さまのご協力があってのことだと、とても感謝しております。 本当にありがとうございました!!!
これだけ楽しいNZツアー、また行きましょうね。そして、まだ行ってない人にも行ってもらえたらな。と願って。。。
第2弾!すのくえNZツアーの珍道中ブログを終わりにしたいと思います。