大江戸温泉物語 鹿教湯 藤館 での滞在は「よく食べた〜」のひと言につきる。
夕食後には絶対皮膚が延びてるやろ!ってほどお腹が膨らんだ。完全なる食べ過ぎに、少し反省。
なのにちゃっかり朝食もいただき、この日まず向かうのは松本市にある信州スカイパーク。
1ここの「信州スカイロード10」といわれる周回10舛離献腑ングロードで20疏をする。
いつ雨が降ってきてもおかしくない空模様。
暑くならないから走りやすいかも、と思ったのはいいとして、この時、風が強かった〜。上りの向かい風ってこんなに大変なん? とまた違った「大変」を体験し、あまりにも進みづらかった時「風よけプリーズ!!!」とお願いして前を走ってもらったりして対処した。これは先日パラリンピックを見ていて自転車やマラソンの風よけ効果ってそんなに違うのか・・・と思っていたとこだったので試してみたら、ほんまに違いがあるじゃーないですか。

2それにしても、この公園施設。。。  めっちゃ良い。
10舛離献腑ング&ウォークコースはもちろん、スタジアム(松本山雅のホーム)、体育館、陸上競技場をはじめ多数のスポーツ施設が充実。マレットゴルフコース、自転車広場、ドッグランにガーデン広場。。。もちろん、子供たちが遊べる遊具公園も充実。BBQ施設だってある!そして、松本空港が併設されているので滑走路&飛行機が近くに感じられる。(写真上が滑走路横)便数は少ないが、この時でも2基ほど離着陸していった。
えぇ〜長野市にもこんな公園施設あればいいなぁ。。。 って心の底から思う。この時、平日の午前中だけど、たくさんの人達がさまざまなスタイルで利用してた。田舎といえど、自然が多いといえど、やっぱり運動施設や公園が整備されている方が、皆が利用しやすいもんね。
で、肝心の20疏は、ペースをゆっくり目に設定し無事完走。2時間20分。そやそや、やっぱり20繕瓩なると股関節の痛みが出るんやった・・・とか、いろいろ思い出した。ここからもう少し走り込みをして、来月は30疏、そして11月の富山マラソンへつながるといいな。
3ジョギング後、汗を流しに「リンゴの湯屋おぶ〜」へ。
スパ好きのアタシとして。。。なんじゃここ!サイコーやん。と、ここの「おぶ〜」はお気に入りランキング1位となる。長野市の川中島温泉も良いけど2位に降格。
ロウリュウサウナは広くて清潔、露天には酸素風呂と水素風呂でお肌から吸収。炭酸風呂でシュワシュワしながら低周波風呂の種類も豊富。股関節に肩、腕までほぐせるんだから。
これで750円って。なんて良心的。
あぁ〜、松本市に住むのもいいかもね、なんて。
おぶ〜を出たら雨ざぁざぁ。
4松本からお隣の安曇野市へ。
「大王わさび園」に来てみた。
ワサビ畑、広ぉぉぉ〜。ちょろちょろっと湧水が流れている脇に栽培されているのかな、と思いきや、透き通った湧水がざぁ〜って大量に流れているではないですか!!
そら、水が豊富なところじゃないとこんなに大きなワサビ園はできないね、と納得。
アルプスの山々から流れてくる水で育った安曇野わさび、そら美味しいわ。
わさびは日差しに弱いとのこと。よって、黒いカバーが10月上旬までかかっているのだという。今度はカバーのない時期、そして雨じゃない日に来よう。
新そばと生わさび狙い・・・最高です♪
5そして近くのスイス村って所で、田んぼアートを見学。
そういうのをやっているのは知ってはいたが、初めて見た。
今年のテーマは長野県出身の「御嶽海」。
道路からは全く見えないのに、少し高台に登ってみると。。。
おぉ〜!!立体的に見えて迫力ある。
7種類の稲を使い、色を使い分けて作成してるんだとか。
時期によっても見え方が違うようで、7月の青々してる写真を見たがそれもそれでいい感じ。
素晴らしい!おもしろい!田んぼアートでした。