雨と雨の合間にランニング。涼しくてカラダが楽に動いてくれる。
走り慣れているコースは、かなり楽に感じて、あっという間に11疏ってた。
頑張った後は罪悪感なく飲めるぞ♪ とゆーワケじゃないけど昨日・今日で開催されている「長野クラフトビア&フードフェス」に行ってきた。
1場所は長野東口公園。
東口から歩いてすぐのところにイベントが開催できるような公園が整備されていたのだが、出来上がったと思ったらコロナでイベントが出来ずにいた。それが昨日、お天気もそんなによろしくなかったのに、たくさんの人が集まった。
これよこれ〜♪ みんな楽しそうでいいじゃない♪
信州の新しい魅力を発見!というキャッチフレーズで信州のクラフトビールが集合。県内には25のブルワリーがあるそうだが、その中の12社が出店していた。その他3つのワイナリーも。
2すでに全国展開しているところや、コンビニなどで購入できるビールは後にして、目新しいビールを飲み比べることに。
前売りで購入していた4,400円分のチケットを握りしめ、少カップで飲んでいく。フルーティーなもの、スパイシーなもの、コクの強いの、スッキリしたの。美味しい!! 美味しい!! で、みんな美味しいやん。漂ってくるソースの香りをあてにし、芝生に座ってのんびりと、ふたりで11種類を飲み比べた。あたしのお気に入りは安曇野市「穂高ブルワリー」のヴァイツェンとアルト。伊那市「In a daze Brewing」のIPA2種類(写真左2つ)。クラフトビールは味や香りが強めだから、好みは分かれるだろうけど、信州クラフトビールもかなり頑張ってます!!!
でもね、クラフトビールはその地で飲むのがイチバン美味しいんじゃないかと経験上思うアタシ。旅した場所でその地のクラフトビールを楽しむってアタシにとっては最高の贅沢なのである。