2007年06月15日

環境家計簿 5

オカンなので、家計簿、付けてます。
ところで、環境家計簿ってご存知ですか?

私も最近、知ったんですけどね。
図書館で「だれでもできる環境家計簿」という本を借りまして、初めて環境家計簿とは何かが、分かりました(´∀`)
だれでもできる環境家計簿―これで、あなたも"環境名人"


初歩的で、とっても読みやすい本です。
ぜひ、ご一読を

この本では主に、電気・水・ゴミに関して、環境家計簿を付ける方法が書いてあります。
CO2排出量を記録していくわけです。

例えば電気
電気料金の領収書って月に1回来ますよね?

明細書には
・今月分料金&使用量(kwh)
・前月分料金&使用量(kwh)
・前年同月分使用量(書いてない場合もある)

さて、CO2排出量の計算式ですが、

CO2発生量(kg)=電気使用量(Kwh)×0.12

※係数0.12は地域によって違うみたいです。

例えば、今月200kwhの電気を使ったとします。

200×0.12=24

つまり、1ヶ月に24kg、CO2を排出した計算になります。
自分が排出したCO2が数値で分かると、少しでも、排出量を減らしたい!!という気持ちが出てきます。
家族で生活していると、全員が協力しないといけません。

環境家計簿の手順として
(針-------家族会議で具体的な方針を決めます。
現状把握---現状のエコレベルを、家族それぞれがチェック表を使って、採点。
L榲-------どの環境家計簿(電気or水道orガス etc…)を付けるか、目的を決める。
ぬ槁-------使用量を昨年よりどれだけ減らすか、決める。
ゥ泪縫絅▲觝鄒---家の節約マニュアル作成。
実践
У録
┫萄-------目標が達成できたか評価する。
見直しと改善

企業でいう環境マネジメントの国際規格ISO14001の家庭バージョンだそうです。

チーム・マイナス6%でも京都議定書で日本が約束した温室効果ガス排出を6%削減するという趣旨に沿ってアクションしていくことを提案しています。

環境家計簿で、具体的に数値を出すことで、私たちも具体的に行動できますね。
とっても良い家計簿!
私も実践します

環境家計簿
↑こちらのHPに、地域別CO2排出係数が掲載されています。
初歩的な環境家計簿をつけることが出来るので、是非、ご覧になって、試してみてくださいね

2007年05月30日

ハチドリのひとしずく

ハチドリのひとしずく いま、私にできること


山火事が起こる。
動物達が逃げる。
でも、ハチドリは小さなクチバシで水を運び、消火活動をする。
動物達は笑う。「そんなことしても無理だよ。」
ハチドリは言う。「私は私に出来ることをしているだけ。」



とっても短いお話だけど、すごく心に衝撃が走りました。
お話の結末は、それぞれが考えるんです。
山火事は消えたのか?

山火事=地球温暖化
ハチドリ=私達
動物達=?

動物達はハチドリに賛同し、消火活動を手伝ってくれたのでしょうか?
それとも…。

この本には、お話の後に、解説や、著名人たちのコメントがあります。
この本の絵を描いたマイケルが、「このお話は、動物=悪という話ではない。怒りや憎しみ、他人批判をするより、自分に出来ることを淡々としていこうよ。」と。
全くその通り!!

そして、私たちの小さな行動が、どう影響するのか?
分かりやすく数字にしてあります。

・日本人1日平均CO2排出量  7000g/日

CO2 100gにつき1ポトリ(ハチドリのひとしずく:1ポトリ)と計算。
引き算をしていきます。

・レジ袋1枚断る→0.9ポトリ
・エアコンの冷房を27度から28度にする→0.5ポトリ
・テレビを見る時間を1日3時間減らす→1.2ポトリ

などなど。
毎日の小さなことで出来ますよね。
私に出来ることって、改めて大切だ〜と考えさせられます。

Profile
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)