この数日、入退院が続く父の退院日に合わせ、大阪へ行っていた。一進一退。
やんわりと現実を受け入れ、今日という日をより大切にしていこうと思う。
大阪滞在中も旅ランをした。そんな姿を見てか、少しでも自分で歩こうとトレッキングポールを使って歩いてみようと試みた父。この際、出来る出来ないは置いといて、歩こうと思っただけでも前進だよね。
40その旅ラン。
ひとつ目は家から海沿いを往復14舛曚匹離魁璽后初めて通った海沿いの道には、大阪とは思えないような漁港のエリアがあり、別世界に来たかのような景色を目にした。特に写真の尾崎漁港は東南アジアの港に似ている!と思った。特に漁船が!! 
とてもレトロな景色の漁港だけど、隣はマンションがあるというこのギャップも面白い。復路で通った時には競りの最中で、小さいながらも活気のある漁港だった。
41折り返し地点とした「男里川河口干潟海岸」。
大阪府唯一の自然干潟で、海浜植物を保護していたり、カニ類や鳥類が生息しているのだそう。
ちょうど観察していた男の子が「お父さん!ここにかわいそうなカニがいる〜」と叫んでいたが、かわいそうなカニってどういうことなのだろう。いろんな表現があるもんだ。
サップを楽しんでいる若者たちもいて、ここはのどかな時間が流れているエリアだった。
4243翌日走ったふたつ目のコースはりんくう公園から泉南ロングパークのサザンビーチまでの往復11舛曚鼻
関西空港が見える公園。離発着する飛行機を眺めながらのジョギング。公園内の海沿いも、国道の橋も走りやすく、橋のアップダウンは程よい練習になる。
44折り返しとしたサザンビーチ。
現在はロングビーチという名前になってカフェやアトラクション、キャンプ場やグランピング施設が開設され、イベントも行われる良い感じのエリアになっていた。
その昔はフツーの海水浴場だったのに。
ロングビーチと国道を挟んで向かいにはイオンモールがある。便利なキャンプをしたい人には最高の立地だと思うなぁ。
りんくう公園にゴール後は温泉施設で汗を流す。ここには「りんくうの湯」があり大変便利なのだ。
知らなかっただけなんだけど、意外やイガイ、このエリアはとても走りやすい所なんだね。