透きとおった空の下 斑尾高原ログホテルアーリーバード

斑尾高原ログホテルアーリーバードのこと、斑尾高原のことおよび周辺の事柄を発信しています。 どうぞよろしくお願いいたします

斑尾高原トレールランニングレース50km

10月6日に開催されたトレールランニングレースの映像です



毎年開催されています。レーサーで有名な石川さんのプロデュースによります。
私たちも前日より準備にかかり当日は6時ごろのスタートに間に合うよう4時ごろから準備作業に掛かりました。
今回は私はゴール間近の横断道路の誘導に当たりました。長時間の作業で夕方までつつきました。
途中、何人かの選手からちょこっと頭を下げられて挨拶をもらいました。 当館にご宿泊されたでした。 このときは
なんだか嬉しくなりますね。
 陸上のマラソンと違ってちょっとお祭り的な要素が入って、斑尾リゾートにはよくマッチしています。

気持ちは何時もバーベキュー

久しぶりにブログ   
梅雨も明けての斑尾高原 晴れの日が多い夏の季節がやってきました。
何時もこの季節、頭の中はバーベキューとビール 、7月のはじめにやってきた子供たちや、姪たちとBQQをすることに。  7 003

最近改装して一戸建てのコテージが出来たテラスで、モニターを兼ねてのBQQ。

快適なお泊りができるコテージに、食材は台所から外廊下を通ってテラスに運び込める。  なかなか使い勝手がいい。   このテラスはリビングからの出入りも出来て都合がよかった。  今後の心配は雨だけかな。  テントを準備は出来てるがまだここに張ったことがないので、ちょっと心配。

Good!  Nice! の連呼の外人  日本の食事が美味しいのはわかっている。  日本の炭はちょっと違うだろう、炭火の香りの付いた食事がなんとも旨い。みんなでいっぱいビールを飲んで、今流行のハイボールを姪っ子が作ってくれ、飲み過ぎて、二日酔い。 なんとも・・・・何時ものパターン。

今回はお客様の気分でスライスした肉や野菜の網焼き、何時もと違うスタイルでやったせいかちょっと忙しく食べた気がする。
何時もは串焼き、焼き上がりが待ち遠しいくらいだけど、やっぱり私は串焼きがいいな~、肉も中のほうはミディアムからレアーに焼け、やわらかくて非常に旨い。

 7 008

芝生の広場

PH_65今、テニスコート横カラマツ林の間伐をしています

カラマツはヤニが多く落ちて来ます、そのヤニがテニスコートを汚していくのです。

長年希望だったテニスコートの周りのカラマツの伐採が行われています。  これにより テニスコートの洗浄も楽になるようです。

この除伐にあわせて少し林の間伐を行っています。  この間伐により芝生の広場が出来上がります。   風通しも良くなりそれによりブヨなども少なくなり  お日様がサンサンと降り注ぐぽかぽかとしたスペースと木陰とが出来上がりました。   やっと斑尾高原にも みんなの憩いの場の公園が出来上がります。   丘からテニスコートを眺めながらリゾートの景色をたっぷり楽しめ、おにぎりなど持ってゆっくり出来そうです。   山の家の周りもずいぶん綺麗です

そろそろ梅雨の気配が

いつもこの季節になると、頭の中にあのうっとしい梅雨のことが浮かんできます。   気温が上がり始め湿気が多くなってきました。   
そんな日々の晴天はいつもよりまして嬉しい、どこかへ出かけたくなるような
気分。   清々しい山の空気が心を清めてくれる。    日ごろ見れない野花たちもそう思ってくれてるような、こっちをみて笑ってる。

斑尾高原の湿原の水芭蕉もそろそろ終盤かな、春の季節の花々立ちが顔お出して来ます,夏に向かって。 うぐいすもさえずり、小鳥の楽園の湿原。   ちょっと ウキウキ楽しい気分。


ちょっと気になるのが、動物たちとの出会いが、変わってきたような。
今までまれにしか出会えなかったきつねとよく出会う、カッコウの声が少なくなったような気が、カラスがずいぶん多くなった。
なにかが変わってきたのか、何年かすると又違った雰囲気になるのかも。

斑尾高原の玄関口飯山市内もずいぶん美しい、年々変化している、新幹線がやってくるときまで急いで変わってる。
やっぱり何もかも忙しいいのか。 以前を懐かしく思う気持ちはどこかに隠れて、現実がまぶしい。


早春の斑尾高原

いろんな仕事が重なってしまい、ちょっとご無沙汰に、遅くなってしまいましたが春の斑尾高原の様子を。
あの不安定な4月の季節で雪解けも例年に比べ遅れてしまいました。ゴールデンウイークのメインである水芭蕉も遅れ気味。  でも木道も歩くことができリュウキンカとともに美しい景色を雪をバックに堪能されていたようでした。  ゴム長靴が必要だったようです、協会で貸出しておりますのでご心配入りませんが。


湿原22.5.9 134ゴールデンウイーク前にアップできればよかったんですが、雪解けのタイミングと私の時間のタイミングが合わなかったためもあり、直後の湿原の様子になってしまいました  ピークの少し前の感じかな。 



湿原22.5.9 063

世間の騒々しいのを忘れて、幸せ。
お天気も最高。

熟年のご夫婦にお願いして写真をとらせて頂きました。  



湿原22.5.9 097

可憐で美しい






こんな静寂なひとときを過ごせる湿原ではあるのですが、実は斑尾高原のメーンストリートでは、今こんな様子なんですよ、RIMG0018




オフロードバイクの大会が開かれています
賑やかなリゾートの雰囲気。
なんだか気持ちがわくわく、なんでしょうね、この気分。静かな斑尾高原に住んでいる私たちにとっては、又違う幸せな時間でした。

RIMG0022



ショップも開いています



RIMG0010


ゴール付近かな~




RIMG0096



その入口付近、興奮気味の参加者たちやその
ご家族、友人たち。


RIMG0055




参加者たちのベースキャンプ、どうもここで一晩過ごすみたい。



RIMG0019












RIMG0081



おはようございます 歯磨き中



RIMG0085







わかりますか、駐車場がデカイワンボックスカーでびっしり隙間なく。
初めて見るこの景色、何台くらいなのかな~
2~300台はあるのかな~。


RIMG0062








RIMG0016



お花や、桜も満開  あ~毎年ながら幸せな気分


この時の写真は、また別の場所でいっぱいアップします。









全国的に吹雪

一昨日からのこの2日間の降雪はすごかったですね、場所により降雪量2m近かったたんでは無いかな。  5日の夕方からの降りで朝起きるともの凄い積雪、道路向うに置いてあるブルドーザーまでたどり着くのに一苦労、背丈を超える積雪の吹き溜まりを超えて道路まで這って行く様な感じでブルまで。    冷え切ったブルのエンジンを不安を感じながら始動、いつもなら苦労なくブルで入っていける雪溜り、今日は行けなかった。  仕方なく掬い出してはを繰り返しやっと通過で一安心、朝一番の仕事でもあり不安を感じ心配する一時である。
各コテージ前の入口まで除雪し、道路を片付けて、さあそれから朝食の準備、いつもの週末のスケジュールに成ってしまった今年の冬。
その昨日6日は降るわ降るわの1日中ブルに載っていました。吹雪で風が凄かったので体は凍えてしまい、前は見えないで、大変な除雪作業で、久々の悪天候の除雪体験でした。
朝一番到着予定のお客様も着かず、近くでスタックして動けないと携帯から連絡が。私たちから見るとほんの目の前まで着ているのにって感じですが、そこからが動けない、救出に向かったが渋滞になってましたので、手の打ちようが無く、お気の毒でした。
そういえば昨日今日のスノーモービルの大会どうなったんでしょうね、この新雪の積雪量では大波乱が起きたりしたのでは無いかな~、ブンブンとエンジン音はしてたけど。
今日はものすごく疲れて、文章も支離滅裂、ごめんなさい。
RIMG0003







RIMG0005

冷たい雨の中 リス が

どんよりとした空、小雨が続き雪にはならない。なぜだか雪の日よりも寒く感じる。 何気なく窓から外を眺めてると傍の木にリスがえさを探してた。

よく見る光景だが、今シーズンこんな近くに来るのは初めてかな。RIMG0057



窓の外すぐ近くにやってきたリス






RIMG0066


なんだかしぐさは鼠みのようにも
見える、この辺にいる森の鼠はハツカネズミで
非常に小さく可愛い。いつも悪さをするけど、よく考えてみるとリスも同じかも。   やっぱりリスのほうがだいぶ可愛い


RIMG0068
枝から枝へ渡って木々を移動します
この後木の枝にあった藁で出来たような、それはもしかしたら鳥の巣の後かも、でもそれにしては少し大きい、の中に隠れていった。




RIMG0071

この木の枝にその巣があります
窓から手を伸ばせば届きそうな、
ちょっとオーバーかな、  
ところです

すばらしい青空

今日は朝から晴天です
あまりの良い天気におもわずぶらぶらと、木々についた雪が美しので写真に収めました。そしてちょっと気になる所へ出かけてみました。その様子も
アップしましたので、この雪景色を堪能して下さい
RIMG0028




朝の窓からの景色昨夜の薄い雪で森が美しい


RIMG0025


外に出てみてペンションの正面をパチリ




RIMG0035ちょっと出かけてみる気分になり

RIMG0051

こんなところを通って
途中、こんなところに誰だろうと思いつつよく眺めると、見覚えのある車が、同じ山の仲間の誰〃さんではないか。  ・・・・う~ん・・ふむふむ・・・    この天気だし・・・。  おそらくスノーシュー履いて望み湖へ、行動力ある彼だから~。ちなみに画像の車は私のです。

RIMG0049
自然の中のバージンスノー
2m以上は積もってるかな。その上をスノーシューで最近・・・おそらく昨日・・・歩いた後があの美しい湿原に向かって続いていた






RIMG0046そこから遠くこんな景色を、画面下に雪に覆われた望み湖が, 斑尾高原ほど標高が高くなると湖に降った雪が湖面で解けずに積もっていきます。  以前その湖面上をスノーモービルでぶっ飛ばした思い出が甦って来ました。 モービルでスキーを履いてる仲間を牽いて水上スキーならぬ雪上スキー(あたりまえか・・・)やったりと
湖面にちょっとした丘が出来てるところをモーブルで大ジャンプ・・・・  若かったんだな~・・・・・、その後あのスノーモービルクラブの面々はどうしてるかな~、みんなずいぶん年取っただろうな・・・・・
上の写真のところを一緒にスノーモービルでぶっ飛んで走り回ったり・・・・
そういえば私のモービル谷へ50mほど落ちてしまって大騒ぎになったな~。
湿原を駆け回りちょっと小川に落ちかけたり、・・・・・あ~あの楽しかった思い出が、今はスノーシューに変わって・・・・・・。
スノーシューツアーに出かけるとこんな景色が見れますよ、大自然の森の中を歩いて。

RIMG0027



夕べかみさんが作ったケーキをついでにアップ
フルーツ色々ケーキらしい



DSCN1532

豊田斑尾スキー場
先ほど今年からサンパティック斑尾さんが経営営業することになった豊田斑尾スキー場のリフト引換券なるものをお持ちくださいました。
オープン記念なのでしょうかチケットお安く提供いたしますよ、のような感じ、結構すいていて日によりMYゲレンデが楽しめるかも。
ゲレンデはすばらしいと思います。チケット引換券はフロントにちょっと声をおかけください。



リフト券付宿泊パックとカップルさんにお食事のグレードアップのプレゼント

今週は落ち着いた日々が続いています、雪も一服です、でも今晩からの大雪予報はなんだか辛いです。

今日は、斑尾高原スキー場で使えるリフト券付パックプランと、1日滑れる優待券のプレゼントのお知らせです。

アーリーバードのHPでご案内している宿泊プランすべてに、追加で斑尾高原スキー場のリフト券付パックプランに成ります。   次をご覧ください

斑尾高原スキー場の1日リフト券付パックに変えるときはご宿泊プランに3000円をプラス
以降1日増えるごとに3000円をプラスしてください
2日券付だと6000円プラスです

斑尾高原タングラムスキー場との共通券つきは上記金額3000円を
4000円に書き換えてお考えください。
共通2日券付だと8000円になります

アーリーバードのHPでは斑尾高原スキー場のリフト券付宿泊パックプラン料金もご用意しております

ともう一つ、本日より1月中のご宿泊を申し込まれたお客様に10名様に斑尾高原スキー場リフト優待半日券ですが2枚を差し上げます、斑尾高原スキー場リフト1日券付に成りますね。ご予約のときにご確認くださいね、予定のご人数に達し次第に終了になりますので、ご了承ください。

カップル様に、基本ディナー付の通常プランでお申し込みでもちょっとしたオードブルとケーキのついたデザート付のフルコースディナーをプレゼントいたします。次の文の日程をご確認ください。1月中だと上手くいけば上記の斑尾高原スキー場のリフト券半日券プレゼントをご利用できるかもしれません、お早めにお尋ねください
2月10日までの毎日と以降2月14日から3月13日までの休前日を除く毎日、3月14日以降は末まで毎日
ホームページの予約フォームからお申し込みの上、コメント欄にお忘れなきよう 「フルコースプレゼント付」 とご記入ください。

どうぞご利用ください。

どんど祭と雪灯篭

今晩どんど祭がありました、と同時に雪灯篭のイベントが有り斑尾高原の夜が一層美しく華やかでした。
何度も何度も見ているこの景気ですが雪の夜景は本当に別世界ですね~、本当に美しい・・・・・。

9  madarao 007
斑尾高原スキー場メーンゲート

9  madarao 021

9  madarao 014
ゲレンデでの打ち上げ花火は美しい

9  madarao 037
どんど焼き  点火の瞬間 ご家族さんがお子様と一緒に盛り上がっていたのが印象的でした

9  madarao 003

9  madarao 079
アーリーバードも雪灯篭で美しく飾りました、幻想的・・・・。




カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ