earch 

新潟市の自宅で「フットケアセラピスト養成講座」を開講。 大好きな紅茶と、お茶まわりのあれこれなど綴っています。

まる子の素敵なお茶会

たまたま何気なく見ていたちびまる子ちゃん。

後半が、紅茶のお話だということを知り、
テレビ前に、取り急ぎ鎮座。


『まる子の素敵なお茶会』

というお話でした。


ある日、おばあちゃんのいただきもの、
イギリスの紅茶を飲んだまる子一家。

m4













紅茶の香味に感激して、その世界感に酔いしれます^^

m2











m1












めくるめく妄想♪
m3













そのあまり、お茶会を自分も開く!と
意を決したまる子ちゃん。

ムードを出すのに、ティーポットが欲しいけれど
家にはない! ・・・というところに、
花輪くんが貸してくれるとおっしゃる♪



さっそく、花輪くん家で、ティーポットの品定め。

m5











さらに、花輪くん家でティータイムを楽しみます♪
m6











スコーンとマフィンをいただき、感激するまる子ちゃん。
これを自分のお茶会でも出そう!と思ったのでした。

m7











ティーポットを花輪くん家から貸りて、
自宅に戻ると、
壊したら大変!と家族がざわめきます 笑
m8













壊したら「おじいちゃんが弁償してくれるでしょ!」とバッサリの
まる子ちゃん 笑


そして、スコーンとマフィンを求めて、洋菓子店へ行くまるちゃん。
しかしながら、どちらもありません。

m9















お庭にブルーシートを敷いて、
テーブルと椅子を設置。 執事はおじいちゃん^^

結局、スコーンとマフィンの代わりに用意したのは、
甘食とあんぱん。

お茶会には、たまちゃんと野口さんだけのはずが、
偶然居合わせてしまった親戚のみどりちゃんも参加。
m10













まるちゃんは、甘食とあんパンを
「マフィンとスコーン」と言いきって、ご紹介 笑

そして、みどりちゃんが手作りで用意してきてくれたのが、
なんとフォーチュンクッキー!

みどりちゃんの方が、ティータイムの楽しみ方を知ってる!と
思ったのですが、
まるちゃんは、ちょっと不機嫌そうな雰囲気。。。

m11










ときどき、気が重くなるようなことが書かれた
クッキーが当たったり、
文字が滲んでいたりすることに苦笑しつつも、
お茶会は無事、ティーポットが割れることもなく
お開きになりました♪



なんとしてでも、お茶会を開きたい!
紅茶をいただいた感動、妄想の世界をみんなと共有したい!
そんな強い気持ちと思いとが合わさって、
思うようなお茶会ではなかったでしょうけれど、
ちょっとキュンとするようなお話でした♪



最後まで御覧くださり
ありがとうございました♪
ポチッと応援していただけたら
光栄です。
ブログ更新の励みになります♪


にほんブログ村



藤城清治さんと新潟

現在、新津美術館にて開催中の
「藤城清治 光のメルヘン展」 


それに寄せてのドキュメンタリーを視ました。


藤城清治さんの影絵は大好きで、
長男が幼い頃、展覧会に伺い、
母子ともに写真を撮影していただける機会があったり、
本にサインをいただいたりして・・本も写真も大切な宝物です♪

f2













御年93歳。
現役でまだまだ作りたいものがたくさんおありの藤城さん。
本当に素敵だし、ご健康であることも素晴らしいですね。


f1











これまでも、対談番組やドキュメンタリーで
藤城さんの番組を何度か拝見していますが、
いつもいつも、番組を見つけると見入ってしまいます。

f3














こちらは2007年の作品。
万代〜新潟島を描いた「新潟の風景 俯瞰図画壁」
f5
















こちらは2011年の作品「佐渡の清水寺」
f6















同じく2011年の作品「佐渡の金山 道遊の割戸」

f7















新潟で初めて展覧会をされたのは、今からおよそ10年前とのこと。

藤城さんが、ここまで新潟のためにお力を注がれていることには、
ひとつ、理由があるそうで。。。



戦争が暗闇を落とす時代にあった学生時分、
教室で勉強をするのではなく、
勤労動員ということで、みな、工場や農村へ働きへ出ていた頃。

18歳の藤城さんは、飛行機や自動車のタイヤを作る横浜ゴムへ
行かれていたそう。

そこで、社長か専務の秘書をしている女性に出会います。

その女性は新潟県の十日町市ご出身。
その頃の藤城さんにとって、比較的話しやすい、話せる
最初の女性だったのだと言います。

その後(戦争で)、1年半ほど間が空いてしまい、
新潟へ行く汽車に乗ることも、大変な時代で
簡単には会いに行けず。


藤城さんはその頃、海軍の厳しい訓練もなさっていて、
その間に、その女性と手紙のやりとりをして、
とっても救いになった「思い出に残っている人」なのだそう。

少し肌の色の濃い女性で、とても美しく、
藤城さんの作品でも多く登場する、肌色の黒い美しい女性は
そんな、新潟の女性との淡い思い出の名残り、
作品作りの原型にもなっているそうです。




今回の展示のために、新たに現地でスケッチを描き、
作品とされたのは・・・

f4
















2017年 「恋人たちのブランコ」 (寺泊)
f9

















そして、
2017年 「弥彦神社」 
f8

















【絵が大好きで、
まだまだ描きたいものがたくさんある。

絵をみて、こんなの心の中に、
元気とか憩い、癒しとかいろんなものを呼び起こして、
そしてワクワクしたり、喜んでもらったりしつつ、
この世に生きている喜びや、
地球って、自然って、
こんなに素晴らしいんだ、美しいんだ、面白いんだってことを
僕の展覧会をみて、分かってもらえたら、
届けられたらいいな 】


そんな風におっしゃっていました。


会期は6月4日まで。
プロジェクションマッピングなどでも趣向を凝らした
展覧会の様子、ぜひ機会をみつけて
足を運びたいと思っています♪




にほんブログ村
お読みくださり
ありがとうございました。
よろしければポチッと
お願いいたします。
更新の励みになります♪




ルピシアのハワイ限定のお茶 Hoku

紅茶もさることながら
烏龍茶も無性に飲みたくなる飲料のひとつ。


食事用に、つい市販のペットボトルを購入してしまいがち。
でも、美味しい烏龍茶は
食事のお供ではなく、
それだけで大切に味わいたいもの。


そんなひとつが、ルピシアの「Hoku」
ハワイ限定販売のシリーズです。

h1






















グアバとココナッツ、パイナップルの
トロピカルな甘い香り漂う、爽やかな風味の台湾烏龍茶。


中身も
金平糖、アラザン、コーンフラワー、マリーゴールドなど
バラエティーに富んでいて、
見た目にも、とっても楽しく可愛らしいです♪

h2

























抽出してみると、まあ!
なんて茶葉の大きいこと!!! 笑 ダイナミックです。

h3

















国内でも、たまにイベントなどで購入できることがあるので、
また機会があればいただきたいな、と思います♪






最後まで御覧くださり
ありがとうございました♪
ポチッと応援していただけたら
光栄です。
ブログ更新の励みになります♪


にほんブログ村






端午の節句プレート 〜やっぱり陶磁器が好き

イースターだった16日が過ぎると、
翌日はさっそく毎年恒例、
WEDGWOODの「端午の節句プレート」を飾りました♪

t1























昨年、初産の友人にも
同じものをプレゼントしたのですが、
私と同じマンション住まい、兜は飾らないと思いきや、
プレゼントしたプレートと合わせて、
立派な兜もあり、
パートナーのご出身に合わせ、張り子の虎も飾っており、
ご実家では鯉のぼりも上げているとのこと・・・
なんというフル装備  
誕生の喜びと愛情の深さが伺えるようです♪



私はやっぱり陶磁器に惹かれるようで、
人形でも、布製のものより、リヤドロのような陶磁器だと
急に欲しいと思えたりします。



そして、陶磁器といえば・・・

またまたEテレ 「グレーテルのかまど」 の話になりますが、
先日、作家 永井荷風さんの
クロワッサンとショコラの回でも
すてきなプレートを見つけました♪

いつもいつも、番組のレシピ、お菓子作り自体よりも、
テーブルの上、スタイリングなどに
目が入ってしまいます。


特に、こちらの ↓ クロワッサンが乗ったプレート、好みです。
t4



















こちらの、リモージュの雰囲気漂うプレート、小花柄も素敵♪
t2
















時代背景と人物像にマッチする、クラシカルなコーディネートも。。
t3


















明治時代、当時としては珍しい西洋暮らしを体験し、
その見聞を詩情あふれる文章で伝えた作家、永井荷風。
気ままな一人暮らしを貫いた荷風は、
衣食住の全てにおいて洋風好み。
朝食の定番はクロワッサンとショコラだった。



・・・きっと器にもこだわりがあったのでは?と
想像膨らみます♪



雑誌などでも、メインのお品の背景にあるような、
その製品の情報が無いものであったり、
「スタイリスト私物」と記載されている
雑貨、陶磁器などに目が入ってしまうことが多い私です。。。






にほんブログ村
お読みくださり
ありがとうございました。
よろしければポチッと
お願いいたします。
更新の励みになります♪






mju:z さんへ

うららかな春の日。

強風で桜は遅咲きの八重桜が残る程度に
なってしまいましたが、
あちらこちらで、この時期毎年恒例のチューリップが
街角を彩っています。


家に籠っているのがもったいない一日。
護国神社入口にある mju:z さんにランチへ行きました。


m1















古町からほど近いエリアにあって、
駐車場があるランチスポットは、
普段お車で移動される方にもきっと便利なスポット。

m2


















界隈に文学の石碑が数多くあることから、
文学の神でもある女神ミユーズにちなんで
付けられた店名とのこと。
m3























・・・白身魚のランチにすることに。


スープとサラダ。

美味しいですが、スープに入ったかいわれの
縁が黒ずんでいるのが、ちょっと残念。。。
m4
















お店のスタッフの女性の笑顔と
ハキハキとした対応がとても心地良かったです♪
楽しんでお仕事されているムードは
とても伝わるものですよね。

メインの白身魚は、スズキでした。

m5















お魚はもちろんのこと、
付け合わせの人参のボイル具合と味わいが絶妙で
とても美味しかったです。


ライスとパンが選べますが、
パンをチョイス。・・・残念ながら、バターではなくマーガリン。
m6
















食後の飲み物は、やっぱり紅茶に。
レモンかミルクを選べます。 ・・レモンにしました。

デザートも3種類から選べます。
この日は、紅茶のアイスクリーム・ババロア・ガトーショコラ
だったかと。。

紅茶のアイスにしてみました。

m7















お店は習い事終わりの女性たち?と思われる方や
おひとり様、カップルなど
大勢のお客さまで賑わっていました。

お料理もデザートも紅茶も美味しかったです♪



にほんブログ村
お読みくださり
ありがとうございました。
よろしければポチッと
お願いいたします。
更新の励みになります♪


Profile
  • ライブドアブログ